野迫川村
[Uncyclopedia|▼Menu]

この村は現在、「どうしようもない」状態であり、消滅の候補となっています。もしこの村が数年後にも改善されていなければ、消滅するかもしれません。けれども、この村にはまだ希望が残されているかもしれませんし、状況さえ改善すれば、残すに足るものになるかもしれません。村の改善のやり方は、こちらを参考にしてください。これも参考になるかもしれません。

どうか、この村がある程度改善されるまでは、このタグを取り除かないでください。もしこのタグを追加されたことに不満があるのであれば、このリンク先の手順に従ってください。あなたが上の手順に従わずにタグを取り外した場合、あなたはブロックされることがあります。

※成立から1年未満の村に貼らないよう、ご注意ください。

このテンプレートは、奈良県及び総務省によって貼り付けられました。
あらゆる面で終わっている。
この項目「野迫川村」には、その地域のことが詳しく書かれてるような気がするけど、
だからってこの項目を書いた人が野迫川村に住んでるとか思わないでよ。
地図見れば分かることなんだし、多分・・・。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野迫川村」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒野迫川村」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「野迫川村」の項目を執筆しています。

野迫川村(のせがわむら)とは、奈良県南西部に存在する、日本の地方の将来の姿を題材にした、恐ろしい展示作品である。目次

1 概要

2 地理

3 人口・人口密度

4 交通・産業

4.1 道路

4.2 鉄道

4.3 その他産業


5 展示効果

6 脚注

7 関連項目

概要[ 61c 編集]

近年、日本の地方の山村等は東京一極集中などの影響で想像を絶する速さで衰退しており、それに今更ながらも危機感を抱いた総務省のどっかの誰かが国民に広くその事実を周知するための展示材料を用意することにした。いくつかの廃村や廃集落が候補地として上がったが、その中でも特に過疎化が高速で進み廃墟と化していたこの村に目がつけられた。村にはある程度の面積があったが、村の土地の所有者が明確でなかったことなどもあってすぐに国に買い取られ、国有地として製作された。今なお村は買い取られた当時の状態のまま保存されており、他ではできない経験をすることができる。また、村全体を利用しているため日本最大の展示作品ともいわれる。また、土建国家日本の過疎の村の保存として、静態保存ではなく動態保存の手法も取り入れられており、公共工事はしっかり発注され f9e ている。
地理

周囲を1000m級の険しい山々と深い、そして人の手が全く行き渡っていない山林に囲まれて外部からほぼ完全に遮断されており、周辺の村から整備が十分にされてない山道を車で数時間ほど走った先にある。かつて使われたと推測される数軒の民家や、小中学校、村役場、レストランなどがあるが、そのすべてが廃墟となっており、30年以上も放置されている様に見えるように、国税を使って維持されている(類似事例、広島県産業奨励館)。そのため、2005年以降は国勢調査結果からも抹消されている。また、展示中であるはずなのにに見捨てられている様に見せるために、安全対策の整備が一切なく、あまりに危険なため、一般人の立ち入りは自粛を求められている。そのためポツンと一軒家などの秘境を専門としたテレビ番組などの取材も全く来なく、村の存在は奈良県内でさえ知らない人がほとんどである[1]。そのような状態のため実は地味に世界遺産[2]があることは誰にも知られていない
人口・人口密度

お察しください
交通・産業
道路[ 177 編集]

村には国道はおろか、一般公道すら一切通っていない。展示作品なので当然であるが…
501f 鉄道

論外である。それどころか奈良県南部全域に一切の鉄道が存在しない。
その他産業

野迫川村と言えば、わさびである。清流が得られる、涼しい気候で栽培できるわさび栽培が盛んであったことから、これも動態保存されている。わさび田鑑賞、わさび田の除草、わさび水路の整備、わさび収穫体験会、わさびだけの試食会、わさびの独演会などなどが、有形無形文化財として保存されている。
展示効果

上記のようにこの村は現在の地方の惨状を全身全霊で動態保存している存在であるが、そもそも展示物の存在自体がよっぽどの地理マニアか展示事業を企画した役所くらいにしか知られていないために、一般人には、その存在がほとんど知られておらず、廃墟が人々の記憶の中から欠落するという演出までも展示されている。役所が一度始めた保管展示事業が簡単に廃止できるわけもなく、ここでも国税を垂れ流している。野迫川村を反面教師として、自らの将来に震え上がった岡山県西粟倉村や徳島県上勝町など一部自治体は、町村をなんとか維持することに成功している[3]
脚注^ グンマーのほうがまだ都会という説もある。
^ https://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/maindetails/911/82 国指定文化財等データベース、熊野参詣道小辺路
^ 特に上勝町は、葉っぱを販売して稼ぐというずいぶんとあれな方法を使っている。

関連項目

十津川村


過疎

地方
 ・話・ 日本

北海道 :新篠津村 | 歌志内市(人口のみ) | 神恵内村
東北 :DASH村 | 滝沢村 | 檜枝岐村 | 新郷村 | 六ヶ所村 | 東通村 | 無医村
関東 :度井仲村 | 東海村 | 派遣村 | 羽生蛇村 | 東秩父村 | 小笠原村 | (選手村)| 羽村
北陸 :弥彦村 | 刈羽村 | 舟橋村
中部 :雛見沢村 | 白川村 | 東白川村 | 栄村 | 白馬村 | 豊根村
近畿 :志摩スペイン村 | 魔界村 | 北山村 | 野迫川村
中国四国 :日吉津村 | お好み村 | 中村
九州沖縄 :もちだんご村 | 大村 | 十島村


更新日時:2022年4月20日(水)17:18
取得日時:2022/06/24 00:44


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef