赤蛙
黒猫
ジガ蜂
鰊漁場
東旭川村にて
島木 健作 (著) - 暇つぶし青空文庫島木 健作 (著)
[青空文庫|▼Menu]
著者:島木 健作

著者概要
島木健作(しまき けんさく) 1903(明治36)年9月7日〜1945(昭和20)年8月17日。北海道札幌市生まれ、本名朝倉菊雄。幼くして父と死別し、北海中学を卒業後、上京したが関東大震災により負傷して帰郷。北海道大学図書館、農学部に勤務した後、東北大学法学部選科に入学した。東北学連に加盟し、学業を捨て、香川県の農民組合で農民運動に参加したが、1928(昭和3)年の3.15事件で検挙、起訴され、肺結核もあって転向声明をした。1932(昭和7)年仮釈放後、東京・本郷で本屋を営む兄を頼った。農民運動などプロレタリア文学、転向問題などを扱ったものが多い。代表作には、処女作である『癩』(昭和9)、『再建』(昭和10)、評判の高かった『生活の探求』(昭和12)、死後に発表され、作者自身の人生を諦観したような『赤蛙』(昭和21)のほか、島木健作全集(創元社、国書刊行会)などがある。(林田清明)

青空文庫検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶし青空文庫

By eucalyptus.
担当:FIRTREE