逃がした魚は大きい
[Uncyclopedia|▼Menu]
逃がした魚を運よく釣った人。「君は二匹の魚を釣っている。しかし君は片方の魚を釣り損ねた。その魚は君より数倍は大きかった。」
? 逃がした魚は大きい について、君は牛を二頭持っている。

逃がした魚は大きい(に?さかな(うお)?おお)とは、「魚釣りをしている人間が魚を釣り損ねた時に限って、魚が大きい」という現象である。目次

1 氾濫する説

1.1 有力説

1.2 その他の説


2 関連項目

氾濫する説

この「逃がした魚は大きい」という現象については、諸説ある。
有力説
未だ発見されていない
幻の魚
「逃がした魚は大きい」という文を、「ニガシタ魚(ウオ)は大きい」という暗号であるという解釈をした説。「頭が賢いために普通の人間に釣りあげられることは不可能とされている幻の魚なのでは?」と提唱者は言っているが、釣れない魚は存在を証明することも否定することもできないため、悪魔の証明じゃないか、と嘆く人もいる。
シュレーディンガーの魚
「海から魚を釣り上げる時、その魚は釣り上げられて観測されるまで、小さい魚か、大きい魚かは決まっていない」という説。
強がり説
「敵が強すぎた」という言い草だが、第三者からみると「へえ、捕えられなかったんだ」と自分の無能ぶりをさらけ出しているだけだ。
その他の説
この現象に遭遇した人間の眼がおかしかった説
とにかく見た奴の眼とか頭がイカれてるんだ!!!・・・という説だが、これもあまり信憑性がない。
みんな全部間違ってる説
こんなの(他の説)はみんな出鱈目だ!人間の心理や科学的な現象で説明がつく!という説だが…提唱者が暗殺されたため無かったことにされている。
禍は転じて福となる説
「此れ何遽ぞ福と為らざらんや」
? 逃がした魚は大きい について、塞翁馬
中国の故事「塞翁馬」に当てはめて考えると、大きな魚を逃がしたという不幸な出来事は「風が吹けば桶屋が儲かる」ように、幸福へと転ずるという説。
大きい魚に限って逃すのは、物欲センサーが働いてるからだ説
物欲センサーを持ち出した説。最近提唱され始めた説だが、いまいち信憑性がなく科学的根拠が示されないことから、比較的マイナーな説になっている。
核実験で発生した巨大魚説
世界は今日も核実験を行うことがある。そのせいで突如一部の魚に変異がおきて、誰にも釣れないような巨大魚になったという説。
関連項目

慣用句




釣り

チャンス
3d32

更新日時:2017年9月18日(月)12:25
取得日時:2021/07/23 19:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3867 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef