社会人
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…労働内容[編集]社会人には夢と希望を消費して、無機質な商品を大量生産することが求められる。日々の労働は単純作業の繰り返しであり、しかも誰の役にも立たないものである。

誰も目を通さないような大量の書類の作成。

数時間に渡ってモニターを凝視しながら、不自然に指をカチカチ動かす。

求められていない客の元に、求められていない商品の説明にいく。

不可能と思えるほど人間が詰まった電車に、自らを犠牲にしてさらに人間を詰め込む。

仕事で大事なのは、おカネよりもやりがいだという洗脳を受けて自らを犠牲にする。

また、人々のストレスの捌け口として以下のようなボランティア活動を行う事も義務づけられる。

上司に嫌みをいわれる。

顧客に嫌みをいわれる。

家族に嫌みをいわれる。

同僚に陰口をいわれる。

部下に陰口をいわれる。

親父狩りに遭う。

痴漢と間違われる。

労働時間

社会人の人権に配慮して、労働時間は一日8時間の週休2日制となっている。この配慮に感謝して社会人は毎日最低2時間、無理な場合は休日返上で社内ボランティア活動を行なう事が社内の慣わしとなっている。これだけではまだまだ感謝が足りないので、社会人は毎朝夕の約1時間、満員電車にその身を詰め込んで自らの不甲斐なさを反省する(牛詰めの刑)。しかし、一部の覚醒者によって毎朝の通勤帯の人身事故(とびこみじさつ)は絶えない。もちろん、彼らに人権はないので誰もこれに文句を言うことはできない。むしろ、炊事洗濯や食事や入浴や睡眠のための自由時間が残されている事に感謝すべきである。
給与 この人の収入と比べると…

奴隷身分ではあるが、一応労働の対価として給与が支払われている。しかし、その金額はすずめの涙程度であり、時給換算で計算すると最低賃金の半額を下回るような状態である。一部には年中無給という言葉が生まれるほどである。さらに、その少ない賃金も重い税金や奴隷服の調達費・日々の生活費に費やされ、実際に自由に使える金額は10分の1程度になっている。
関連項目

経団連

ブラック企業

社畜

労道

サービス残業

労働基準法

サラリーマン


更新日時:2019年3月28日(木)20:30
取得日時:2021/06/10 11:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9386 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef