魚類
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…科学技術の利用[編集]電気の発明とテクノロジーの進歩の進展により、「奴ら」は魚の存在をより確からしいものとするためプラスチック製のロボットを開発した。その結果、人々はかつては神話上の存在でしかなかった魚を実際に動くものとして見ることができるようになった。彼らは動物園で展示され、ペットとして売られ、教科書に描かれ、映画産業で使われた。代表的な例としては『ジョーズ』、『老人と海』、『白鯨』などが挙げられる。しかし、究極的には、これらのロボットは魚の存在を証明するためだけに作り出されたのである。

初期のモデルであるコードネーム「デンキウナギ」と「シビレエイ」は非常に粗悪な出来であった。そのため、安全のためこれらのロボットを直に触られたり検査したりすることは禁止されている。これらのロボットの本体は非絶縁性のジェルで覆われていて、かつ動力として高圧コイルを装備しているため、不運な者あるいは好奇心旺盛な者は最高600Vの電気ショックを味わってしまうのである。

時代が進むにつれて、徐々により美しく、小さく、機敏な「魚」のロボットが作られていった。最新のモデルは定期的に光る発光ダイオード(LED)を装備した深? 5b3 ??魚やアンコウであると言われているLEDは、コードネーム「深海魚」と「アンコウ」という素晴らしい「魚」の新種を誕生させた。

食用として焼いて食べることが出来る「魚」を、現代の科学は製造出来るようになった。骨格は生分解性ポリマーからなり、消化することはできない。そして肉は非常に柔らかい。食用の「魚」はこれらを組み合わせて作られているのである。

スポーツとしての釣りのために使われるロボットは極めて高価である。魚についての秘密は厳しく保護されなければならないからだ。スポーツとしての目的のために捕まえ、家に持ち帰ることのできる「魚」の数は制限されている。そういうわけで、持って帰れる魚のサイズと数に関する制限が導入された。「魚」が制限より小さいならば、それはすぐに水の中に返さねばならない。

近年の日本にお? 111b ?ては、「自然保護」のためと称して、「在来魚」とされる魚を持ち帰ることは禁止されている。もしあなたが、それらの魚を持ち帰ろうとするならば、すぐさま公園管理官または都道府県の担当者(「魚」を没収して、罰金を払わせる権利を持つ)に拘束され、罰金を支払わされてしまうだろう。彼らは、カスラックにも匹敵するほどの凶悪かつ貪欲な本性を持った、巨大な利権集団である。「魚」を捕えたと主張する人物は、皆その利権団体に所属するプロモーション担当の役員なのである。
疑い、そして…

しかし、古来より人々は、無意識のうちに、「魚」についての陰謀に気が付いていた。現代では、情報化の進展により、人々の持つ「魚」に対する疑惑はより強くなっている。その証拠に、某巨大掲示板某動画サイトに精通し、情報分析力に長けた者たちは、よく自分が騙されている(あるいは騙されるのではないかと思う)時には「釣り」という言葉を用いる。

本来は「魚」を入手する手段を指すとされている「釣り」という単語が、そのような状況下で使われるということ自体、人々の「魚」に対する不信感、そして「魚」を巡る巨大な利権、陰謀の根の深さを示しているとは言えないだろうか?
関連項目アンコモンズに、魚類に関するガラクタがあります。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア b87 の専門家気取りたちが「魚類」の項目を執筆しています。

生物





水族館

陰謀論

さかなクン

出世魚

逃がした魚は大きい

おさかな天国


この項目「魚類」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)
この記事は、他言語版のアンサイクロペディアから翻訳されたものです。

更新日時:2020年12月15日(火)15:33
取得日時:2021/06/14 08:00


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:16 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef