太宰 治 (著)
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[青空文庫|▼Menu]
著者:太宰 治

□公開作品一覧
ア、秋
I can speak
愛と美について
青森
青森

あさましきもの
兄たち
或る忠告
老ハイデルベルヒ
一日の労苦
一問一答
一灯
一歩前進二歩退却
『井伏鱒二選集』後記
陰火
ヴィヨンの妻

右大臣実朝
鬱屈禍
姥捨

炎天汗談
黄金風景
黄村先生言行録
桜桃
緒方氏を殺した者
おさん
おしゃれ童子
織田君の死
お伽草紙
音に就いて
音について
思ひ出
親という二字
女の決闘
かくめい
駈込み訴え
佳日
花燭
かすかな声
風の便り
喝采
家庭の幸福
貨幣

彼は昔の彼ならず
川端康成へ
玩具
帰去来
逆行
逆行
饗応夫人
狂言の神
虚構の春
魚服記
きりぎりす
禁酒の心
九月十月十一月
グッド・バイ
苦悩の年鑑
芸術ぎらい
校長三代
故郷
心の王者
乞食学生
五所川原
五所川原
古典風
困惑の弁
座興に非ず
酒の追憶
作家の手帖
佐渡
猿ヶ島
猿面冠者
猿面冠者
散華
思案の敗北
自作を語る
私信
自信の無さ
市井喧争
失敗園
弱者の糧
斜陽
十二月八日
秋風記
純真
純真
春昼
小志
正直ノオト
小説の面白さ
食通
女生徒
女類
新釈諸国噺
新樹の言葉
新ハムレット
親友交歓
新郎
水仙

雀こ
砂子屋
正義と微笑
清貧譚
『清貧譚』英訳版 A Tale of Honorable Poverty
世界的
惜別
善蔵を思う
創作余談
創生記
俗天使
ダス・ゲマイネ
ダス・ゲマイネ
たずねびと
多頭蛇哲学

誰も知らぬ
断崖の錯覚
男女同権
小さいアルバム
地球図
畜犬談
竹青
地図

チャンス
千代女
津軽
デカダン抗議
鉄面皮
天狗
答案落第
東京だより
東京八景
道化の華
灯籠
トカトントン
徒党について
豊島与志雄著『高尾ざんげ』解説
二十世紀旗手
如是我聞
女人訓戒
女人創造

人間失格

パウロの混乱
薄明
葉桜と魔笛

走ラヌ名馬
走れメロス
八十八夜
花火
花吹雪


春の枯葉
春の盗賊
パンドラの匣
犯人
「晩年」と「女生徒」
「晩年」に就いて
眉山
美少女
美男子と煙草
一つの約束
火の鳥
火の鳥
皮膚と心
HUMAN LOST
フォスフォレッスセンス
富嶽百景
服装に就いて
富士に就いて
不審庵
冬の花火
碧眼托鉢
返事
待つ
満願
未帰還の友に
みみずく通信
無趣味
無題
女神
めくら草紙
雌に就いて
メリイクリスマス
盲人独笑
もの思う葦
悶悶日記
やんぬる哉
雪の夜の話
容貌
横綱
懶惰の歌留多
リイズ
律子と貞子
令嬢アユ
列車
列車
六月十九日
ロマネスク
ろまん燈籠
わが半生を語る
私の著作集
渡り鳥

□著者概要
津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。この時太宰は27歳だった。その後太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も、妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。戦後「斜陽」(昭和22年)は大きな反響を呼び、若い読者をひきつけた。

◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE