国木田 独歩 (著)
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu]
著者:国木田 独歩

□公開作品一覧
あの時分
運命論者
画の悲み
画の悲み
窮死
牛肉と馬鈴薯
源おじ
恋を恋する人
郊外
号外
少年の悲哀
少年の悲哀
酒中日記
女難
石清虚
空知川の岸辺
たき火
竹の木戸
富岡先生
怠惰屋の弟子入り
二少女
二老人
春の鳥
非凡なる凡人
疲労
節操
都の友へ、B生より
武蔵野
湯ヶ原ゆき
湯ヶ原より

□著者概要
1871-1908。千葉県銚子生まれ。本名は哲夫。東京専門学校(現・早大)に在学中、「青年思海」「女学雑誌」に投稿。その後「青年文学」に参加し、日清戦争の時は従軍記者として「国民新聞」に通信を送り続けた。1897年、処女小説『源叔父』を発表。代表作として『武蔵野』『忘れえぬ人々』。

是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE