石田三成
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

… 石田三成の最期の姿である。

捕らえられた三成は市中を引き回しにされたり1000個のパイを顔面に投げつけられたりゲロゲーロに飲み込まれて体内で胃液に溶かされそうになったりと弄られまくった。

しかしその最中も三成は堂々とした態度を保っていた。もっともムカツク雑兵に「干し柿要らんか?」と言われた時は、「健康に悪いから要らん!」と突っぱねたのだが、「おいおい、もうすぐ死ぬのに健康も何も無いだろ」とツッコミを入れられて赤っ恥をかく一幕もあったが、この時は舌先三寸でごまかした。

家康はその三成の辱めを受けても堂々たる態度に感動して落涙したと言う(これは狸芝居だったと言う説もある)。しかし流石に飽きてきたので夕暮れ時に六条河原に敷かれた六畳の畳の上で斬首された。最期の言葉は「三成死すとも自由は死せず」だったと言う。斜陽の豊臣政権を最後まで支えたサムライの死に全米の腐女子が泣いたという。
人物

いわゆる能吏として語られることが多いが、三成自身は「俺は
官僚であるよりサムライでありたい。一日中書類を書くより地雷原の中丸裸でぴー」と語っていたという。これは数に転んでしまう典型的な能吏である長束正家増田長盛とは明らかに違う点であり、このことから三成はオタク腐女子問わず人気が高い。

三成は実は猫の化身だったという説がある。あのツンデレぶりも猫であるならば納得できる。島左近もまた実は猫であったらしく、現在の佐和山城近辺でその姿を模した神像を見ることができる。

現在大阪城に保管されている肖像画から身長の推測が行われ、1hydeであると試算された。


この項目「石田三成」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)


更新日時:2021年5月1日(土)20:08
取得日時:2021/07/27 18:17


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef