西遊記
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…内容[編集]西遊記は、一般的に江戸時代の文化風俗、各地の異聞伝聞を事細かに記した書物として名を知られている。その内容について、医者としての立場から、気候や食文化がその土地における風土病と密接に関わるかといった視点から、齢百数十歳を越える仙人や山中にて一人、雑穀をまったく取らずに生存する農民の翁の話、さらには旅の中で得た動植物の薬効に関する話など、その内容は多岐に渡っている。

その中で最も後世に影響を与えた内容として、西遊記にはツチノコに関する記述が存在し、現時点で唯一といってよい、本物のツチノコを発見した明確な証拠として現在に伝えられている。これはツチノコの肝は万病に効くと信じた作者が、筑前の国、現在の福岡県で実際にツチノコの死体を確認しているとの本書の記述によるものである。ただし、その死体は長く土中にあったため、すでに腐敗しており、作者が追い求めたツチノコの肝は得ることはかなわなかった。しかし、各地の奇異奇譚を記した本書であるけれど、そのほとんどが伝聞による中で、実際に作? 47c7 ??がツチノコを見たという話が、その後、1970年代に突如現れるツチノコブームに与えた影響は大きい。

その他にも、本書では本来他国の人間は入国禁止であった薩摩藩内部の情報も掲載。これは、作者が最先端の医学知識を持つ医者であることから、特例として入国を認められたと思われる。
評価

西遊記は、江戸の庶民に一般的に知られている伊勢や京、大阪より先の国々の情報について詳細に記した書物として、大きな反響を呼び、その結果、続編である「東遊記」以下2編の紀行本が続けざまに刊行されることになる。西遊記以降、日本各地の伝説や風俗を伝える書物が続々と刊行されることになり、十返舎一九の東海道中膝栗毛や鈴木牧之の北越雪譜のように、現代にまで伝えられる大ベストセラーも生まれている。
つまるところ、こういうことである

なお、アンサイクロペディアにおいて上記の堅っ苦しい文章は、以下の一文を証明するためだけに存在する。

西遊記には本当にツチノコが出てくる。
関連項目

お前じゃない

ツチノコ


更新日時:2021年1月23日(土)00:39
取得日時:2021/06/12 15:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6027 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef