[Uncyclopedia|▼Menu]

罪とは、衣服のひとつ。これを着たり被ったりすると、社会から熱い視線を向けられ、また新聞テレビでも取り上げられるなど有名人になることができる。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「罪」の項目を執筆しています。目次

1 歴史

2 定義

2.1 イギリス・アメリカ

2.2 西欧

2.3 日本

2.4 その他


3 依存性

4 関連項目

歴史

この罪という衣服の起源がどこにあるのかということについて、統一的な見解はいまだに得られていない。しかし非常に有力な学説とみなされているのがキリスト教の見地から説明するもので、アダムとイブが知恵の実を食べたことで神から賜ったものがこの世で初めての罪であるとされる。罪を着た彼らは現世に降り立ち、子孫を残していった。そして子孫らは見よう見真似で、ときに改変しながら罪を継承した。ある者は無自覚のうちに着、またある者は他人に被せることもあり、罪が完全に放棄された時代は存在しなかったとされる。またこの衣服は非常に地域性が高いもので、自分が普段身に着けているものが他地域では罪として扱われているというケースも少なくない。したがって、その地域において罪がどのような服であるかを認識することは極めて重要である。
定義

これがどのような衣服であるか、つまり見た目・機能については様々な決定の仕方がある。ここでは、特徴ごとに区切って説明する。
イギリス・アメリカ

議会制が早くから発達した同地域では、話し合いでファッションを決めていったこともあり具体的な言葉で罪を定義することが少なかった。したがって、ファッション雑誌は薄くなり、また重要度も低くみられる。この地域において罪がいかなるものであるかを見極めるためには、イギリスの慣習、常識を正確に体得する必要がある。ただしこのように、民間レベルでファッションが形作られるという経緯から、公的に罪を着せられるというケースは少ない。むしろ、自分が無自覚のうちに罪を着ていて、周囲の人物から熱い視線を受けることが大半である。
西欧

話し合いよりも公的機関による押しつけを好む同地域では、ファッション雑誌が非常に厚くなることが多かった。このため、上述した英米とは逆に公的機関により正式に罪を着せられる場合が多い。一度罪を着るとそのことは身分証明書にも記載され、一般市民は誰がこの服を着ているのか知ることが容易である。そのうえ、ジャン・バルジャンのように何枚も着こんでしまうと市民から距離と一目を置かれることになる。
日本

明治時代にいたって猛烈な近代化に邁進した日本は、先述の英米・西欧の折衷を行おうとした。しかし結果としてファッション誌は無駄に厚く、一方で慣習によるファッションの規 598 定も行われているために非常に複雑である。例えば不倫のように、雑誌上は時代遅れとされたものでも慣習上罪とみなされるものもあり、服選びには慎重にならなければならない。
その他

上述のような、公的に決定される衣服としての罪だけでなく、宗教などによって定められる衣服の形もある。たとえば同性愛はキリスト教上の罪とされ、教徒らから強い関心を向けられること間違いなしである。他にも、尊属殺人のように、公的にも罪とされるものの衣服としての機能が異なるものや、また左手を使うことなどのように他社会ではごく普通のものであることもある。
d66 依存性

罪は、衣服でありながら強い依存性を持つことが知られている。一度着てしまうと脱ぐことができず、しかも社会的に注目を受けてしまうために自由な行動が制限され、もう一度着ることを余儀なくされる場合がある。これは自ら罪を着ているわけではないので依存性は認められないが、一方で一部の人間は罪を着ることそのものに魅力を見出し、幾度となく罪を着る場合がある。罪は同じものであることが多いが、様々な服に手を出すオシャレさんもいる。
関連項目

犯罪

宗教

政治

ドストエフスキー

レ・ミゼラブル


更新日時:2021年6月2日(水)13:40
取得日時:2021/11/17 13:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5941 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef