良心
[Uncyclopedia|▼Menu]

良心(りょうしん)とは体の臓器のひとつで、悪心と二つ合わせて通称心臓と呼ばれている。
概要

には「酸素を取りこむ」、腸には「食物を消化・吸収する」といった有益な機能がある。しかしこの良心は「ただただ痛む」ためだけにそなわっている器官である。そんな損な役回りのせいもあってか、整形がはびこる現代では良心切除と呼ばれる手術(保険適用外)が盛んに行われている。法外なと良心を失った人は痛みに苦しまなくなって人生が楽になると話題となり、若者の財布から抜き取った金で良心切除を行うケースが増えており、若者の健全な発育の問題になっている。
切除された良心の行方

良心切除はそこまで複雑な手術ではないので、そこらじゅうにヤブ医者が蔓延っており、正規の医者とヤブでその後の用途が異なる。

正規の整形外科
切除された良心は新鮮なまま運ばれ、刑務所脇の医療施設で犯罪者に移植される。だが「良心切除」をするような人の良心はたいしたサイズではないため、2個から3個を同時に犯罪者の胸に押し込む。その際、犯罪者が刑期を終えても簡単に良心切除を行わないように、しっかりと良心が本人に定着してから刑期を終えるように注意を払っている。

ヤブ医者
切除後は大きさ、綺麗さによって等級がつけられ、仲卸に渡り、そこから料亭や鉄板焼き、寿司屋などに流される。A等級の良心は滅多に出回らないため、高級な寿司屋の裏メニューとして出てくることが多い。その甘味と旨味は、ウニの旨味と松阪牛のジューシー感、そして松茸の香りを足したかのようであり、贔屓にしている大物の事象グルメ政治家からは「そこらの違法薬物より中毒性がある。とてもこれなしでは生きていけない」とも言わしめる味とされる。C等級以下は比較的安価なため、庶民の店でも流通している。C以下はホルモン扱いの焼き物か煮込み料理として出てくることが多く、「ツウカク(痛覚)」という隠語で頼むことで提供される。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「良心」の項目を執筆しています。



心の中

心臓

正義

人造人間キカイダー

この項目「良心」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
75a

更新日時:2022年9月3日(土)20:28
取得日時:2022/09/26 01:21


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4084 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef