舒明天皇
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…に弔辞を読んで貰える[編集]舒明天皇は前述通り、641年に50歳前後という? b5a ?年で崩御した。そして盛大に大葬が行われ、その時、息子の中大兄皇子が父親への弔辞を読んだ。これについては史書に書かれている。もし、マスオさんが天寿を全うしたあと、タラちゃんはマスオさんの弔辞を読むのだろうか…
唯一、マスオさんではない気質

舒明天皇とマスオさんの唯一の目立った違いを示す和歌が万葉集に収録されている。

 大和には 群山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あめ)の香具山
 登り立ち 国見をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立ち立つ
 海原は かもめ立ち立つ うまし国ぞ 蜻蛉島 大和の国は

壮大気宇な内容である。マスオさんにはさすがにそのような思考回路はないと思われる。その一方で舒明天皇は、とても視力が良かったとこの和歌から推測されるのである。具体的にしめすとという、大和の国にはありえない、それ以外の国の地理的特徴まで詠んでしまったからだ。現在の大阪湾まで見通したら、推定視力500。もし紀伊半島方面の海だったら、推定視力650?800、若狭湾だとしたら推定視力1400前後になると思われる。もし、琵琶湖を海と間違えてみたとしても、推定視力は370前後になると思われるので、極めて視力が良かった、という事も推定できるのである。
さらに補足[ b29 編集]

どうやら、百人一首の裏バージョンにもこの人の和歌が収録されているようだ。
夕されば小倉の山に鳴く鹿は今宵は鳴かず寝ねにけらしも 〔万葉集〕
普段は鳴いているはずの鹿の鳴き声がしない、その鹿はもう寝てしまった、という内容の和歌である。
ただ、なーむくんがライバルのせんとくんたちを想起して小倉の山周辺にいる鹿を退治してしまった懸念もあるという話も伝わっている。
真相はどうやら不明だが、舒明天皇が鹿の様子に気が付くという、案外細やかな神経の持ち主であろうと言うことは想像できる。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「舒明天皇」の項目を執筆しています。

サザエさん

マスオさん

bb6 必殺仕事人

中村主水

昼行灯

大石内蔵助

助命嘆願

小倉百人一首

仏教

百済

オスマン・サンコン

欽明天皇

用明天皇

推古天皇

万葉集

雄略天皇

斉明天皇

天智天皇

天武天皇

先代
推古天皇天皇
舒? 6cc ??天皇次代
皇極天皇


更新日時:2018年4月23日(月)20:58
取得日時:2021/09/07 08:37


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef