淫乱
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…歴史の中の淫乱[編集]淫乱は活力ある女性を表現する言葉として好まれ、神話や伝説・逸話の中でも多数使われてきた。例えばギリシャ神話の大地女神ガイアは自分の息子のムスコでさえ迎え入れるし、男神から足にブッカケられたアテナが「うわ、キンモー☆」と拭った精液を自らの内に迎え入れて妊娠するなどその淫乱さは凄まじいの一語である。

またエリザベート・バートリー百合リョナという特殊性癖を持ち、多くのメイドを抱いたりアレしたりしまくった挙げ句同性愛を禁ずるバチカンから処罰されている。淫乱が社会の常識から阻害されているという好例であろう。西太后クレオパトラなども淫乱として知られ、彼女らを指して「余りに魅力的過ぎて世を乱す」と「世界有数の悪女」と読んだりもする。
淫乱の弊害 4c33 淫乱さを職務に活用する例。

淫乱に過ごす事は確かに己を解放しストレスを打ち消す有効な手段だが、デメリットも勿論存在する。上にも出した社会的な偏見と共に、不特定多数とセックスしまくることで性病のリスクあるし女性の身体構造的な問題もある。即ち望まない妊娠である。

それにより人生の選択肢が狭まりストレスが溜まり、それを振り払おうと淫乱に耽ることで更に妊娠し…という悪循環も多く見られる。また堕胎により子宮周辺に深い後遺症を残してしまうケースもある。こちらはそもそも生命の価値を無視した行為であり、淫乱が白眼視される要因にも為りうる。

本人はともかく周囲へのダメージも大きい[2]ので、可能であれば一線を越えないレベルの淫乱に留めておくべきだろう。
脚注^ それを蔑ろにしているせいで、日本人は奴隷労働を尊ぶいうになってしまったのである。休みを怠惰に過ごせないのは間違っている。
^ 子供の世話を押し付けられたり、コインロッカーに捨てられたり。

関連項目

ヤリマン

ビッチ

自由

ありのままの私見せるのよ


更新日時:2017年6月24日(土)16:37
取得日時:2021/11/18 15:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6660 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef