JR四国2000系気動車
[Uncyclopedia|▼Menu]

2000系気動車(2000けいきどうしゃ)とは、JR四国が保有する特急列車。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR四国2000系気動車」の項目を執筆しています。目次

1 概要

2 性能

2.1 陸上

2.2 ガスタービン車

2.3 飛行中

2.4 共通


3 運用

4 戦歴

5 ドライバー

6 設備

7 迷走した後継車両

8 ラッピング列車

9 脚注

10 関連項目

概要

8両編成が基本である。1号車の次に3号車がきていたり、グリーン車があったりなかったりなんてのは気のせいだ。条件さえ整えばを飛んでいるように見える。もちろん中から見たときだが。形式名が「2000系」とJRにとって初めての四桁(私鉄っぽい付け方)であり、普通の私鉄にJR四国は転落したと言える。
性能
陸上

気動車であるため加速は遅いが最高速度はアホみたいに速い。単線区間を恐怖のスピードで駆けぬける。最高速度はおよそ140km/h。ただしシャフトが壊れているため、ブレーキが利きにくいのは検閲により削除。振り子台車を採用しており、急なカーブでも難なくクリアできる。しかし、阪急2000系の複線ドリフトに劣っているのは事実である。
ガスタービン車

8両編成の中間4両はN2000系から改造されたガスタービン動車である。停止時はただの足を引っぱる付随車だが、ひとたび起動すれば爆発音と共に炎を噴きながら179km/hまで加速していく。ただしあまりに速すぎるためか、これを起動してしまうと振り子をもってしてもクリアできないコーナーが発生することが、走行実験によって明らかになっている。
飛行中

この列車は空を飛ぶことができる。最高速度は陸上と同じぐらい。しかしがないためまっすぐにしか進むことができない。当然ブレーキは利かないため、カーブ前で着地させる[1]。着地地点の調整もできないためあらかじめ予想する必要があり、線路のある場所に着? 1000 ?するように飛行前から調整をする。いわゆる「土讃線スペシャルライン」という技。JR四国の乗務員はこの技術を得るために血を吐くような訓練を行う。
共通編成 8両編成(ディーゼル4両、ガスタービン4両)起動加速度 20~25km/s常用減速度 25km/s非常減速度 50km/sコーナー 良いドリフト すんごく悪い
運用「くろしお」「宇和島」「南風」「うずしお」などで活躍している。旅客機としても運用出来るが、他の旅客機との速度の差から現在の仕事場は専ら陸上輸送。時折社員が、中間車を抜いたり入れたりしている。また、夜になるともくもくと煙を上げてレースを始めるのだとか(後述)。
戦歴中国、四国地方では負け無しであったが、関西侵攻の際に近鉄奈良線で阪急2000系とバトルをした際は見事敗北。改造のし過ぎで車両に思いの外負担がかかっていたようだ。敗北の際に、空中をローリングしながら脱線するという事故り方をした。その際に架線をちぎってしまい、ちぎれた架線の断面がレールに接触し検閲により削除
ドライバー2091編成…イケメンでスレンダーの男性 小柏カイ イニシャルDだと SW20に乗っているなんで2000GTなのかは不明
設備
半グリーン車
一編成につき、指定席のオマケみたいに一車両半分だけグリーン席を設けている。尤もそれすらないこともある。
トイレ
一部を除き和式である。理由は地域性を重視したため。
ドア
5km/hになると自? 3af1 ?でドアがしまる。これで車掌の負担を減らしている。
迷走した後継車両

近年、2000系の老朽化はFURICOやら高速走行やらで無理がたたった結果だということが分かった。このまま放置すれば北の国の兄弟のごとく床下がHEATになりJR死国と化してしまう懸念があったため、2000系の後継車両の開発が急がれることとなった。

まず、2017年に新型車両の2600系が登場。乗客から苦情(主にゲロ関連)が相次いだFURICOをやめ、空気ばねによるインチキ臭い車体傾斜を採用した。塗装は2000系の水色と異なり赤を採用したがその理由はお察し下さい

しかし、いざ走らせてみると前述の「そらをとぶ」が使えなかったり、傾き角を抑えたためにスピードダウンを招き旅客機としても使えないなど、とんだ欠陥車であることが明るみに出てしまった。2600系はわずか4両で製造中止となり、早くも迷列車シリーズの仲間入りを果たしたのである。

結局「FURICOの後継はFURICOで」ということになり、2019年にFURICOを搭載した新型車両の2700系がデビューした。入れ替わる形で2000系は廃車が進行し、2021年3月限りで展望先頭車(2000形)と中間車(2200形)は運用を終えた。
ラッピング列車 3両目辺りはラッピングされていないかもしれないが、気にしてはいけない。

この列車で有名なのがアソパソマソのラッピング列車である。バリエーションも豊富であり、ラッピングもかなり本気でしている。やなせたかしさんに頼りきっている四国地方の現状が伺える。普通車指定席部分はアソパソマソシートとなっていおり、車内チャイムもアソパソマソのマーチになっているなど、やはり本気であるかに見せかけてそうではない。実は全くラッピングされていない車両が組み込まれている可能性がある。
脚注^ まず台車だけを着地させ、後から車体を着地させる。

関連項目

JR四国

鉄道
 ・話・ JR

 JR北海道 :721系 - 731系 - キハ130形 - キハ141系
JR東日本 :209系 - E217系 - E231系 - E233系 - E235系 - E331系 - E351系 - E353系 - E501系 - E655系 - 701系 - 719系 - E721系 - キハE120形
JR東海 :キハ11形
JR西日本 :207系 - 221系 - 223系 - 225系 - 321系
JR四国 :2000系
JR九州 :nothing...
JR貨物 :EF200形
関連テンプレート :国鉄型車の一覧 - 関西私鉄の車両一覧 - 関東私鉄の車両一覧


この「JR四国2000系気動車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)


更新日時:2021年12月5日(日)17:32
取得日時:2022/01/24 16:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef