石炭
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…石炭の合成方法[編集]ダイヤモンドは、ハート、クラブ、スペード、および非常にまれにジョーカーによって汚染されているか、混ざっている状態で、自然界によく見られる。これらは、強力な遠心分離機でろ過する必要がある。分離されると、生のダイヤモンドは巨大な工業用ダイヤモンド破砕機にロードされ、細かいキラキラ光る粉末に破砕される。その後、ダイヤモンドの粉は溶けて50億年の間放置され、固化して不規則な黒い塊になる。石炭が自然に発生する唯一の場所は、ランカシャーとベルギー領コンゴである。初期のランカスター朝は、石炭の価値に気づかず、かつてテラスハウスの外観を黒くするための装飾材料として石炭を使用していたと噂されている。
石炭からのエネルギー

不潔な石油とは異なり、石炭は完全に安全で環境に優しく、完全にクリーンなエネルギーである。その最も普及している用途は、スペースシャトルの主要な推進力としてである。あまり知られていない燃料は、冷たく青みがかった炎を発する無煙、無熱の石炭であるコークスである。コークスは燃料としては役に立たないが、ランカストリアンは今では家を黒くするためにそれを使用している。

石炭はスーパーパワーを持っている。きかんしゃトーマスに聞いてください。
スーパーマンの石炭スキャンダル

1983年、スーパーマンは貴重な石炭の塊を密かに食べ、超消化管を使ってそれを円筒形のダイヤモンドペレットに変換し、後にノベルティアイテムとして販売したとして逮捕された。法廷で生きるために何らかの形の生の炭素を食べる必要があると主張した後、スーパーマンは有罪となり、地球への社会奉仕の終身刑を言い渡された。それ以来、製造されたすべての石炭は、口当たりを悪くするために、微量のクリプトナイトを含めることが法律で義務付けられている。
石炭とクリスマス[ b95 編集]

サンタクロースとしても知られるクネヒト・ループレヒトは、何世紀にもわたって違法に石炭を配っている。彼と彼の「トナカイ」は、クリスマスの12月25日に石炭を売って世界中を旅している。クネヒト・ループレヒト及び彼の従業員は、一年中何百万人もの人々、主にキリスト教徒を監視して、彼らが良い子なのか悪い子なのかを確認している[1]。彼らがリストを作成し、それを2回チェックすると、彼らは特定の方法で人々の家に行く。クネヒト・ループレヒトは通常煙突から建物に入り、トナカイは建物の屋根にとどまる。次に、クネヒト・ループレヒトは帽子から戦闘エリアを引き出し、家の家族に石炭の塊(塊は約5.23グラム)を求めて死ぬまで戦わせる。クネヒト・ループレヒトは現在、アメリカで最も求められている犯罪者リストに載っている。彼は石炭の違法取引、過失致死罪、ファッションの不正で起訴されている。
年金受給者が集めた石炭

英国では、多くの年金受給者、主に女性の年金受給者が違法に石炭を収集して貯蔵していると報告されている。ある人は、ベッドの下に40個以上の石炭の塊が隠されていることが分かった。警察は、これがダービークラブとジョーンクラブで広まっているある種の新しい流行であると信じている。
50d 大衆文化の中でユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「 108a アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」の項目を執筆しています。

石炭は、1978年のホラー映画「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」のいくつかのシーンで取り上げられている。
昔ながらの採炭方法

はるか昔(1846-1983)、はるか遠くの銀河系で、石炭採掘の古い方法は、男性が彼らのロバにチューブを突き刺し、彼らが石炭を吸い出すことであった。ほとんどの人はそれが上手くいかないと思うだろうが、上手くいった。それは当時最も豊富な石炭源の1つであった。しかし、ある日、チューブをロバに突き刺すジャークは、それが不快であると断言し、やめた。それがその形の採炭の終わりであった。
脚注^ 彼らが使用するデバイスはAll Seeing Eyeと呼ばれる

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石炭」の項目を執筆しています。

木炭

ダイヤモンド

炭素

石油

天然ガス

880 運炭

蒸気機関車

スチームパンク


更新日時:2021年9月9日(木)01:46
取得日時:2022/01/16 04:09


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8987 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef