最下位
[Uncyclopedia|▼Menu]

最下位(さいかい)とは、人々がなんとしてでも避けたいと思っている[1]称号である。優勝の真逆である。目次

1 概要

2 とる方法

3 避ける方法

4 注釈

5 関連項目

概要

最下位とは、コンテストなどの順位がつくもので、最も低い順位を得た者が名乗れる称号である。当たり前だが、最も低い順位は不名誉なこと[2]である。これが原因でいじめられてしまうこともあるので、ほとんどの人は避けようとする。ただ、スポーツなどでトーナメント戦が行われた場合、半分の人間が最下位になるので、あまり不名誉ではなかったりもする。

最下位をとると可愛そうなので、コンテストなどでは最下位を公表しないことがよくある。しかし、稀に、惨めな姿を見たいがために最下位をあえて公表する場合がある。
とる方法

最下位をとることは意外と困難なものである。なぜなら、自分がこれはひどいと思っていても、実はそれを超えるひどさを誇るものがあるからである[3]。また、自分と審査員では感性が異なるので、自分の中では最下位だったとしても、審査員からすると最下位にならないことがある。この困難なことを完璧に実行する方法をここでは伝授する。



空白でエントリーする
何も書いていない場合は、0点だから最下位になれるだろうという考え方である。この方法は必要な労力がかなり少なく、今日でも多方面で使われている。芸術以外では、この方法で最下位を取ることができることが明らかになっている。しかしながら、芸術では4分33秒を世界最高の音楽と考えている人間や、ニヒリストがこれを見た場合、高得点を得てしまう場合があるので注意したほうが良い。
前科者として有名になる
人はものを色眼鏡で見てしまうものである。そのため、過去に悪い行いをした者のものはどうせまともなものではないと考えるので、どれだけ素晴らしいものでも最下位をとることができる。
n番煎じを行う(アンサイクロペディア執筆コンテストの場合)
基本的に、アンサイクロペディアではn番煎じは嫌われる傾向にある。そのため、最下位を高確率で取ることができる。しかし、更にひどいn番煎じがあった場合は最下位を取れないことがあるので、できるだけひどいn番煎じを行うことが重要になってくる。ただし、記事自体が削除されてしまうと元も子もないので、削除されないギリギリを攻めることが大切になってくる。なお、アンサイクロペディア以外でこれを行うと、真似をしたとして失格となってしまい最下位どころではなくなってしまう。
この記事を出品する(アンサイクロペディアの執筆コンテストの場合)
このようなクソ記事なら楽に最下位をとることができる。しかし、これをできるのはこの記事の執筆者のみであるので、ここに書くのは蛇足かもしれない。しかし、この蛇足さが最下位をとる大事な役割を果たす[要出典]。
避ける方法

前にも書いたが、最下位をとることはたいていは恥なので、取らない方法が大切になってくる。それを知りたいがためにこの記事を見た方も多いと思うので、ここで伝授する。



コンテストに出ない
これが手っ取り早い方法である。最下位を取りたくないのなら、何もしなければよいのである。必ずでなければならない場合は、
運命呪うと良い。
他の人に、最下位を取ってもらう。
最下位をとる方法は先程のようにある。そのため、他の人に最下位を取ってもらえば良い。最下位を取らせるためには、手段を選んではならない。、脅し、 1bee 検閲により削除など、方法はたくさんある。また、誰かに告げ口されないようにするための口封じも大切である。
審査員に気に入られる
審査員さえどうにかすれば、他の人間の意見は関係ないので最下位だけは避けることができる。審査員に気に入られるためには手段を選んではならない。、脅し、検閲により削除など、方法はたくさんある。また、誰かに告げ口されないようにするための口封じも大切である。
替え玉を使う
優秀な替え玉がいれば、最下位を避けることはできる。運が良ければ優勝も考えられる。替え玉になってもらうためには手段を選んではならない。、脅し、検閲により削除など、方法はたくさんある。また、誰かに告げ口されないようにするための口封じも大切である。
注釈^ ただし、ごく僅かだが、最下位になった屈辱感を味わうことを快感とする人間もいる。
^ 魅力の無さなどの勝負では、最下位のほうが喜ばれる場合がある。
^ 逆に、自分で優勝と思っていたら、最下位になる。

関連項目

優勝


がんばったで賞

コンテスト

執筆コンテスト

執筆コンテスト
本項は第41回執筆コンテストに出品されました。


更新日時:2022年6月3日(金)12:05
取得日時:2022/08/01 08:40


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7145 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef