涼宮ハルヒの憂鬱
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「涼宮ハルヒシリーズ」の項目を執筆しています。

涼宮ハルヒの憂鬱(すすみやはるひのゆううつ)は、角川スニーカー文庫より発行されている谷川流ライトノベルシリーズ、およびそれを原作としたアニメ作品である。2006年を代表するアニメ作品として一時代を築き上げるもの、作者が冨樫病を患ったことで新作が供給されなくなり収束した。目次

1 概要

1.1 SOS団

1.2 宇宙人

1.3 未来人

1.4 超能力者


2 登場人物

3 舞台

4 関連する人物

5 涼宮ハルヒの思惑

6 関連項目

6.1 物語

6.2 スピンオフ

6.3 テーマソング


概要

メインヒロインである涼宮ハルヒ(本人は気付いていないが神)が無自覚に起こす超常的なトラブルの数々を、主人公と周囲の仲間達で解決していくセカイ系作品の完成形の一つとされる。主人公のキョンも当時全盛を誇ったヤレヤレ系主人公の代表格として知られ、この成功によって同時にその後2020年現在にまで続く大量のヤレヤレ主人公アンチを生み出した功罪も合わせ持つ。

この世の中を面白くするには宇宙人、未来人、超能力者等々の非日常的な存在が居ればよい。世の中を面白くする事こそが世のためである。

涼宮ハルヒが小学校6年の頃、野球場に父と共に訪れ彼女は5万人の観衆を見て唖然とする。それまでの彼女は自分が一番で、自分の居るクラスは世界一面白いとずっと信じていたのに、そんなことはなく自分は小さなゴミのような存在に過ぎなかった。自分が面白いと感じるものは所詮は何万、何億ある同じような面白さの一つであると考えた瞬間に、周囲の全てがつまらなく思えてきてしまったのである。

そこまでであれば小学生としては驚嘆に値するほどの賢さであったが、しかし後の理論が支離滅裂である。世界はつまらないかもしれないが、しかし人間が何万、何億居るのであれば、その中に宇宙人、未来人、超能力者などが存在してもおかしくないだろうと。そして、よりによってハルヒは神であったため、その発想の元に宇宙人、未来人、超能力者を出現させてしまうというのが物語の大筋である。
SOS団[ 728b 編集] SOS団のエムブレム(真)

ハルヒが提唱するSOS団という名称には諸説あり、Sugoku(すごく)Oishii(おいしい)Smoke-cheese wo taberu(スモークチーズを食べる)団とか、Sugoi(すごい)Ossan(オッサンを)Sosaku suru(捜索する)団、あるいはSekaiwo(世界を)Owaraserutameno(終わらせるための)Saigonosyu(最後の手)団(段)など、様々な大喜利通説が存在している。

なお、本当の読みはSekai-wo(世界を)Ooini-moriageru-tameno(大いに盛り上げるための)Suzumiya-haruhi-no(涼宮ハルヒの)団であるが、実質的には結成初年の冬辺りから、Season-gotoni(シーズン毎に)Ontime-na-gyojiwo(オンタイムな行事を)Shimeyakani-jikkosuru(しめやかに実行する)団となっている。
宇宙人 情報統合四面体ではない。

宇宙人枠として登場するのは長門有希、朝倉涼子、喜緑江美里といった面々である。親玉は情報統合思念体なる存在で、情報の集まりの分際で意思があり、肉体がないくせに生命体である。肉体が無いため融合もできないので、間違いなく未経験者であると思われる。

情報統合思念体は宇宙の誕生の前からすでに存在してたとか、宇宙の誕生と同時に存在したとか、宇宙の誕生の後に存在したとか、実は存在してない(虚構である)とか色々言われている。情報統合思念体は宇宙全体を監視しているので、女子小学生、または女子中学生、または女子高生、または人妻の着替えを覗いている可能性が極めて高い。男子小学生や男子中学生、極道のおっさんの着替えを覗いている可能性もあるがどうでもいい。

情報の集まりなので岩波書店の「広辞苑」、ウィキペディアよりもよほど役に立つ。情報統合思念体には複数の意思(派閥)がある事から、重度の精神障害者である。精神病院に通院すればいいものの、肉体がないため治療できない。長門有希は可愛く出来た……と思っている。これほどの萌えの究極体を颯爽と登場させるあたりはさすがであり、人類など遠く及ばない。
未来人 一般相対性理論(図右)では年代Aで事例XがX2に改変されると、後の年代Cでは本来事例Yが起きる筈だったのが事例Y2になる。しかし、平面理論(図左)においてはXがX2に改変されても、未来にあたる平面Cでは何の影響も及ぼさず事例Yが起きる、とされる。

未来人枠として登場するのは朝比奈みくる、及び更に未来から大人verみくるも登場したりする。設定としてはハルヒが同人誌で書き殴った「時間平面理論」なる概念で、未来においてこれがまさかの発展を経てそれによって彼女らは現代に来たとされる。

時間平面理論によると、時間は現在考えられているようなアナログ的・連続的なものではなくデジタル的・断続的なものだと言う。すなわち、時間とは一種の平面であり、時間はその平面上で完結しており歴史とはその平面が地層のように重なったものである、ということである。そのため、この理論の発展によって「時空を移動するには時空地層を三次元的に移動するだけでよい」ということになり、一般相対性理論による「光速を超える移動」の壁が打ち破られたことで彼女らは過去に来れたと語られる。

そもそも過去改変で未来が変化したとしてそれを未来から知覚することは可能なのかとか、現在時間軸での改変が未来に影響ないなら何故現在時間軸の朝比奈みくるに禁則事項があるのかとか、そもそもなぜ朝比奈みくるは現在時間軸にやってきて事例を保護しているのかとか、多数の矛盾点があるが気にしてはならない。
超能力者

超能力者枠として登場するのは古泉一樹、新川執事、森園生といった「機関」の面々である。超能力者とは言うが現実世界では特に何ができる訳ではなく、ハルヒの精神世界が暴走した時に発生する謎空間(閉鎖空間)でのみ超能力者らしい戦闘シーンを見せることができる。なお、相手の神人とかいうのはハルヒのメンタルが落ち着かないと消えてくれないので、超能力者という格好いい肩書きではあるが思春期女子高生の躁鬱メンタルの是非がそのまま命に関わるブラック業務である。そうでありながらハルヒに好意を持って良き友人をできる古泉の聖人ぶりが光る。

なお、超能力者というのはハルヒがそう言ったからと自称しているだけで、機関の方では全く別の呼称らしい。
登場人物「涼宮ハルヒシリーズの登場人物」を参照のこと。
舞台ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「兵庫県立西宮北高等学校」の項目を執筆しています。

ハルヒシリーズの主な舞台になる兵庫県立北高等学校のモデルは、作者の母校である兵庫県立西宮北高等学校であるとされる。ハルヒブームの頃にオタクどもが学校施設に対して聖地巡礼して問題視される等、オタクという生き物のアレっぷりが周知される事件も起きた。なお誰も学ばなかった。

関西にある高校ではあるが、登場人物たちが皆標準語を話しているため恐らく入学と同時に標準語を話すよう指導されているものと思われる。ただし「にょろーん」「めがっさ」「WAWAWA」などは許可されている。最寄り駅からこの学校へと通ずる道は坂道がずっと続いており、特に校門前の20メートルは傾斜角45度というまさに鬼のような坂道をしている。ちなみに、これは実際に測った数値である。変人が多いにも関わらず、偏差値はかなり低い。もともとは普通の生徒ばかりなのだから変人をいくら付け加えたところで学校全体の生徒数には敵わず、偏差値に影響は出なかったものと思われる。
関連する人物
谷川流
ハゲネタばかりを取り上げられがちな原作者。二次元キャラクターと情報統合思念体素子をリンクすることでコンタクトを図れる念話能力があり、この力によって異世界人である涼宮ハルヒを見つけ、彼女の記憶から異世界での出来事を局地的に描写したのが涼宮ハルヒシリーズであるとされている。話がまるで進まない所を見る限り、天蓋領域によって現場との情報連結が切られていると思われる。
いとうのいぢ
大阪在住の似顔絵屋さん。本人としては画家のつもりでいるらしい。SOS団公認の絵師で専属契約を結んでおり、SOS団の面々やその他の脇役たちの顔も全て彼女の手によって描写されている。だが、それ以外の三次元の事物や人物については描写能力が極端に落ちてしまうため、画家としては一部のオタクにしか名を知られてない。
みずのまこと
おや?どうして公式に関わった作家のリストに同人作家が混ざっているんだ?何かの間違いじゃないかい?
ツガノガク
唯一の原作準拠の漫画版ハルヒシリーズを手掛けた漫画家。内容については、公式が途中からスピンオフギャグ漫画の方を推し始めるという辺りで察して欲しい。
涼宮ハルヒの思惑

この節はen:The Melancholy of Haruhi Suzumiyaから翻訳されたものでしたが、諸々の事情で原文からは削除されてしまいました。

涼宮ハルヒ2期のオープニングにて、アップクォーク、ダウンクォーク、ストレンジクォーク、チャームクォーク、ボトムクォーク、トップクォーク 、電子、ミューオン、タウオン、ニュートリノ、電子ニュートリノ、タウニュートリノ、ミューオンニュートリノ、光子、グルーオン、特殊相対論のエネルギーと運動量の関係、ボーアの相補性原理、シュワルツシルト時空の線素、量子力学のスピン演算子の交換関係、相対論的ビーミング、前期量子論のド・ブロイの関係式、量子統計のボーズ=アインシュタイン分布、プランク定数の様々な単位での表示、量子力学の波動関数の確率解釈、量子力学のハミルトン関数の固有値方程式 、量子統計の密度行列 、電磁気学などでのヘルムホルツ方程式、クーロン場中の電子波動関数の動径成分、統計力学の分配関数、量子力学での荷電粒子の角運動量と磁気モーメントの関係、ダウンクォークのベータ崩壊、ジョセフソン電流の式、 波動関数の位相と電磁場のスカラーポテンシャルの ゲージ不変関係、電磁気学のマックスウェル方程式 、統計力学の分配関数、電子と陽子の逆ベータ崩壊、超伝導ロンドンの方程式、相対論的量子論のクライン=ゴルドン方程式、コンプトン散乱での入射前後のX線の波長の関係、宇宙人、技術革新、オーパーツ、空飛ぶ人類、積極性、神は死んだ、冒険、ホッジ予想、ツチノコ、タイムレス、パイオニア、ポジティブさ、超能力、驚愕、超対称大統一理論、ナビエ-ストークス方程式の解の存在と滑らかさ、リーマン予想、P=/NP予想、念動力、UMA、超自然的、潜在性、発明、M理論、可能性、未確認飛行物体、念動力、無限大、重力子、ゴーギャンの絵のタイトル、我思う故に我あり、ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップ問題、無限、ワームホール等などの世界空間を構成する公式や文字列がサビの部分で流れている。

この部分が現在の現実論に置いて究極であるが、それを超越した領域にハルヒは足を踏み込もうとしているのだ。E^2 = (mc^2)^2 + (pc)^2 の辺りまでは、ハルヒが単独で走っているが、その辺りから(不可能飛び越えて、まあ、頑張りな、それじゃ行こう!)と異世界人、宇宙人、未来人、超能力者が参加し、どんどん進んで行く。つまり、ハルヒにとってはこの部分は通過点にすぎない。が、しかし、超えた先には、現実世界の通行止めが待ち受けて、進行を阻む。しかし、ハルヒが通行止めを改変して可能にしてしまったということらしい。その後はどうなっているか分からないフレーズでサブキャラが出て、最後に流れてくるのはSF用語や空想科学公式。念力とか、マジックミステリー理論のそれになる。涼宮ハルヒがなす、世界構築への第一歩を表していると思われる。

異世界人
必要な人材、第一に異世界人、これは涼宮ハルヒの憂鬱という物語の世界に影響、改変するにおいて、なくてはならない存在である。なぜなら、涼宮ハルヒの憂鬱とは作られた物語であり、何に置いても、こちら側の現実世界が基盤となっていて、読者、視聴者の存在が必要不可欠であるからだ、我観測す、故に涼宮ハルヒの憂鬱の世界ありと言った所。その点に置いて、本編で明かされていない異世界人キョン(俺)は主に異世界人である読者視聴者を表している。これが、なんの能力もない涼宮ハルヒにキョンが選ばれた理由の一つとしてあげられる。その異世界人であるはずの読者視聴者も何の力もないはずだが、世界は広し、数で圧倒するので必要不可欠。つまり、涼宮ハルヒは、異世界人且つ、宇宙人、未来人、超能力者を探しているのである。

宇宙人
第二に宇宙人、人類より高い知性を持つ地球外生命体。ハルヒ世界では地球の空間情報を改変して実際に物質や場所の構成が変化させるということが出来てしまっている。その気になれば環境情報を改変して、雨を降らすことも出来るらしい。が、ハルヒ世界での宇宙人に該当する、情報統合思念体対有機ヒューマノイドインターフェイスが出来ることは無数に存在し、少なくとも人間が認識出来るあらゆることが可能だと思われる。現実世界の難解な公式なんてお茶の子さいさいであろう。

未来人
そして、未来人、いくら宇宙人が何でも出来て万能と言えど、時間を超越することは一筋縄では行かないと思われる。未来人曰く、時間平面には連続性がなく断絶されているらしいから、言わば、世界は時間の数だけ存在すると同義。また、異時間同位体が存在するという観念から、人もまた、同じであるが、異時間の世界に無数に存在しているということか。このような状態を把握、または、時間平面を行き来するのは宇宙人には出来ない(難しくはないが、長門には出来ないと言う)。そこで未来人の登場。これにて異時間同位世界内の時間による問題ついてもクリア。

超能力者
最後にそれぞれの分野に特化した異質な能力を持つ超能力者。宇宙人の空間情報操作能力と、超能力者の超能力の区別は確かではないが、聞く所によると、超能力者は理屈なしで自然と使えるし、方法もすべきことも分かってしまうらしい。情報改変時に呪文を唱えることによって半ば無理矢理変換する宇宙人よりもスピーディーにことが行えると行ったことか?もしくは、理論や理屈抜きでその能力を広める、または、理解させるために必要なのが超能力者なのか。人類が宇宙人のように次元を超えた幾何学と実現するための方法論を言葉で理解すると思えないからこそ必要な超能力者なのかもしれない。

以上によって、ハルヒ世界の実現のプロセスは進行して行く。

オープニングで手を挙げ、首を左右に振る動作をする鶴谷さん、キョン妹としゃみせん、谷口、国木田、コンピ研の連中。これは何を意味するかと言うと、鶴谷さんの象徴とするものは、明るく気さくな性格と、財力である。涼宮ハルヒの憂鬱の世界においてはそのタイプの人間がなし得ることはハルヒの願望を実現することに至っては皆無である。よって首を振っている。

次にキョン妹としゃみせん。キョン妹と言ったらまだまだ未来の可能性がある、有望な小学生。しかし、ハルヒ世界に置いてはその世界のどんな有望な子供を抜擢しようと、はかせくんを他においては無意味である。また、一時期しゃべる猫であったしゃみせんも、現実世界に置いてはめぼしい存在ではあるが、それ単体、ないし、大多数だとしても、ハルヒの世界を構築するために貢献出来ることはない。よってこの二人も首を振っている。

谷口、国木について、谷口は典型的な優男で、いかにも異性と遊んで暮らして行くような、手に花を抱えて生きて行くタイプ。そのような人間がハルヒ世界に影響を及ぼすと行ったらこれもまたNO。そして、国木田はキョン以上に何の変哲もない普通の人間、人柄と友達付き合いがいい普遍的な一般人。ハルヒ世界に置いては可能性のかけらもない。よって、首を振っている。

最後にコンピ研の連中。現代社会に置いて最先端には必須の情報制御装置パソコンを操り、将来もっとも進化社会に近い存在であると思われそうな、コンピ件の部員ですら、ハルヒ世界を構築する上では、全く無力であるという性。首を振っている。
関連項目
物語

基本的には一話?数話完結型の小話が各巻で展開されていく。概ねハルヒが何かしら思いついて、無自覚に神パワーで変なことが起きるのをキョンと他の連中で解決する展開に適度にラブコメ詰めたものという認識で構わない。長くなるため、ここでは大きな事件のみを記す。

涼宮ハルヒの消失

74a1 射手座の日

エンドレスエイト

涼宮ハルヒの驚愕

スピンオフ

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱

長門有希ちゃんの消失

涼宮ハルヒコの憂鬱

涼宮ハルビン

テーマソング

ハレ晴レユカイ - 放送当時にオタクどもの間で爆発的な人気を得た電波ソング。オーディオヲタの間からも「マスタリング下手杉」「ランティス氏ねや」「曲は良いのに」と大絶賛を受けた。

冒険でしょでしょ?

止マレ! - 「消失」の映像化を期待していたファン達の前に現れたエンドレスエイトの曲。

恋のミクル伝説

雪、無音、窓辺にて。 - 長門のキャラソン。「無音」とタイトルに入っているからといって、本当に無音というわけではない。「雪」という言葉が使用されているのは「有希」と「ユキ」の音をかけたものと思われる。しかしただのダジャレではなく、ちゃんと彼女の人生と思いを表現した感動的な作品となっている。
  涼宮ハルヒシリーズ

作品 :涼宮ハルヒの憂鬱 - 涼宮ハルヒシリーズの登場人物
登場人物 :涼宮ハルヒ | キョン | 長門有希 | 朝比奈みくる | シャミセン
作品用語 :情報統合思念体 | 情報統合四面体 | 禁則事項 | 長門の読本 | カマドウマ | 射手座の日 | エンドレスエイト
著作物 :消失 | 驚愕 | ハルヒちゃん | ハルヒコ | ハルビン | 長門有希ちゃんの消失 | ハレ晴レユカイ | 止マレ!
作者 :谷川流 | いとうのいぢ | みずのまこと | ツガノガク | KADOKAWA | 京都アニメーション
中の人(声優) :平野綾 | 後藤邑子 | 茅原実里 | 杉田智和 | 小野大輔 | 松岡由貴 | 桑谷夏子 | 白石稔
作品地理 :西宮市 | 北口駅 | はるひ野駅 | 苦楽園 | 光陽園 | 祝川
 ・話・ 月刊少年エース

作品 あ行 :エウレカセブン - NHKにようこそ! ? ANGELIC LAYER
か行 :喰霊 - 機動戦士クロスボーン・ガンダム - グレネーダー - けものフレンズ ? ケロロ軍曹
さ行 :疾風!アイアンリーガー ? STEINS;GATE - 新世紀エヴァンゲリオン碇シンジ育成計画) - 涼宮ハルヒの憂鬱 (ハルヒちゃん) - ストライクウィッチーズ - そらのおとしもの
た?な行 :大魔法峠 - ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 - 成恵の世界 ? 日常
は行 :バカとテストと召喚獣 - バトルスピリッツ 少年激覇ダン - 氷菓 - Fate/stay night - Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件 - ブレンパワード - 亡念のザムド
ま?わ行 :マクロス7 トラッシュ - マクロスF - 未来日記 - ムシウタ - らき☆すた
キャラクター :綾波レイ - 碇シンジ - ケロロ軍曹 - 惣流・アスカ・ラングレー
用語 :ケロン星 ? 残酷な天使のテーゼ - 第3新東京市 ? 魂のルフラン - ペコポン
関連 :KADOKAWA ? 月刊ヤングエース - 電撃文庫


更新日時:2021年1月30日(土)11:01
取得日時:2021/10/07 21:19


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:31 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef