足利義昭
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…る(足利バージョン)[編集]
君は牛を二頭持っている。織田信長は君の牛を二頭とも取り上げて京から追放する。

君は牛を二頭持っている。君は有力武士にせがまれ、ミルクを均等に分ける。次第に取り分が地方の有力な守護大名が多くなり、君の取り分が少なくなる。

君は牛を二頭持っている。地方で自立した戦国大名は君の牛を強奪していく。

銅閣寺建立[ 595 編集]

 義昭は金閣寺を建立した足利義満銀閣寺を建立した足利義政にならい、銅閣寺を建立したことでも有名である。新生足利王朝の樹立を記念し、パプアニューギニアに現在の価格にして1980円で建立された。

 その様相は名の通り全体を銅で組み、その上に予算の都合で黄色に塗った画用紙金箔を貼りつけたという、金閣寺以上の金ピカぶりであった。この件に関し義昭は「銅は金と同じと書いて銅と読む。」と発言し、物議を醸している。信長に散々負けたくせに 5cc 勝利宣言ばかり行う負けず嫌いがここにも現れているという批判も多い。また近年の調査によれば段ボールが主な建築材料であることが判明し、銅を使ったという主張さえ怪しいとされている。

 さらに調子に乗って十円玉銅貨の絵を銅閣寺にしろと造幣局に押しかけたがあえなく却下され、平等院にその座を奪われた。この件に関しても「信長の陰謀であることは間違いない」と義昭は主張している。
エクストリーム・信長包囲網[ 2238 編集]

 戦国時代は日本史上でも特にエクストリームスポーツが盛んだった時代であるが、中でも最大規模のものが義昭の開催したエクストリーム信長包囲網である。その競技内容は魔王と恐れられる織田信長に色々いけないいたずらをして反応を楽しむものであり、より怒らせた者が勝ちである。義昭による強引な勧誘もあって参加者は多く、非常に賑わった。その結果、茶釜を抱えて爆死した者鉄砲隊でフルボッコされた者鉄甲船でフルボッコされた者信徒を皆殺しにされた者一族郎党磔にされた者、凋落の一途を辿った者、ノコギリでスライスされた者、よく分からん雑兵に殺された者、便所で死んだ者家臣に裏切られて自害した者結局噛ませ犬で終わった者たち薄濃にされたり薄濃にされたり、薄濃にされたりする者、などハイスコアを叩き出す参加者が続出。さらには上記の一向宗以外からも宗教関連者からの参加があり、豪快に炎上して盛り上げ、非常にレベルの高い競技となった。

 ただし、やり過ぎて殺してしまうと失格になり、その場合三日以内に抹殺される。
功績

で、結局コイツ何したんだっけ?

そういえば、戦国時代はコイツが生まれてから始まってコイツが死んで終わったんだっけ?

「そうじゃ!つまり信長などではなく余こそが戦国の風雲児なのじゃ!余がいなければ戦国時代も無かったと言う事じゃ!もし余がいなければ
コーエーも今頃ネオロマンスで細々と食い繋いどったじゃろうな」
? 自らの功績 について、足利義昭

え?違う?何だ勘違いか。

というわけで、残念ながらコイツの功績はありません。

「ええい!お前はもう一度歴史を勉強し直さんかい!ついでに言うと、三島由紀夫は天皇陛下万歳と言って切腹したのではなく、「我が首を足利義昭公への供物とせん」と言って切腹したのじゃ。これ、まめちしきな。」
? 自らの功績 について、足利義昭
各界からのコメント「義昭いいいいい!貴様だけは絶対に許さああああんんんん!!!」
? 足利義昭 について、
足利義輝「こやつはクソじゃ!!俺の力を借りて京都に上り詰めたと言うのに、京都に着いた途端、俺に刃を向けるとは全くのクソじゃ!!」
? 足利義昭 について、織田信長「この人の世話するのホント疲れた…。」
? 足利義昭 について、細川藤孝「将軍にしては風格なさすぎってレベルじゃねーぞ!!」
? 足利義昭 について、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ 「始皇帝に孔明よ。そもそも主君がアホなのは、親父や宰相に問題があるのだ。たわけどもが!!」
? 足利義昭 について、朱元璋「この者のように独り身で流浪の晩年を生きるほど虚しい事はあるまいて。多くの一族同胞が末路を共にしてくれただけわしは幸せじゃのう。」
? 足利義昭 について、北条高時「こやつの見苦しい抵抗に比べたら、俺の 166a 敵前逃亡の方がまだ空気読めてる行為だよね。」
? 足利義昭 について、徳川慶喜「いや、それはない。」
? 慶喜の発言 について、小栗上野介
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「足利義昭」の項目を執筆しています。足利義昭が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/武将」へ収録されています。
足利義昭関連


戦国時代

織田信長

ラストエンペラー


北条守時源北条王朝

足利義昭(足利王朝

徳川慶喜徳川王朝

天皇裕仁大日本帝国

愛新覚羅溥儀(清朝)

バオダイ(阮朝)

ニコライ2世(ロシア帝国)

ヴィルヘルム2世(ドイツ帝国)

ウンベルト2世(イタリア王国)

c47 ハイレ・セラシエ(エチオピア革命の廃帝)

先代
足利義栄
1568年足利幕府将軍
足利義昭
1568年-1573年次代
(王朝崩壊)



更新日時:2020年11月1日(日)18:46
取得日時:2021/06/20 11:51


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:23 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef