[Uncyclopedia|▼Menu]
この記事は、en:Carから翻訳されたものです。 珍しい10輪車 典型的な車の故障

車(くるま)は、座席に座って目的地に到着するまで散歩する交通手段である。車は、かなり便利であるが、ガソリンがなくなって1、2時間以内にガソリンスタンドがないことに気付くと、怒る人もいるであろう。また、ガソリンの価格が上がると、車に腹を立てる人もいるかもしれない。しかし、子供が車に何かをぶつけたり(ほとんどの場合、子供に腹を立てている場合もある)、エンジンが故障したり、渋滞が発生したり、誰かにぶつかったりした場合は、もっと大惨事になることは言うまでもない。さらに、車が惑星サイバトロンからのエイリアンレースの一部であり、デストロンを破壊するために働いていることが判明した場合でも、さらに悪いことに...オートボットを破壊するために働いているデストロンだった場合は…。目次

1 歴史

1.1 疑惑の最初の車

1.2 2番目の車

1.3 最初の車で使用できたはずのパーツ

1.4 本当の最初の車


2 運転の問題

2.1 交通事故

2.2 飲酒運転

2.3 ながら運転

2.4 ガソリンの値段

2.5 トランスフォームしてしまう


3 関連項目

4 外部リンク

歴史
疑惑の最初の車 最初の疑惑の車の再現

最初の車は実際には「車」でさえなかった。フェルディナント・フェルビーストは1672年頃に最初に自動車の実用化に携わった。これは、皇帝のための長さ69cmの模型おもちゃであった。しかし、アリのような小さなもの以外のものを運ぶことも輸送することもできなかった。その結果、ほとんどの人が最初のホットウィールを発明したことでフェルディナント・フェルビーストを信用している。
2番目の車[編集 921 ]

2番目の車は「車」にさえ近くなかった。それは、実際には三輪車であった。1769年にニコラ・ジョセフ・カグノットによって発明され、本格的に機能していた。それは人々の場所さえ運んだ。しかし、それは車ではなかったので、Cognutsは最初の車のクレジットも与えられていない。
最初の車で使用できたはずのパーツ

1807年、ニセフォール・ニエプスと弟のクロードは、最初の内燃機関を発明した。しかし、愚か者は代わりにそれをボートに入れた。
本当の最初の車

1879年、カール・ベンツはエンジンの特許を取得し、最初の車を製造できるようになった。
運転の問題 5c05 これは、車が酔っぱらう方法の例である

車には非常に大きな問題がいくつもある。あなたが、20歳以上ならば、多かれ少なかれ多くの人がお酒は飲むであろう。しかし、運転手は、お酒を飲んだ後に、車を運転できない(法律で禁止されている)。

一方で、車はガソリンスタンドで、大量のガソリンと言う名のお酒を数十リットルもがぶ飲みしている(事実、ガソリンはアルコールと同じように引火する)。これは、車はガソリンという名のお酒を飲まないと燃料切れとなり、動く気にならない怠け者からである。そのため、車はいつも酔っぱらっていながら動いているのである。車は常に酔っぱらっているために、ブレーキを踏んでも衝突したり、雪でスリップしたりするのである。つまり、車に関連する事故はすべて、車が酔っ払っていることが原因で発生するのである。「DUI」の科学者は、車がたった1年で4,500リットルのガソリンという名のお酒を飲んでいることを証明した。事実、この過度に酔っ払った車のために、1年で1,000人以上の死者が出ている。
交通事故 やってしまった…。

たまに、自動車は事故(自動車事故とも呼ばれる)に遭遇することがあり、そこでは数人の命が失われる可能性がある。 交通事故が発生すると、被害者は実行者を訴える可能性があり、その結果、多額の現金を獲得し、場合によっては、彼らが実行者の生活を「わずかに」傷つけたという事実も得られる可能性がある。一方、双方が訴訟を起こした場合、一方が「あなたは私の車にぶつかった」と主張し、もう一方は「あなたの車が私にぶつかった」と主張する可能性がある。
飲酒運転

たまに、酔っ払った大人、酔っ払った10代、時には酔っ払った子供でさえ、飲酒運転に陥り、通常はマイケルベイ型の爆発を引き起こす可能性がある。飲酒運転は違法だが、とにかく多くの人が飲酒運転をしている。 飲酒運転事故の顕著な100%は、アルコール、冷静な運転者側の運転不良、または宇宙人の作ったロボットが別の宇宙人が作ったロボットを攻撃して飲酒運転者の邪魔をしたことによるものである。
ながら運転

交通事故のもう1つの主な原因は、運転中のスマートフォンの使用、いわゆるながら運転である。この種の事故は通常、10代の若者、特に10代の女性の運転を伴う。多くの情報源によると、自動車事故で最も多くの死者を出した原因となったテキストは、「笑う」を意味する単純な「(笑)」である。 これは、10代の若者が仲間とのコミュニケーションに使用する奇妙な言語の例である。
ガソリンの値段

車のもう1つの問題は、車に燃料を供給するために必要なガソリンの価格である。ガスがないと、車を押すか、警察に動かされるか、側面の穴にガソリンを追加するまで、車は動かない。ガソリンを穴に入れると、車に別の問題がない限り、ドライバーはもう一度運転することができる。
トランスフォームしてしまう

近年遭遇するもう一つの車の問題は、「敵」(惑星サイバトロンからの訪問者)との戦いで、外来種であることが判明した車の現象である。これらのエイリアンの戦士の最初のものは、2007年のアクションドキュメンタリー映画、トランスフォーマーに描かれている。ドキュメンタリーは、歴史的に正確なドキュメンタリーで彼のでたらめな映画を常にやり過ぎない現実主義者のマイケルベイによって監督されている。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「車」の項目を執筆しています。この記事「車」は何故か「自動車」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。この記事「」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

駐車場

駐車違反

自動車

クルルァ

ドライブスルー

外部リンク

自動車メーカー

この項目「車」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2022年5月11日(水)19:38
取得日時:2022/06/26 22:38


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef