SONYタイマー
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典である
アンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!

ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!

あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!

あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!

この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!

そのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
この記事「SONYタイマー」は何故か「ソニータイマー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

SONYタイマー(そにーたいまー)とは、SONY製品のほとんどに入っていると言われるIC(集積回路)である。SONYタイマーは存在自体がSONYのトップシークレットであり、全貌は未だ不明である。目次

1 概要

2 デマと真実

3 SONYタイマーの潜伏方法

4 SONYタイマーの構造

5 SONYタイマーのメリットとデメリット

6 技術革新を促進するSONYタイマーの意義

7 SONYタイマーの不具合

8 関連項目

9 外部リンク

概要

SONYタイマーはソニータイマーと表記しているページ、書籍などが多く見られるが、全くのデマである。なぜならば、某SONY社は、あくまで“S○NY社”であり、“ソニー”では無いのである。

保証期間が終わって数日後に製品を故障させる信号を発信する。ほとんどのS○NY社製品は必ず保証期間満了直後に故障するのである。現に筆者のVAIOも1年保証だったが、1年と22日で昇天した。また、SONYタイマーは非常に精度が高いと定評がある。さすが平均年収900万円を超えるエリートが勤めているだけのことはある。これにより、S○NY社は儲かる。
デマと真実

S○NY社自体は、「SONYタイマーなる物は存在しない」と発表しているが、現に大量のタイマーが発動したという報告があるため、S○NY社の詭弁も崩れ去るのは時間の問題であろう。このような発言をしている段階でもうその存在を認めてしまったよう? 4c85 ??ものだ。

さらに、S○NY社製のキッチンタイマーがあるが、このキッチンタイマーにはSONYタイマーは入っていないようだ。まれに保証期間内に故障したり、保証期間を大幅に過ぎても故障しないS○NY社製品が存在するが、その場合はSONYタイマー自体が故障していると考えられている。(私のアンプは20年を越えているがいまだに元気である)
SONYタイマーの潜伏方法

SONYタイマーは製品の何処に設置されているかは企業秘密のため全く不明のままである。一部の工作員、マニアなどが分解、検査したところ、ノートPCのマザーボード表面や、多くの製品の電源、CPU付近にDIPか、若しくはQFPパッケージのICの状態で設置されているのが発見されており、型番もロンゴ・ロンゴの文字盤と同じ文字、同じ文法で表記されているが、解読されておらず、どう考えたってこれが怪しいと専門家の間では認識されている。また、S○NY社の製品が故障した場合、分解すると、先に挙げたような場所で型番不明のICがこんがり焼けているという報告もある。ついでにICの上でを焼いてみたら旨かった、という報告もある。

また、一見してどこにもSONYタイマーが見当たらない場合であっても、部品一つ一つにMTTB(平均寿命履行豚)が潜んでおり、この豚が半導体内にドープされた不純物を食い荒らし、純粋な珪素に代えてしまう。一見機器が故障したと思ったユーザーはS○NY社に修理に出すが、S○NY社のねらい目はこの純粋な珪素であり、故障した機器が長崎方面へ大量に運ばれているところからPS3の材料として使っていると思われる。
SONYタイマーの構造

SONYタイマーがどのような構造で、また、どのように作動するかは、今でも多くの勇者無駄時間を費やして、解析に力を注いでいるが、プラスチックのパッケージを開けたとたんにセカンド・インパクトが起こった、人造人間が暴走した、等の報告があり、その構造を完璧に解析したものはいない。これからも、たぶん現れない。

のび太消毒社は、一部ではSONYタイマーの解除に成功したが、結局3度目に爆発事故が起き、これが原因でhydeの身長が156cmになってしまったとされるが信じるか信じないかはあなた次第である。詳細はのび太消毒社を参照。

しかし、各地で伝えられている伝説、噂、神話、デマなどを複合すると、SONYタイマーは、自らの中で0.1Hz程度のゆっくりとしたクロックを発振し、クロックを分周して、保証期限の到来を知る、若しくは、製品の殆んどが大量生産のため、製品の開発名などを、保証期限が切れてから強力なデムパを送信し、その信号を感知してから発動させる、等の方法を用いて、内蔵された小型のN2爆雷によって自爆し、周囲のコンデンサ、LSI、使徒などを破壊し、さらに電力関係のケーブルも切断する物である。

また、内部で発振させるクロックが0.1Hz程度のかなり低速であること、ICの内部で発振しているため、微妙に個体差が出る。
SONYタイマーのメリットとデメリット

自社の製品を保証期限が切れてから故障させるというメリットとしては、以下の事が挙げられる。
期限が切れているので有償修理となり、自社に利益がある

ほぼ全ての製品に仕込むため、多額の臨時収入が見込まれる。

しかし、これをやると次からは消費者にマークされるという諸刃の剣。素人にはお勧め出来ない。まさにS○NY社だからこそなせる業である。
技術革新を促進するSONYタイマーの意義

SONYは誰もが認めるイノベーション企業であり、常に革新的な技術を生み出し続けている。しかし、怠惰で愚かな一般消費者は、そのような革新性溢れるSONY製品を購入するとその革新性に高い満足度を抱いてしまい、SONYが同種の製品にさらなる革新を生み出し続けていることに興味を失ってしまう。

本来であれば、広告などによってそれらの革新性は周知されるべきであるが、SONYの革新性は15秒やそこらのCMで伝えきれるはずもなく、また愚鈍で低能な一般消費者に理解されるはずもない。

そのような愚民どもが能動的にSONYの新製品をチェックし、SONY技術の進歩をあらためて驚嘆し、新製品を購入する機会を与えるためには、製品が故障するのがもっとも効率的で確実な方法である。

技術革新の速度があまりに早いSONYにとっては、1年前の製品などは石器時代並みの古さであり、とてもではないが使用し続けるには値しない。SONYタイマーには、そのような古くてダサい製品を使い続けようとする、クズのような消費者どもを開眼させ、すばらしい機能が続々と追加されている新製品に導くための意義が存在する。

よく、SONYタイマーは有償修理をさせること目的とするといわれているが、厳密にはそれは社会の底辺に位置する貧困層の消費者が取らざるを得ない最後の手段である。本来のSONY製品の使用方法は、故障する、しないに関わらず、1年サイクルで革新性溢れる最新製品に買い換え続けることであり、SONYタイマーによる故障は単にそれを手助けするための補助的な一機能に過ぎない。

もちろんこれは一企業の利益や売り上げを伸ばすことを目的としたものではなく、技術革新によって世界の発展に貢献する崇高な企業理念に基づいており、そのような高尚な哲学を理解できないくせに数万円レベルのはした金でグダグダぬかすウジ虫どもを効果的に正しい道に導くための、もっとも分かり易いきわめて倫理的な手段として選択されたものである。



SONYタイマーの不具合

SONYタイマーは、その無慈悲なまでの保証期限切れ検知能力と高度な偽装技術により、数多くの家電製品に「お客様の粗雑な扱いによる故障」を発生させてきたが、これらの技術はその性質上マニュアルなどを作成するわけにもいかないため、口頭や見よう見まねでの伝承に頼ってきた。しかしながら長引く不況や団塊の世代の大量離職の影響で、SONYタイマー技術の伝承がうまくいかないケースが目立ち始めた。SONYタイマー発動時に発生させる故障の程度や、同一機種で発生する故障に個体差をつける手法は、熟練の技術者たちが長年の経験をもとに微調整してきたため習熟にはかなりの時間を要する。そのため団塊の世代の大量離職に伴って技術者の世代交代が急速に進んだことが、SONYタイマー技術の低下を招いていると思われる。

最も頻繁にみられるのが「保証期限内での故障」である。これはSONYタイマーの起動時刻設定のミスによるものがほとんどを占める。SONYタイマーの存在を隠してアルバイトなどに組み立てを行なわせている事が原因である。

時々、SONYタイマーが入っているはずの製品が、期限をとっくに5年ぐらい過ぎているのに故障しなかったという報告があるが、これはSONYタイマーの中にもSONYタイマーが仕掛けられているためであり、SONYタイマー内部のSONYタイマーが作動して、製品内部のSONYタイマーが破壊されたため、製品は平穏を保っているのである。

また最近になって急増しているのが、リチウムイオン充電池の爆発事故のような「保証期限後だがリコール対象となるような故障」が発生するケースである。

リチウムイオン電池と言えば、スマートフォンに全世界で使用されている部品だ。ソニーはこれを千里眼で未来を予測演算し、敢えて「わざと」リチウムイオン充電池の爆発事故を起こしていたのだ。これにより、全世界の科学者らがリチウムイオン電池の危険性を認識し、安全性が高まったのは言うまでも無い。これをソニーが引き起こしていなければ・・・今頃全世界で爆発事故が多発し、スマートフォンが売れなくなっていた可能性すらあったのだ。おお、尊い。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「SONYタイマー」の項目を執筆しています。

Canon

ソニータイマー

エクストリーム・SONYタイマー

外部リンク

料理に便利なタイマー内蔵“キッチンラジオ”発売(Sony Japan ホームページ)
1c6f

更新日時:2019年3月2日(土)10:01
取得日時:2021/07/31 02:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef