南部 修太郎 (著)
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[青空文庫|▼Menu]
著者:南部 修太郎

□公開作品一覧
阿片の味
一兵卒と銃
S中尉の話
画家とセリセリス
気質と文章
霧の夜に
疑惑
現代作家に対する批判と要求
死の接吻
自分のこと
自分の変態心理的経験
修道院の秋
処女作の思い出
女盗
探偵小説の魅力
日曜日から日曜日まで
猫又先生
ハルピンの一夜
病院の窓
文芸作品の映画化

□著者概要
1892(明治25)年-1936(昭和11年)仙台に生れ、慶応義塾大学文学科で露文学を専攻する。在学中「三田文学」に寄稿し、卒業後は「三田文学」編集主任を大正九年まで務める。作品は技巧的に過ぎるとされ、現在では作品に接することも難しい。大正十年頃からは、少女小説を書くようになる。また芥川龍之介や菊池寛らとの交友から、作家・作品論も手がけている。(小林徹)

ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE