隔駅停車
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちによって「隔駅停車」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。「呼んだ?」
? 隔駅停車 について、東急東横線の急行

隔駅停車(かくえきていしゃ)とは、準急や急行などの列車種別が、一定の条件を満たすと変身する姿である。基本的に特に急がない列車となり、一駅ごとに停車や、三駅連続停車などが特徴である。

元々は東急東横線の急行を指す単語。目次

1 概要

2 代表的な隔駅停車

3 隔駅停車が生じる原因と対策

4 関連項目

概要

隔駅停車の歴史は古く、1935年に盗急電鉄東横線で生まれたと言われている。当初は「急行」と言う名前で運転され、停車駅も名前にふさわしく、少なかったのだが、沿線住民が図々しく停車駅を増やせと訴えたため、それに恐怖を覚えた盗急が停車駅をこれでもかと言うくらい増やした。しかし盗急は計画性がないため調子に乗って停車駅を増やし過ぎてしまったため、沿線住民から苦情が殺到した。完全なる因果応報である。。そして2000年に急行の停車駅に多摩川駅を追加したときに沿線住民の怒りが頂点に達してしまい盗急に直訴。すると仕方なく新種別、特急を設定することになり、解決した。しかし、急行は隔駅停車に改名の上、ただの邪魔な列車となり、使い物にならなくなった。

最近は隔駅停車が人気なのか、小田急線KOカンパニーでも設定されている。
代表的な隔駅停車

意外と速い物から、会社の都合上仕方なく出来たものや三駅しか通過しないものなど、個性豊かである。

東急東横線の急行は概要覧に書いたため割愛。
小田急小田原線
5駅しか通過しないという究極の役立たず種別が2015年まで運転されていた。またの名を「区間準急」。停車駅は、新宿、代々木上原、下北沢、梅ヶ丘から本厚木・唐木田(多摩線)までの各駅であり、(本厚木以西は運転無し)実に中途半端な準急運転である。しかし、それには将来の複々線化が関係しており、複々線区間では各停の代わりを務め、それ以外の区間では準急運転するという小田急の苦肉の策によって登場したものである。各停も追い抜かないし、停車駅の減った各駅停車みたいなものである。
東武東上線
池袋から成増までは8駅ノンストップなのに、成増から小川町まで各駅に止まる隔駅停車。またの名を「
準急」。停車駅は、池袋、成増から小川町までの各駅。池袋から成増までとても速く感じるのに、成増から各駅に止まる精神崩壊が進む種別。成増から各駅に止まるくせに、成増で各駅停車との接続をしたりする。わけがわからない。そのせいで池袋から出る各駅停車は成増行きという中途半端な距離を結ぶ列車がほとんどである。また、成増以降は急行や、快速、快速急行に追い抜かされる。隔駅停車というより各駅停車である。
京王高尾線
本線の北野までは全31駅中わずか10駅(新宿含む)しか止まらないのに、高尾線の北野から高尾山口は各駅に止まる。またの名を「準特急」。停車駅は、新宿、笹塚、明大前、千歳烏山、調布、府中、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、北野、北野からは各駅に止まる。高尾線内では急行も運転されていて、そちらは隔駅停車ではないので急行より遅いという逆転現象が起こっている。特急よりこっちのほうが運転されている。
JR京浜東北線
日中に隔駅停車、それ以外の時間は各駅停車を走らせるという異色の運行形態をとっている。隔駅停車は全47駅中6駅(土休日は5駅)しか通過しない。またの名を「快速」。停車駅は、大船から浜松町までの各駅、東京、神田、秋葉原、御徒町(土休日のみ)、上野、田端から大宮までの各駅。どち b68 らかと言えば山手線の西半球の優等種別を担当していると考えた方が良い。(東半球の優等種別は最強線と遭難顰蹙ライン)というか、そもそも上野東京ラインがあるから京浜東北線の優等種別なんて必要ない。
JR埼京線
2019年冬のダイヤ改悪で誕生した、4駅しか通過しない隔駅停車。またの名を「快速」。停車駅は、川越から武蔵浦和までの各駅、戸田公園、赤羽から新木場までの各駅。通過線は戸田公園・南与野の2駅にあるが、どちらも停車駅なので全く使えない。とはいえ、池袋?大崎間で山手線快速の代わりをしており、その区間で7駅通過するので、実質的な通過駅は11駅で、実は隔駅停車じゃないのかもしれない。
JR東海道線
東海道線内では始発から終点までわずか4駅しか通過しない。またの名を「快速アクティー」「特別快速」。前者は東京始発で、後者は遭難顰蹙ラインを通って横浜から殴り込んでくる。停車駅は、東京から藤沢までの各駅、茅ヶ崎、平塚、国府津、小田原。「各駅」の中にはそもそも東海道線のホームがない(=京浜東北線もしくは横須賀線しか止まらない)駅もあるので、そういう駅を飛ばすという意味ではしっかり快速運転しているように思えるかもしれないが、そもそもそれらの駅は東海道線の普通列車でも飛ばすので快速になってない。

JR内房線快速総武本線、千葉まではよく飛ばす。が、なんとここから袖ケ浦まで各駅停車と成増。そして巌根だけ通過して木更津へ。因みに、朝にある千葉始発の快速木更津行に至っては通過駅が一つだけ。まさに隔駅停車。かつては千葉→蘇我→八幡宿→五井→姉ヶ崎→袖ヶ浦→木更津→君津と止まっていたが、停車運動の拡大、上総地域からの東京方面へ? 56f ?アクセス向上という名目もありいつの間に停車駅が増加した。また、成田線快速にも同じことが挙げられる。

東急東横線急行 停車駅は、渋谷、中目黒、学芸大学、自由が丘、田園調布、多摩川(3駅連続)、武蔵小杉、日吉、綱島、菊名、白楽、横浜

 自由が丘から多摩川まで、3駅連続停車。多摩川とかどうでもいいから白楽に停めろ。

JR西日本快速(西明石ー京都間)網干から明石まで各駅、兵庫、神戸、元町、三宮、六甲道、住吉、芦屋、西宮、尼崎、大阪、新大阪、茨木、高槻、長岡京、京都、米原まで各駅に停まります

 4駅連続停車する。本線には新快速が動いてるんだから、そろそろ引退したら?

この項目「隔駅停車」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだ fe6 クソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)

隔駅停車が生じる原因と対策

簡単に言うと「主要駅が多すぎる為」。他社線との乗換駅はもちろん、住宅街、観光地、大学最寄り駅等は急行停車駅になりやすい。よってそのような駅が多い路線は必然的に隔駅停車になりやすい。あるいは沿線住民の要望を受けどんどん停車駅を増やしていった結果、二進も三進も行かなくなることも。

隔駅停車をなくすには停車駅を減らすのが一番手っ取り早いが、一度停車駅に加えたものをもう一度通過駅に戻すことはほぼ不可能(プロ市民の大規模な反発が予想されるので)。なので停車駅を減らした上位種別を出すのが一般的。

因みに小田急では「化け急(相模大野まで急行、相模大野から各停に種別変更)」なるものが存在する。京王でも「高幡不動まで急行、高幡不動から各停に種別変更」という列車がある。新たな列車種別を制定せずに何故列車種別変更という紛らわしい手段を取っているのかは、隔駅停車を作らない為の布石と言われている
関連項目

東急東横線

東横特急

列車種別

急行

快速

準急

普通列車
  e7 ・ 633 話・ 列車

急行 :特別急行列車 多摩急行 急行列車 準急列車 fbf 小田急ロマンスカー 近鉄特急
快速 :ホームライナー ホリデー快速 通勤特快 特別快速 新快速 快速列車
各停 :隔駅停車 普通列車 各駅停車
その他 :寝台列車 貨物列車(うんち列車) 回送列車 試運転 空気輸送


この「隔駅停車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)
1de

更新日時:2022年1月8日(土)18:48
取得日時:2022/01/24 08:10


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef