3DCG
[Uncyclopedia|▼Menu]

3DCGとは、無からリアルや幻想を生み出す魔術のことである。しかし、この行為は質量保存の大原則に反するため、ディスプレイ越しでしか見ることができない。近年は、合成樹脂を贄とすることで、現実への召喚も可能になりつつある。

3DCGには幾つかの流派があり、複数の流派を極めることも可能だが、資金的な問題がある。問題を起こした流派は、自動机(オートデスク)の刑に処されることが多い。自動机の刑に処され、獄中で死にゆく流派は後を立たない。
3DCG流派

闇のShade - 表現の道具(エクス・ツールス)としては古くなったが、電子の新天地(イー・フロンティア)で活躍しているはずだった。その後、獄山(Mt.GOX)の山師の支援を受けるも、山師の窃盗行為により獄山が破産。闇のShadeの一派は新展開の中心地(ニューホライズン キャピタル)へと赴いた。しばしそこに滞在したのち、第八討論会(フォーラムエイト)へと参加するためその地を後にした。

光のLightwave - 新技術(ニューテク)の核(コア)を開発失敗。新技術ごと瞬間可視(ビズ・アールティー)に飲み込まれた。

幻影のMaya - 偽名(エイリアス)の罪により、自動机の刑に処される。

交錯のBlender
- 販売計画において、数値に非数(NaN)を使ってしまい、大きな負債を負う。しかし、支援者により、自動机の刑を免れる。

穏姿のSoftimage - 貪欲技術(アビッドテクノロジー)計画の失敗と、その見直しにより、自動机の刑に処され、獄中で死す。遺言は"The future of Softimage is bright"。

方術のModo - 光論理(ルクソロジー)計画に失敗し、カーライル衆(グループ)の鋳造場(ファウンドリー)へと出向く。鋳造場の持ち主はその後、水銀都市(Hgキャピタル)、縄職人(ローパー)へと移り変わり、その度に方術のModoも振り回されることとなった。

解縛のHoudini - 使用には、大きな副作用群(サイドエフェクツ)を伴う。

最大のMax - 分割論理(ディスクリートロジック)計画の終焉と共に、自動机の咎を背負う。

最後のZBrush - 写実論理(ピクソロジック)計画が進行中。

泥沼のMudbox - 天空問題(スカイマター)に巻き込まれ、自動机の刑に処される。

化石樹のMetasequoia - 個人が発展させた流派であり、その人はその後四つ顔(テトラフェイス)となった。

反偽名運動

当初は、3D術師は皆、ロシア革命のように偽名(エイリアス)を持っていた。その中には、偽名(エイリアス)を本名として登録したMaya一派があった。

後に、反偽名(アンチエイリアス)運動により、過度の調査標本(スーパーサンプリング)調査が活発となると、偽名(エイリアス)を本名としたMaya一派は苦境に陥ることとなり、自動机の刑に処された。

更新日時:2019年9月20日(金)21:50
取得日時:2021/07/26 12:48


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2633 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef