絶滅危惧種
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…愚劣な存在である[2]。
保護活動

人類による手厚くも寛大なる保護を受けるべき劣弱なる劣等生物のリストは、偉大なる同士たる環境省のレッドデータブックに? 4dd1 ?っている。世界に跨り活動する我々人類の慈悲の証たるワシントン条約に則って記されたそれをしっかりと守り、賤劣にして卑劣な下等生物達にも生きることのできる場所を与えてやることが、誇り高き人類が行うべき至高なる生物活動である。全ては生物多様性を守るという簡略にして深遠なる目的のためであり、別に希少種なんぞが滅んだ所で生態系に一切の支障はないだとか、そもそも多様性なんて守ってどうすんの、などという戯言を吐くようなことは断じて許されるものではない。上述した通り、全ての頂点たる人類は有象無象の他生物などとは一線を駕する絶対の存在であり、地球などという矮小な一惑星の生態系程度は、本来なら世界の遥か高みより悠々と管理・観察することをやって然るべきなのである。にも関わらず、このような土臭い穢れた大地の上などで暮らさねばならないという明らかな不遇を受け入れるほどの、荘厳にして超然たる謙虚の心を人類は持っているのだから、そのような優美なる我々への感謝の念すら感じられるか判らないほど低脳で庸劣な原始生物に対しても、相応のそれをもって接してやるのが理というものであろう。地球に寄生しなければ生きてもいけない一哺乳類が何言ってるんだ、などと妄言を吐き散らす輩を稀に見かけるが、自らの偉大性にすら気付けないようではその辺の劣悪で下種な劣等生物と同じ扱いをされても全く文句を言えないというものである。
脚注^ この「神」とやらを存在すると主張しているのは人類くらいのものだが、気にしてはならない。人間は究極の存在である。
^ 名前をつけたのも使っているのもやはり人類くらいのものだが、気にしてはならない。人間は究極の存在である。

関連項目

人間

馬鹿

傲慢

自然淘汰

生きた化石

絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約


更新日時:2017年9月9日(土)03:08
取得日時:2021/11/20 20:07


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7391 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef