1558年ワールドカップ
[Uncyclopedia|▼Menu]

1558年ワールドカップは世界114の国と地域から選ばれた32チームが決勝大会を争った。開催国は前回優勝国である神聖ローマ帝国。フェリペ2世擁するスペイン・ハプスブルグ家代表が優勝候補オスマン帝国代表を下し初優勝した。今大会でのスペインは日の沈まない国と形容される最盛期を迎え、このスペイン黄金期を大航海時代と呼ぶ。また連覇を狙う開催国・神聖ローマ帝国は準決勝でオスマン帝国に敗れ3位に終わった。期待された決勝戦でのスペインとのハプスブルグダービーは実現しなかった。

参加国32の国と地域(予選参加国114)
優勝スペイン・ハプスブルグ家(初)
準優勝オスマン帝国
3位神聖ローマ帝国
4位リューリク朝モスクワ大公国
大会MVPフェリペ2世(スペイン)
大会得点王イヴァン雷帝(モスクワ大公国)=8得点
目次

1 地区予選

2 決勝大会

3 出場国

3.1 ヨーロッパ

3.2 南米

3.3 北中米カリブ海

3.4 アジア

3.5 アフリカ

3.6 オセアニア


4 日本代表

5 関連項目

地区予選

各地区予選は決勝大会の前年(1557年)に行われた。開催国は予選免除。前回優勝国と開催国が同じため、各地域別予選の決勝進出枠は31チームとなった。また南米5位と北中米カリブ海4位、アジア5位とオセアニア1位は大陸間プレーオフを行いそれぞれの勝者が決勝に進出する。各地域ごとの出場枠は下記の通り。

ヨーロッパ(13)

南米(4.5)※注1

北中米カリブ海(3.5)※注1

アジア(4.5)※注2

アフリカ(5)

オセアニア(0.5)※注2

開催国(1)

※注1 南米5位と北中米カリブ海4位が大陸間プレーオフ※注2 アジア5位とオセアニア1位が大陸間プレーオフ
決勝大会

各4カ国ずつ8組のグループリーグ上位2カ国が決勝トーナメント進出。
出場国
ヨーロッパ

出場国は14カ国(うち開催国枠1)

15c0
神聖ローマ帝国(開催国)

ポーランド・リトアニア連合

スペイン・ハプスブルグ家

スウェーデン王国

デンマーク=ノルウェー

フランス王国

リューリク朝モスクワ大公国

イングランド

ポルトガル王国

オスマン帝国

ヴェネツィア共和国

ハンガリー王国

トスカーナ大公国

マルタ騎士団

南米

出場国は5カ国。

ポルトガル領ブラジル


インカ帝国

コリャ王国

チャルーア族選抜

ルパカ王国(プレーオフによる決勝進出)

北中米カリブ海

出場国は3カ国。

ヌエバ・エスパーニャ副? 11b0 ??領
(ノビスパン)

アメリカインディアン選抜

ヌーベルフランス(カナダ)

アジア

出場国は4カ国。



ムガル帝国

サファヴィー朝(イラン)

北元

アフリカ

出場国は5カ国。

マリ帝国


ソンガイ帝国

マンボ王国

コンゴ王国

ハフス朝(チュニジア)

オセアニア

出場国は1カ国

アボリジニ選抜
(プレーオフによる決勝進出)

日本代表

足利義輝監督のもと現役の 172d 戦国大名で固めたドリームチームで臨んだが、アジア最終予選で敗退した。(詳細は1558年ワールドカップ日本代表の項を参照)
関連項目

ワールドカップ

1558年ワールドカップ日本代表


この項目「1558年ワールドカップ」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)


更新日時:2014年12月10日(水)12:48
取得日時:2022/01/25 12:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7630 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef