[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…その他[編集]上述のような、公的に決定される衣服としての罪だけでなく、宗教などによって定められる衣服の形もある。たとえば同性愛はキリスト教上の罪とされ、教徒らから強い関心を向けられること間違いなしである。他にも、尊属殺人のように、公的にも罪とされるものの衣服としての機能が異なるものや、また左手を使うことなどのように他社会ではごく普通のものであることもある。
依存性

罪は、衣服でありながら強い依存性を持つことが知られている。一度着てしまうと脱ぐことができず、しかも社会的に注目を受けてしまうために自由な行動が制限され、もう一度着ることを余儀なくされる場合がある。これは自ら罪を着ているわけではないので依存性は認められないが、一方で一部の人間は罪を着ることそのものに魅力を見出し、幾度となく罪を着る場合がある。罪は同じものであることが多いが、様々な服に手を出すオシャレさんもいる。
関連項目

犯罪

宗教

政治

ドストエフスキー

レ・ミゼラブル
12c2

更新日時:2021年6月2日(水)13:40
取得日時:2022/01/17 10:55


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5942 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef