楯の会
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…デモ[編集]楯の会は、リズムに乗ったデモに定評があり、ど・く・りつ、ど・く・りつ、ど・くり・つ・って・な・ん・だ? こ・れ・だ、こ・れ・だ、こ・れ・こ・れ・こ・れ・だ!

といった三三七拍子で意味不明なメッセージを発信した。単純なメッセージを印象に残るように連呼するこの手法は多くの若者の心をつかんだ[要出典]。

また、ミリタリー趣味の若者のウケを狙い、会員の服装は軍服風の制服で統一されていた。しかし実際には見る者に排他的な印象を与え、また、リーダーの三島由紀夫の趣味が趣味だけに、そういう趣味の団体だと勘違いされるなど、逆効果であった。
解散

楯の会の代表であった三島由紀夫は1970年(昭和45年)11月25日に会員たちとともに自衛隊市ヶ谷駐屯地に突入。バルコニーから垂れ幕をたらし、三島由紀夫がマイクなしで男らしく自衛隊員に向かって延々と演説をしたのち、室内に戻った後割腹自決をした。いわゆる「三島事件」である。この事件によって楯の会は解散となった。

それなりに自衛隊員は集まったものの、垂れ幕の文字が小さすぎて読めず、しかもマイクなしで演説をしたためにほとんど聞き取れず、一部分が聞き取れても「自衛隊の自主性」などの小難しい話や「軍 1a4f 国主義とはなんだ? これだ!」などの意味不明な叫びしかしていなかったために、あまり自衛隊員の心を打たなかった。
影響

楯の会が存在した当時(1960年代)の評判は、

うるさい。

何がやりたいのかわからない。ただの自己陶酔だ。

近所迷惑だ。

やらないか

安保粉砕!

五月蝿い。

何の意味もない。自然に帰ろう。

で?

等さんざんであったが、時がたつにつれて見直されるようになり、2015年には楯の会に感化された大学生たちが学生団体「SEALDs」(別名、「自由と民主主義のための学生緊急行動」)を立ち上げた。彼らは「楯」を意味する英語を組織名にするなど、楯の会の思想・手法の多くを継承することを明確にした。ただし、制服は採用せず、そのことによってファッションセンスが楯の会に比べて改善された[要出典]。なお、SEALDs関係者は割腹自殺をしていない。今のところ。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「楯の会」の項目を執筆しています。

三島由紀夫

SEALDs

右翼

魔法少女 俺 - 21世紀に「俺」を主張した。

楯の会は腹を切って死ぬべきである死んだ。また楯の会はただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
楯の会を笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)


執筆コンテスト
本項は第33回執筆コンテストに出品されました。
caf

更新日時:2020年8月16日(日)15:06
取得日時:2023/02/03 08:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6791 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef