箕面市
[Uncyclopedia|▼Menu]

箕面市(みのおし)は、大阪府摂津人自治区の超高級住宅地として名高い、との内戦が続いている都市である。その英語表記は、MinoとかMinohとかMinooとかMino-oとか一致しない。

小学生には「私たちのまち 箕面」という教典が配られ、対他学校戦争を勃発させられる。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「箕面市」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「箕面市」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒箕面市」の項目を執筆しています。目次

1 地理

2 歴史

2.1 猿との戦い

2.2 現在

2.3 未来


3 関連項目

地理

山には異様に紅葉が生えていて滝が流れていたりするが、ポンプで汲み上げた水を使う人工の滝である。箕面市街の向こうは猿が支配する山中であり更にその向こうは止々呂美と呼ばれる片田舎が広がる。

止々呂美とは、太古から宮崎アニメの怪獣の様な奴を見かける事が出来る程田舎である為と言われている。田舎というより山中に道が走っているだけ。箕面からより池田市から行った方が早いが、行く必要がない。

近隣都市は、獣っ子&姉妹丼萌え池田市、大阪の忠実な手下豊中市、母ちゃんおなかが吹田市、「茨城じゃねえ!」こと茨木市、能勢の影武者こと豊能町、源氏だらけの川西市である。
5a0 歴史

古くから猿が暴れている地として有名であった。近畿で「猿」といえば「箕面」と同義語と考えられている。

大阪で古くから愛されている古典的な文学作品『じゃりン子チエ』にも記述があり作中で大阪市西成区周辺まで猿の軍団が攻め込みおせち料理等の被害を出し討伐軍として二匹が編成されている。

時の帝は猿に対抗するため屈強な修行僧を派遣するに至ったと言われる。勝尾寺の由来である。

1956年の市制発足以来も戦いは続いており、現在も激しい攻防が続いている。
7121 猿との戦い

突如猿が人間に牙を向いたとされており宣戦布告はなされていない。

猿が攻め込んだ理由は「彩都」や「箕面森町」に代表される人間の開発が進んだからとも山に餌がなくなったからとも言われているが、この電撃的な侵攻において市の中心部は陥落。支配地域の人間は猿に支配され奴隷の身分に落とされ略奪・暴行を受けた。

生き残った人間はレジスタンスとして地下に潜伏するか南部の牧落周辺に立てこもり交戦を続けた。すぐさま近隣に軍の派遣を求めたが猿の脅威を知る近隣の都市は報復を恐れ、これを拒否した。

正規軍は派遣できないので仕方なく義勇軍として猟友会、イカリスーパーの店員、阪急タクシーの運転手、陸上自衛隊等が派遣された。戦況は硬直し一進一退となり人間側は国道171号線を阻止限界線として攻防を行った。特に萱野立体交差付近での戦闘は人側・猿側にも多くの被害を出す激戦となった。戦局が変わったのは箕面川西岸、桜ヶ丘での戦いであった。偶然ローソンに買い物に来ていた自衛隊の74式戦車が猿の中でも精鋭部隊とされるサルモネラ一家(高額の賞金がかかっている)と会敵、そのまま戦闘になり、激闘の末サルモネラ一家を壊滅に追い込むことに成功した。自衛隊は賞金で装備を買ってもらえると思ったが、国庫に取り上げられ最終的にF-15を買うのに使われてしまう。後に猿側はこの敗北について「キー!戦車とかズルイ!」と述べている。

この件で人間側の士気が高まり勢いづいて箕面市役所、箕面駅、箕面スパーガーデンと立て続けに拠点を奪取、猿側はいったん撤退し現在でも箕面展望台周辺に布陣を続ける。
現在

猿との戦争による被害は大きいが町は着実に復興されている。

激戦区として名高い萱野では戦勝記念として箕面マーケットパークvisolaをつくり戦闘で散った幾多の英霊を忍びながら夕食の買出しに来る人々で渋滞を作っている。そんなvisolaもQs mall成るものに変化した。その建物のキャラクターがフランス風なのは敷地内のイオンがカルフールだったんだよと猿共に教える為。キャラクターは熊。くまもんとは似て非なる者。

しかし現在でも猿とは交戦状態であり箕面公園内の猿に餌付けすると文化財保護法、動物愛護法及び鳥獣保護法違反となり外患誘致罪として死刑に処せられる。

ここは今でも「箕面山ニホンザル生息地」が国指定の天然危険物として指定されている事を忘れてはならない。

かように戦闘地域である為、勿論人間もあの手この手で抵抗を続けている。市外の勢力に取り込まれることにより猿を駆逐するというねらいのため市長自ら無防備都市宣言を提案したり猿がシステムをクラックして人間になりすますおそれがあることから住基ネットを頑なに反対していることは記憶に新しい。
未来

人間と猿が交差する街、箕面市の行方は北大阪急行がかやの中央まで延伸され猿の居場所が無くなる。そして新名神高速道路が箕面の山を直撃する事により猿は行動不能になる。このままでは箕面市の山々は裸になってしまうとされる。
関連項目

阪急王国

大阪大学
  日本都市

北海道 :札幌市 | 江別市 | 千歳市 | 北広島市 | 小樽市 | 函館市 | 室蘭市 | 苫小牧市 | 登別市 | 夕張市 | 岩見沢市 | 美唄市 | 三笠市 | 滝川市 | 歌志内市 | 富良野市 | 旭川市 | 留萌市 | 稚内市 | 紋別市 | 北見市 | 網走市 | 帯広市 | 釧路市 | 根室市 | 八雲町 | 蘭越町 | 鷹栖町 | 弟子屈町 | 長万部町 | 喜茂別町 | 倶知安町 | 大空町 | 枝幸町 | 雄武町 | 斜里町 | 神恵内村 | 新篠津村
青森県 :青森市 | 弘前市 | 八戸市 | 黒石市 | 五所川原市 | 三沢市 | むつ市 | おいらせ町 | 新郷村 | 六ヶ所村 | 東通村
岩手県 :盛岡市 | 釜石市 | 宮古市 | 花巻市 | 奥州市 | 北上市 | 平泉町 | 滝沢村 | 気仙沼市
宮城県 :仙台市 | 石巻市 | 気仙沼市 | 白石市 | 名取市 | 角田市 | 登米市 | 大崎市 | 美里町 | 南三陸町 | 柴田町
秋田県 :秋田市 | 能代市 | 横手市 | 北秋田市
山形県 :山形市 | 米沢市 | 三川町
福島県 :福島市 | 会津若松市 | 郡山市 | いわき市 | 白河市 | 喜多方市 | 相馬市 | 本宮市 | 田村市 | 棚倉町 | 矢祭町 | 浪江町
茨城県 :水戸市 | 日立市 | 土浦市 | 古河市 | 石岡市 | 小美玉市 | 龍ケ崎市 | 取手市 | 牛久市 | 鹿嶋市 | 守谷市 | かすみがうら市 | つくばみらい市 | 大洗町 | 棚倉町 | 東海村 | 常総市
栃木県 :宇都宮市 | 足利市 | 栃木市 | 佐野市 | 鹿沼市 | 日光市 | 下野市 | さくら市 | 小山市 | 真岡市 | 大田原市 | 西那須野市 | 市貝町 | 壬生町 | 高根沢町
群馬県 :前橋市 | 高崎市 | 桐生市 | 伊勢崎市 | 太田市 | 大間々市 | 沼田市 | 館林市 | 渋川市 | 富岡市 | 安中市 | みどり市 | 中之条町 | 草津町
埼玉県 :さいたま市 | 川越市 | 熊谷市 | 川口市 | 行田市 | 所沢市 | 飯能市 | 東松山市 | 春日部市 | 狭山市 | 草加市 | 越谷市 | 蕨市 | 入間市 | 和光市 | 新座市 | 朝霞市 | 深谷市 | 坂戸市 | 羽生市 | 久喜市 | 富士見市 | 鶴ヶ島市 | 日高市 | 三郷市 | 幸手市 | ふじみ野市 | 秩父市 | 三芳町 | 毛呂山町 | 鳩山町 | 滑川町 | 川島町 | ときがわ町 | 嵐山町 | 吉見町 | 東秩父村
千葉県 :千葉市中央区 | 花見川区 | 稲毛区 | 美浜区) | 銚子市 | 市川市 | 船橋市 | 館山市 | 木更津市 | 松戸市 | 野田市 | 茂原市 | 成田市 | 佐倉市 | 東金市 | 津田沼市 | 柏市 | 市原市 | 八千代市 | 我孫子市 | 浦安市 | 匝瑳市 | 勝浦市 | 流山市 | 香取市 | 四街道市
東京都特別区 :(江戸) | 千代田区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区
東京都 :八王子市 | 府中市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 小金井市 | 東村山市 | 東久留米市 | 国立市 | 国分寺市 | 調布市 | 狛江市 | 稲城市 | 多摩市 | 7ffa 羽村市 | 西東京市 | 小平市 | 小笠原村
神奈川県 :横浜市中区) | 川崎市幸区 | 多摩区 | 麻生区 ) | 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 相模原市相模湖町) | 町田市 | 三浦市 | 厚木市 | 大和市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 大船市 | 葉山町 | 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町 | 愛川町
新潟県 :新潟市 | 長岡市 | 上杉市高田市) | 三条市 | 柏崎市 | 新発田市 | 小千谷市 | 加茂市 | 十日町市 | 村上市 | 燕市 | 糸魚川市 | 妙高市 | 胎内市 | 巻町 | 津南町 | 刈羽村 | 弥彦村 | (佐渡島
富山県 :富山市 | 高岡市 | 魚津市 | 滑川市 | 黒部市 | 砺波市 | 氷見市 | 小矢部市 | 上市町 | 舟橋村
石川県 :金沢市 | 七尾市 | 小松市 | 羽咋市 | かほく市 | 白山市 | 能美市 | 野々市市 | 珠洲市 | 加賀市 | 内灘町 | 能登町 | 中能登町 | 津幡町
福井県 :福井市 | 敦賀市 | 小浜市 | 大野市 | 鯖江市 | 美浜町
山梨県 :甲府市 | 富士吉田市 | 大月市 | 南アルプス市 | 北杜市 | 上野原市 | 西桂町
長野県 :長野市 | 松本市 | 上田市 | 岡谷市 | 飯田市 | 諏訪市 | 小諸市 | 大町市 | 茅野市 | 東御市 | 伊那市 | 軽井沢町 | 飯綱町 | 栄村 | 白馬村
岐阜県 :岐阜市 | 大垣市 | 高山市 | 関市 | 各務原市 | 瑞穂市 | 飛騨市 | 本巣市 | 下呂市 | 郡上市 | 笠松町 | 坂祝町 | 関ケ原町 | 雛見沢村 | 白川村 | 東白川村
静岡県 :静岡市葵区 | 駿河区 | 清水区 | 清水市) | 浜松市 | 沼津市 | 熱海市 | 三島市 | 富士宮市 | 島田市 | 富士市 | 焼津市 | 掛川市 | 藤枝市 | 裾野市 | 伊豆市 | 伊豆の国市 | 磐田市 | 袋井市 | 御殿場市 | 伊東市 | 下田市 | 長泉町 | 河津町
愛知県 :名古屋市中川区) | 豊橋市 | 岡崎市 | 138市 | 瀬戸市 | 安城市 | 豊川市 | 刈谷市 | 豊田市 | 犬山市 | 蒲郡市 | 岩倉市 | 津島市 | 清須市春日町) | 北名古屋市 | みよし市 | 豊根村
三重県 :津市 | 四日市市 | 伊勢市 | 松阪市 | 鈴鹿市 | 尾鷲市 | 志摩市 | 伊賀市 | 亀山市 | 鳥羽市
滋賀県 :大津市 | 彦根市 | 長浜市 | 近江八幡市 | 甲賀市 | 米原市 | (琵琶湖
京都府 :京都市 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 長岡京市 | 木津川市 | 向日市 | 大山崎町
大阪府 :大阪市 | 堺市 | 岸和田市 | 高石市 | 和泉市 | 豊中市 | 池田市 | 吹田市 | 高槻市 | 枚方市 | 門真市 | 茨木市 | 箕面市 | 摂津市 | 豊能町 | 島本町
兵庫県 :神戸市 | 姫路市 | 尼崎市 | 明石市 | 西宮市 | 芦屋市 | 伊丹市 | 丹波篠山市 | 豊岡市 | 赤穂市 | 西脇市 | 宝塚市 | 高砂市 | 川西市 | 三田市 | 宍粟市 | 播磨町 | 新温泉町淡路島
奈良県 :奈良市 | 大和高田市 | 大和郡山市 | 天理市 | 橿原市 | 生駒市 | 平群町 | 王寺町 | 野迫川村
和歌山県 :和歌山市 | 新宮市 | 海南市 | 田辺市 | 御坊市 | 那智勝浦町 | 北山村 | 上富田町
鳥取県 :鳥取市 | 米子市 | 倉吉市 | 境港市 | 南部町 | 日吉津村
島根県 :松江市 | 浜田市 | 出雲市 | 山陰市
岡山県 :岡山市大都会岡山)| 倉敷市 | 津山市 | 瀬戸内市 | 浅口市 | 高梁市 | 笠岡市
広島県 :広島市 | 福山市 | 呉市 | 東広島市 | 尾道市 | 廿日市市 | 岩国市 |(初音島
山口県 :山口市 | 下関市 | 宇部市 | 長門市 | 上関町
徳島県 :徳島市 | 鳴門市
香川県 :高松市 | 丸亀市 | 満弦ヶ崎市 | 宇多津町 | 小豆島町
愛媛県 :松山市 | 今治市 | 宇和島市 | 八幡浜市 | 新居浜市 | 四国中央市
高知県 :高知市 | 中村市
福岡県 :福岡市早良区)| 北九州市門司区 | 八幡西区 | 八幡東区)| 大牟田市 | 久留米市 | 宮若市 | 直方市 | 飯塚市 | 芦屋町 | 宇美町 | 篠栗町 | 久山町
佐賀県 :佐賀市 | 唐津市 | 鳥栖市 | 有田町
長崎県 :長崎市 | 佐世保市 | 島原市 | 大村市 | 雲仙市 | 対馬市
熊本県 :熊本市 | 八代市 | 玉名市 | 上天草市 | 宇城市 | 天草市
大分県 :大分市 | 別府市 | 日田市 | 佐伯市 | 由布市
宮崎県 :宮崎市 | 都城市 | 延岡市
鹿児島県 :鹿児島市 | 薩摩川内市 | 鹿屋市 | 阿久根市 | 霧島市 | 南九州市 | 志布志市 | 十島村
沖縄県 :那覇市 | コザ市 | 宜野湾市 | 浦添市 | 名護市 | 豊見城市 | (宮古島) | (与那国島)
朝鮮 :ソウル特別市 | 仁川市 | 平壌市
満州 :新京市 | 哈爾濱市
華北・華中 :南京市 57e7
台湾 :台北市 | 台中市 | 高雄市 | 台南市
樺太 :豊原市 | 落石市 | 新樺太市 | 真岡町 | 能登萌町 | 敷香市 | 奥端市


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:50 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef