隠田
[Uncyclopedia|▼Menu]

隠田とは飛鳥時代に始まり、明治時代に地租改正が行われるまで長い間開催されていたエクストリーム・脱税である。目次

1 概要

2 ルール

2.1 得点


3 関連項目

概要

隠田とは農民が政府に分からないように隠し持っていた水田のことである。地租改正以前は米で税金(年貢)を納めており、政府が「このぐらいの土地を持っていればこのぐらいの米は取れるのでそのx%(xは時代による変動あり)をよこせ。さもないと斬首だな。」と言っていた。そこで、政府に分からないように水田を持っていれば、隠し持った分は課税対象にならないことに農民は気づき、隠田の開墾に励んだ。隠田はバレてはいけないので、山の中にあることが多い。
ルール
政府に分からないように水田を開墾する。

政府に分からないように稲を育てる。

政府に分からないように稲を収穫する。

政府に分からないように米を納税する。

この4つが大原則である。
得点

このスポーツには一応得点が存在する。得点は1年ごとにリセットされる。最高点が優勝といいたいが、表立ってできないので得点の情報共有がほとんどなされず、過去の優勝者などの記録はない。
年度内に新しく開墾し、耕作した土地1反あたり +100点

米の収穫量1石あたり +1000点

継続年数1年ごとに +30点 (今年から参加した場合は0年継続と扱う。中断した年があるとリセットされる)

隠田の存在が政府にバレたら失格となる。こうなると、隠田が強制収用されるうえに、政府から厳罰(最高刑:死刑)に処されることになり、このスポーツへの復帰は絶望的になってしまう。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「隠田」の項目を執筆しています。

豊臣秀吉:ルーキープレイヤー。後に採点者となる。


更新日時:2018年9月17日(月)22:36
取得日時:2021/07/27 01:08


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2972 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef