早漏
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「早漏」の項目を執筆しています。

早漏(そうろう)とは、「地球にやさしいセックス」の別称である。英単語のsorrow(悲しみ)から来ているという説もあるが、定かではない。
概要

早漏は、少ない腰運動回数で射精に至るエコロジーなセックスのことである。また必然的にセックスに掛かる時間が少ないため、入浴ファックでは風呂の水道代・ガス代などの節約になり、通常のセックスでも冬場には暖房費の節約、夏場には汗まみれでくんずほぐれつするほどでもないため行為後にシャワーを念入りに浴びる必要がなく、また激しく動かないのでベッドや寝具もいたまない。いわんや潮吹きに至らずシーツも汚れないため、洗濯も省略できるという利点もある。

日本では1980年代よりのエコロジーブームにより早漏も社会標準化、一回の挿入が従来の30分以上から5分にまで短縮されたスタイルが一般化している。これにより回数が増え少子高齢化の減速も期待されたが、こちらは残念ながら「コンドームが激しい行為で破れる」という事故がおきないことから、あまり少子高齢化改善の効果は見られない。

このような地球にやさしい繁殖手段である早漏だが、遅漏と呼ばれる射精能力が衰えているためにたいへん刺激しないと射精に至れない向きからは、「早漏は男のクズ」などとする悪意のある中傷も見られる。なお彼ら遅漏の者たちの弁によれば「早漏は女性を満足させられないため、円満な夫婦生活が営めない」との事である。ただ、遅漏の者の多くが若気の至り自慰をし過ぎ「在庫切れ直前の品薄状態」であることは違いなく、そういった寂しい青春を送った連中が夫婦生活の何たるかを語るのはナンセンスだとする反論も寄せられている。

なお、女性では早漏男性は歓迎される存在である。大半の若年層の男性はセックスをAVで学んでいるため全く気持ちよくないことが多い。特に、熱心にお勉強している人は尚更だ。早漏で相手が満足していない内にゴールした場合はいくら何もしたくなくても、手を握っておくことをオススメする。

なお余談であるが、野生動物は全般的に早漏であることが多い。交尾の真っ最中に外敵に襲われる可能性があるからである。わざわざ性行為を快楽の為に行うのはボノボと人間くらいのもの[1]であり、そういった点で鑑みれば早漏とは自然回帰的な体質と言える。
脚注^ 発情期の場合はオス同士メス同士での交尾を行う動物もいる。バイソンやイルカキリンなど。

関連項目

クールビズ

通常の3倍

早漏文

みこすり半劇場
3a83

更新日時:2021年4月4日(日)18:17
取得日時:2021/11/24 18:28


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4194 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef