鈴木 三重吉 (著)
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[青空文庫|▼Menu]
著者:鈴木 三重吉

□公開作品一覧
青い顔かけの勇士
一本足の兵隊
黄金鳥
岡の家
かたつむり
小犬
乞食の子
古事記物語
湖水の女
湖水の鐘
子守つ子
ざんげ
大震火災記
ダマスカスの賢者
千鳥
デイモンとピシアス
てがみ
パナマ運河を開いた話
ぶくぶく長々火の目小僧
蛇つかひ
星の女
ぽつぽのお手帳
村の学校(実話)
やどなし犬
勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)

□著者概要
小説家、児童文学者。広島市猿楽町に生まれ、九歳で母を失う。東京帝国大学文学部英文学科在籍時、私淑する夏目漱石に送った「千鳥」が、夏目の推薦を得て「ホトトギス」に掲載される。大学卒業後、一時、中学校教師を務めたが、「小鳥の巣」「桑の実」などを発表、小説家としての評価を高める。娘「すず」のために、子供の読み物をあさったことをきっかけの一つとして、童話への関心を抱くようになり、1916(大正5)年、童話集「湖水の女」を出版。以降は、児童文学に集中する。1918(大正7)年7月、児童文芸誌「赤い鳥」を創刊。芥川竜之介、有島武郎、小川未明、島崎藤村、新美南吉等、当時活躍していた作家に執筆を働きかけて、子供たちに質の高い読み物を提供しようと試みる一方、子供達からの作品を求め、誌面で紹介。「赤い鳥」は、生活綴り方の源流としての役割も果たした。

ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[青空文庫検索]
[おまかせリスト]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶし青空文庫]

By eucalyptus.
担当:FIRTREE