MJP136
[Uncyclopedia|▼Menu]

MJP136とは、現在日本で活躍しているAKB48やその派生グループに対抗するべく飽素康司が結成させた、架空のアイドルグループである。
特徴

グループのメンバー数は発足当時から常に136人であり、日本一のグループメンバー数を誇っている[不要出典]。もし一人が不祥事などで抜けることがあっても、すぐさま一人メンバーが補充される。そういった事態に備え、常に8人が候補生として準備されていると言われているが、本当に8人だけなのかは不明。またメンバーは4人ごとに何らかの共通した特徴を持っている(たとえば名字が同じ、髪型が同じ、など)。また、4人*9組ないしは7組はそれぞれ共通の色の服を着用している。(赤4人*9組、青4人*9組、ミドリ4人*9組、黒4人*7組)

そして、MJP136は他のアイドルグループと比べて非常に特殊なコンサート形態を取る特徴がある。それについては次項にて詳しく解説する。その特徴の特異さやゲーム性から、男女問わず非常に多くの人間に人気があり、日本を中心に中国アメリカにもファンがいる。特に、中年男性に幅広い人気を誇る。

キャッチコピーは「会いに行って遊ぶアイドル」である。
コンサートのシステム
コンサート会場は北海道・東北エリア、関東・北陸エリア、中部・関西エリア、四国・中国・九州沖縄エリアの4つであり、必ず4会場とも同じ日・同じ時間に開催される。会場の大きさもほぼ同じになるように選定されている模様。(例外有り)

コンサートは1年に最大18回開催される。(例外有り)

コンサートに参加するには、毎年初めに発売される年間パスを購入しなければならない。その金額は18回分で50000円である(が、フィーバーした後のことを考えると安いもんだ、と考えるファンが大量に購入する。一枚につき一人にしか使えないのに。ああ、布教用かな)

1年の最初の開催日は、各会場14人がランダムに選出されて登場する。誰が来るかはステージに登場するまで分からない。

各回のコンサートの終了後、各会場の観客はステージに登場した14人のうち、誰を残したいかを投票する。その結果、上位13人が次回必ずその会場に登場する。そのとき落選した一人は来年までどの会場にも登場することはない。

2回目以降のコンサートでは、前回の投票の上位13名に加え、1人がランダムで参加する。誰が来るかは登場するまで分からない。(例外有り)

もし、登場した14人のうち、同じ特徴を持つ4人がいた場合は、観客の希望によりその四人を「カルテット
」として選出することができる。この場合は14人全員が次回もその会場に登場し、更に1人がランダムで参加する。(つまり、カルテットの4人を3人として扱う)ただし、一度カルテットを選ぶと、1年間はそのカルテットのメンバーを落選させることはできない。(仮に落選となっても強制的に繰り上がる)

5?7を1年間繰り返す。来年になったら4に戻る。

もし、あらかじめ決められた麻雀に酷似した特徴を持つ14人が揃った場合は、「フィーバー」となる。また、カルテットが4組揃った場合はその時点でフィーバーとなる。

フィーバーが成立した場合、その年の次回からはフィーバーした会場においてのみコンサートが開催され、様々なイベントが催される。イベントの内容はフィーバー時の状況に応じて、握手会やサイン会といったものから、キス、アーン♥♥に至るまで様々なものが催される。

なお、許可なくおさわりすることや、参加メンバーを事前に知る行為はチョンボとなり、厳しい罰則が待ち受けている。また、その年のその会場でのコンサートの開催は行われない。

このほかにも様々な細かいルールがある模様。
関連項目ウィキペディア専門家気取りたちも「MJP136」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

AKB48

4243 SDN48

NMB48

SKE48


今、「MJP136」は根も葉もないデマを書かれているの!やびゃあ(^ω^;) なの!
マウスでここをクリックして助けて! by まゆゆ (Portal:スタブ)


更新日時:2017年11月5日(日)21:02
取得日時:2021/09/22 22:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4997 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef