病院
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…支払い方法[編集]病院の支払いは至ってシンプル。己の体を持って払うのだ。だが、実際どのようにして払うべきか?どのようなことをしたのかを、元患者たちに問いただしたが、皆、上の空で正確な情報は得られなかった。

だが、ある一人の病院を運良く脱出した男性患者に具体的な話を聞くことが出来た。(以下、彼をF氏と呼称する)F氏によると、病院全体が寝静まった午前0時。程好くサイボーグになったF氏はまもなく退院の日を迎えようとしていた。すると、担当の医師が柄にもなく緑の手術着でF氏のもとに現れた。寝ぼけ眼であったF氏は言われるがままに担当医に、普段は使用されない錆び付いたエレベーターに乗せられた。階数表示もなく、下からくる圧迫でどうやら地下に向かっているということだけは分かった。そうして沈黙のままただ刻々と時間だけが過ぎていく中、そのエレベーターは薄暗い闇の空間に錆びだらけの鉄製のドアの音を鮮明に響かせた。担当医は、F氏が戸惑いを隠せない中、ただ命令されたことを実行するだけと言わんばかりに、革靴の冷たい足音を鳴らし、F氏はどことない雰囲気に怪しさを感じ、必死にエレベーターを操作をするのだが反応がない。そのうち担当医の後姿が段々と闇に侵食していくのを察し、嫌々ながらもF氏はその後をついて行く他なかった。
そして担当医が足を止め、見える先には足元を確認するためだけの幽かなライトがほんの4、5個。お情けで天井に付いており、そのうちの一個は点いては消え、点いては消えを繰り返し、今にも寿命を迎えるようであった。また、部屋の端々に蜘蛛が編んだと思われる白糸が当然のように張り出し、そのことから? 25e5 ??の一施設の管理が不十分であることをうかがわせた。突然、担当医はどこから持ってきたのか床磨き用のデッキブラシを彼に手渡した。一体何事なのかと幾分に疑問を持っていたF氏だが、担当医が何も言わずに、不意に左腕を上げ、人差し指でただ一点だけを指した。あまり視力の宜しくなかったF氏はその指された方向に、疑心を持ちつつもしぶしぶ歩き始めた。すると、何か段差のようなものに気づかず、間もなくF氏は右足を取られその方向に傾いてしまい、激しい水音と共に、段差の正体であったプールに沈む寸前ところであった。しかし運良く浮き輪のような物が浮かんでおりF氏はそれにしがみ付いた。なんとか衣服を濡らさずに済み一安心したF氏は周囲を確認した。水の張ったプールに浮き輪のような物が他にも多数浮かんでいた。
だが、次第にこの暗黒にも目が慣れ始めたとき、F氏は一瞬にして背筋が凍りつき、急いでプールの縁へと転がった。F氏がしがみ付いていた物は浮き輪ではなく、この病院に搬送され間もなく息途絶えた

おや?こんな夜遅くに訪問者か。失礼にもほどがあるが出ないわけにもいかないだ

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


更新日時:2017年3月12日(日)23:14
取得日時:2022/05/24 03:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef