清少納言
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清少納言」の項目を執筆しています。

清 少納言(せい しょうなごん、966年 - 1025年)とは、平安時代の女流作家にして、歌人である。目次

1 概要

2 性格

3 経歴

3.1 出生

3.2 沿革

3.3 宮仕え

3.4 結婚

3.5 晩年


4 枕草子

4.1 抜粋


5 紫式部

6 参考文献

7 関連項目

概要

本名は、清原 諾子(きよはら なぎこ)。

呪いや魔除けのために、親族や親しい人間の他には本名を隠す習慣があった時代であり、清少納言とは、「清原」の姓と、役職名からとったペンネームである。
性格

中古三十六ツンデレの一人に数えられる。

女性はかな文字だけを学び、漢文は男性の学問とされていた当時にも関わらず、漢学の知識に通じていて、漢詩を諳んじていた。

性格は相当に激しい。自己中心で悪戯好きで、いつも周囲を振り回している(ツン)。

その一方で、感情を率直に表現する能力には、非常に優れている(デレ)。
経歴
出生

中世の貴族にして歌人、さらには史上初めて頭髪で笑いを取った人物として知られる清原元輔の娘として生まれた。

966年生まれにも関わらず、994年現在で16歳である。このことから、17歳教を深く信仰していたと見られている。
沿革

時は994年。弱小貴族清原氏の娘である清原諾子は、形だけの見合いの場で、修理亮である橘則光と出会う。歌嫌いの則光に、見合いの歌をつき返され、怒って思わず本名を口走ってしまう(ツン)。

その後、則光が藤原宣孝の企みで、 65b2 一条天皇の中宮である藤原定子が退屈しのぎに主催する歌合に呼ばれた。そのときに、相談を求められ、ついつい機転を利かせて助けてしまう(デレ)。
宮仕え

この歌合の一件によって、諾子は定子のお気に入りとなり、宮仕えするように直接お呼びがかかった。

迷った諾子は、宮中からの使者から思わず逃げ出すが(ツン)、則光に諭されて宮仕えすることを決心した(デレ)。

こうして、正暦年間(994年頃)から、定子に女房として仕えることとなった。この頃から、公の場では「清少納言」を名乗るようになった。
結婚

その後、橘則光(本名は橘朔也、通称ダディ)と結婚した。しかし則光は武骨でありうまくいかず、「オレノカラダハボドボドダ!」等と意味不明な言葉を連呼するなど奇行を繰り返し、やがて2人は離婚した。

ただし、その後も則光との交流は続き、周囲も公認の仲であった。宮中においても、お兄ちゃんと呼び合っていたことが広く知られている。

えーと、それなんてエロゲ?
晩年

1000年に、定子が亡くなったのをきっかけに、清少納言は宮仕えを辞めた。おのれ、高野山

その後の彼女の晩年は、友人の和泉式部らと交流していたことが知られている。
枕草子

清少納言の代表作であり、日本初の随筆である。彼女が日頃から興味を持っていた事柄や回想、感想が、素直な気持ちでまとめられている。平安の宮廷の様子を伝える、貴重な資料と言えよう。

また、同書の中では、女性解放を叫んでいた。なんかもう、色々と時代を先取りし過ぎである。

詳細は枕草子の項を参照してほしい。
抜粋

萌えるもの。メロンに描かれた幼女の顔。呼んだら来るスズメの雛。2,3歳の幼女が走って来る途中に地面のゴミを見つけて、ちっちゃいおててで「はいっ」と見せるのモエス。おかっぱの前髪をかき上げないで、首を斜めにして向こうを見ようとしてるのもアホカワイイ。ちっちゃいお坊ちゃんがスーツ着せられて歩いたり、幼女が遊んでいる打ちに腕の中でくーくー寝るのもスゲェ萌える。しがみついてんだぜコンチクショー。

まぁ、ままごとの道具や蓮の葉っぱとか、小さいものはみんなかわいいといえるな。二歳くらいの子供が服の裾を引きずって部屋から出てくるのはタマラン。袖が長すぎて指先だけちょっと出ているってのもピンポイント萌え。10歳前後の男の子が、学校の授業で教科書読んでるのもけっこう萌えるシチュエーションだな。

人間以外で言えば、ヒヨコがぴよぴよと人の前や後ろに立ってついてきたり、親ニワトリにくっついて歩くのは実にホホエマシス。あと、カルガモの卵とか、ガラスの小瓶とか。
紫式部

紫式部は、『源氏物語』の作者であり、世間知らずのストーカーである。自費出版している同人小説の元ネタにするために、藤原宣孝をストーキングしていた。

清少納言は、源氏物語が宮中で話題となっていることに影響を受けて、自分も小説を書き出すが、小説の才能が無く挫折する。

定子の計らいにより、自らも源氏物語を読み感銘を受けるが、自分の作風とは異なると感じ、自分らしい率直な思いを自然に表現する文体を求め、書き始めたのが『枕草子』である。

ただし、清少納言は『枕草子』で紫式部に関して一切記載をしていない。ただし、紫式部がストーカー行為の末に口説き落とした、夫の藤原宣孝がド派手だったことは記載している。
参考文献

『暴れん坊少納言
』ISBN 9784847036064:ワニブックス(かかし朝浩著)2007年?2010年この本によって、清少納言の年齢を16歳?17歳とし、また性格をツンデレとするなどの推論が広まった。史実との相違点は誰も気にしない
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「暴れん坊少納言」の項目を執筆しています。
関連項目

枕草子

紫式部


この項目「清少納言」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)


更新日時:2017年8月28日(月)12:16
取得日時:2021/06/10 14:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9475 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef