音楽
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「音楽」の項目を執筆しています。

音楽(おんがく、おんらく)とは、音によって快楽を得たり、または精神に干渉するために開発された一種の向精神薬である。目次

1 概要

2 音楽の作用

3 音楽と、その生産・流通の歴史

3.1 音楽の出現

3.2 産業革命とその影響

3.3 現状


4 効果、中毒性による分類

4.1 タバコ級

4.2 睡眠薬麻酔系

4.3 向精神薬系

4.3.1 効果の大きいもの

4.3.2 更に効果の大きいもの

4.3.3 非常に効果の大きいもの


4.4 鎮痛剤系

4.4.1 効果の大きいもの

4.4.2 更に効果の大きいもの


4.5 幻覚剤系

4.6 バッドトリップを引き起こしやすいもの


5 関連項目

概要

音楽は、人間が開発した依存性のある薬物の中で最も広く蔓延し、極めて強い作用を持つ危険ドラッグの一つである。耳から吸引することによって快楽を得ることができる。音楽には強い依存性が確認されており、現在法律によって禁止されている危険ドラッグと同等の効果がある。しかし、各国政府はこれを禁止しておらず、社会全体にこのような危険なものが蔓延する状態を許している。これは、指定暴力団JASRACなどによる政府への圧力が原因とみられている。JASRACは音楽を主な資金源にしており、社会的に悪影響を及ぼす恐れがあるが、今のところ対策は取れていない。
音楽の作用

音楽の最も重要な特徴は、「音の調合次第で人間の精神を思いのままにコントロールできるとこと」と、「音楽に言葉を乗せることでその言葉を無意識下に刷り込むこと」の二つが挙げられる。この効果を利用すると、人間の行動を思いのままに操ることができるようになってしまう。これが悪用されてしまったことは何度もあり、過去の事例としては、音楽を使って若者を戦争に駆り立てたり、特定の宗教法人の勧誘に使われたりなど枚挙にいとまがない。また音楽調合師はこの依存性を利用して中毒者を大量に生み出し、そのような者に対して音楽商品を売りつけるなどの卑劣な行為を行なっているが、そのことが問題になった事例はない。

音楽の強力な副作用は音楽の調合者にも現れ、ロックバンドと呼ばれる音楽の調合師集団の多くは物を破壊するようになり、パンクロックに関わった調合師たちは常に頭を振るようになる、メタル系と呼ばれるジャンルに関わったものは派手な服飾を好むようになるなど様々なものがある。
7215 音楽と、その生産・流通の歴史
音楽の出現

音楽は法で規制されている危険な薬物とほぼ同じ効果を持つが、音楽は法で規制されたことがほとんどないため、どの時代でもその取り扱いは一般的な薬物と大きく異なる。

音楽と呼ばれる代物は、世界各地の様々な場所で研究され、使用されてきた。これは、世界各地で麻薬のように使われてきた植物が存在するのと同様の現象と見て差し支えない。

現在の音楽の直接的な原型が生まれたのは中世であると言われているが、中世において音楽を供給する施設はキリスト教の教会であったと言われている。これは教会を訪れたものに音楽を吸引させることで信者を増やし、さらにはその信者を教会に定着させようという狙いがあったことが容易に想像できる。また、そこで生産されていた歌の内容がキリスト教の神を賛美する内容であることから、音楽を洗脳の目的で使用しようとしたことが明らかである。

9世紀ごろから教会は音楽の調合のレシピを楽譜と呼ばれる暗号で記すようになった。これは音楽調合師のみが解読することのできる特殊な暗号で、訓練を受けていない者がこれを見ても、ただのおたまじゃくしとしか認識できない。調合師たちはこれを使って効果の高い麻薬のレシピを記し、伝えることができるようになった。この暗号は時代とともに改良が重ねられ、現在も使われている。

他に、この時代に開発された重要な音楽の技術の一つに「和音」がある。これは、同時に複数の音を吸入させるという危険なもので、これによって音楽の中毒性、精神操作能力が飛躍的に向上してしまうことになった。この技術は時代が下るごとに発展・継承されてゆき、音楽の中毒性も徐々に高まっていくことになる。
産業革命とその影響

産業革命が起こると、音楽はより広く社会に蔓延するようになった。レコードが発明されたからである。レコードは、調合済みの音楽をそのまま吸入できる仕組みになっており、音楽業界はこの手軽さを利用し、計画的かつ着実に中毒者を増やし、莫大な利益を得た。中毒性のあるものを大量に売り込み、利益を得るという構図はアヘン戦争などでも見られたが、これが問題にならないのは「音楽」という強力な洗脳兵器をもった音楽業界によって言論・思想が統制されていたからと見るのが妥当であろう。
現状

技術が発展するとともに、音楽はますます社会にはびこるようになっていった。CDなどの開発によって、より純度の高い音楽が取引されるようになったこともさることながら、ウォークマンスマートフォンの発明によって、音楽はかつてないほど世界に広まってしまっている。これらは、場所や時間をを問わず音楽を吸入することを可能にし、いつでもどこでも音楽を聴いていないと気が済まないという重度の中毒者を生み出す結果となった。これに拍車をかける形で、音楽の定額ストリーミングサービスが普及し、音楽による汚染レベルは史上最悪レベルのものとなっている。

日本では、義務教育として音楽の授業がある。これは音楽の調合の訓練を行ったり、前述の「楽譜」と呼ばれる暗号の解読法を教えるだけでなく、音楽を生徒に強制的に吸入させるという非人道出来な行為が平然と行われている。これが重大な人道的問題であることは誰の目にも明らかだが、音楽調合師集団や指定暴力団JASRACなどの圧力でこれが問題になったことは今まで一度もない。
効果、中毒性による分類
タバコ級

ポップス


ブルースロック

ハードロック

ロカビリー

フォーク

メロコア

リズム・アンド・ブルース(R&B)

ゴスペル

睡眠薬麻酔系

シャンソン


ブルース

弦楽四重奏

スロージャズ

イージーリスニング

アンビエント

エリック・サティ

校長先生のスピーチ

向精神薬系

パンクロック

ヘヴィメタル

オルタナティブロック

LAメタル

トランス

ビッグバンド

スウィング・ジャズ

演歌

テクノポップ

Hip Hop Shit

効果の大きいもの

EDM


ハードコアパンク

スラッシュメタル

デスメタル

ハードコアラップ

アニメソング

和太鼓

オルタナティブ・ロック

グランジ

メロディックスピードメタル

モリッシー

更に効果の大きいもの

グラインドコア


ガバ

ハードコアテクノ

クランク

矢沢永吉

非常に効果の大きいもの

ゴア・サイケデリックトランス

ゴアグラインド

布袋寅泰

ゴアトランス

サイケデリックトランス

ヘリコンロック

忌野キヨシロー

鎮痛剤系

ビジュアルロック

ゴシックメタル

(一部)ヒップホップ

アシッドファンク

アシッドジャズ

ダブ

効果の大きいもの

トリップホップ


ドラムンベース

ドゥームメタル

スラッジコア

アブストラクト

更に効果の大きいもの

ブラックメタル

ダークアンビエント

さだまさし

幻覚剤系

サイケデリックロック


プログレッシブロック

現代音楽

フリージャズ

ターンテーブリズム

アシッドハウス

ムネオハウス

TECHNO

バッドトリップを引き起こしやすいもの

ノイズミュージック


エクストラトーン

ジャパニーズトランス(ギャルトランス)

ブチアゲトランス

J-POP

ジン

オレンジレンジ

ユーロビート

スカジ(トランス)

ジーザス&メリーチェイン

校歌

関連項目アンコモンズに、音 5853 楽に関するガラクタがあります。

交響曲

楽譜

演奏記号

4分33秒

ヨハネス・ブラームス

ブラバン


この項目「音楽」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2021年5月25日(火)22:02
取得日時:2021/06/06 10:59


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:15 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef