日産自動車
[Uncyclopedia|▼Menu]
海外安全情報
ウィキペディアの「日産自動車」周辺は治安が悪化しているため、渡航の是非を検討してください。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「日産自動車」の項目を執筆しています。第76回 (2017年)エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー第77回 (2018年)エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー

日産自動車(にっさんじどうしゃ)とは、神奈川県のNERV本部内に本社を置く外資系自動車会社。乗用・商用自動車の開発・生産・販売が主だが、他にもフオークリフトやクルーザーなども作っている。通称名は年齢層が上になるほど「OSSAN」、青年層の間では「NI~SAN」と呼ばれている。目次

1 企業概要

2 歴史

2.1 技術の日産とその転落

2.2 カルロス来日


3 宣伝 広告の日産

4 日産と警察の関係

5 珍走と日産

6 今後の事業展開について

7 販売中の主な車種

7.1 乗用車っぽいクルマたち


8 過去の主な車種

8.1 普通車

8.2 商用車

8.3 軽自動車


9 脚注

10 関連項目

企業概要

トヨタ自動車とは違い、「いくつになっても珍走する楽しさ」を特徴として持つ自動車メーカーだが、ホンダファンほど無節操ではなく、普段紳士淑女しているがハンドルを握ると人格が豹変する、ある意味ジキル博士とハイド氏みたいな人物に好んで乗られる傾向を持っている。でも、模型会社が珍走仕様のキットを販売したら抗議した。

イメージマークはハンバーガーと呼ばれるデザインである。これは、ダットサンブランド生みの親である片山豊氏がアメリカでハンバーガー? 599 ??始めて口にした際にその美味の虜となり、会議中にハンバーガーの絵を漫然と描いたところ、現地法人のエージェントに「それをダットサンの社章として使うか?」とからかわれたことから始まる。

クルマ作りの方向性としては「技術」と「走る楽しさ」を前面に打ち出したものとなっているが、最近はホンダにそのお株を奪われつつある。時として、特別な美意識を持つ人間でないと理解しがたいデザインの自動車を販売したり、目新しさだけで実用性に乏しい車種や装備をつけたりすることもある。

トヨタ自動車には長い間後塵を拝するかたちとなっている。
歴史
技術の日産とその転落[ 10f6 編集]

1970年代に「80年代に技術的に世界で一番になれる車を作ろう」という801運動をはじめ、その結果、国産車としてはじめてターボエンジンが搭載された日産セドリック・グロリアをはじめ、同じくセドリック・グロリア・フェアレディZへV型エンジンの搭載、FFファミリーカーながら運転の楽しみを追及したプリメーラ、4WDスポーツという境地を開拓したR32スカイラインGT-R、「シーマ現象」という言葉を生み出したセドリック、グロリアの上級車種である日産セドリック・シーマ、グロリア・シーマ、そして忘れてはいけないのが驚異的な走行能力と犯罪捜査解決能力を持つパトロールカー・マシンX、スーパーZ、マシンRSおよびRS軍団並びに戦車並みの高規格司令車両・サファリ(これらは警視庁へ寄付)神奈川県警察に寄贈したレパード(2ドアクーペ)など数多くの実績を残した。

しかし、こうした技術開発への莫大な投資が祟り、バブル崩壊後は商品の品質を落とさざるを得ず、またごく一部の特別な美意識をもつ人間たちだけが理解できるデザインの自動車を連発したことから、売れ行きが急降下し水面下へと沈んでいった。
カルロス来日

そんな折、フランスのルノーが日産と業務提携し、カルロス・ゴーンを派遣。ゴーンは日産ルネシャーンシュプラン計画をブチ揚げて、そのぶっとい眉毛をお茶の間の皆様に印象付けた。このとき大量に打った「ニッサン・ルネッサ?ンス」なるCMは、それまで日本には無かったウルトラフレンチな超絶的センスのものであり、多くの日本人の脳内にフランス革命をもたらした。ゴーン自身はブラジル生まれで親はレバノン人だが、そんな細かいことは誰も気にしていない。

そして、多数の栗鼠と虎を飼いならし、工場を整理し、人員削減、車両ラインナップ削減を推し進めることで2兆円近くあった有利子負債を2003年には完済した。親のルノーを完全に凌ぐ生産台数に成長してしまったせいで、そろそろルノーのほうも何とかしろとフランス政府から文句を言われたのかどうかは知らないが、2005年よりルノーのCEOも兼務している。

まあ、地価の高い資産を売っただけだの、壊れやすくなった気がするだの、アメリカでの信頼度が 1041 起亜より低いだの、CVTとハイブリットの出遅れを何とかしろだの、報酬が高杉だの、ルノーの支配権が強すぎだの、長く居座りすぎだの、ミスター・ビーンに似ているだの色々と外野がうるさいが、会社にはびこる数多の労働貴族をしばき上げて日産を復活させた腕力には賞賛の声が絶えない。尤も大市民では「良くも悪くも、所詮はよそ者。だから好き勝手にしがらみなく動けるし、失敗したら会社も従業員も見捨ててしまえる」と分析されているが。

尚、カルロスという名前からテロリストロリコンであるとの噂を立てられ、一時期公安からマークされたことがあるらしいが、その後の捜査によりそうした「悪いカルロス」たちとは無関係であることが判明した。…はずだったが、2018年11月に「悪いカルロス」であることが大々的に報じられてしまう。ゴーン、お前だったのか…会社の金を抜いていたのは…。
宣伝 広告の日産

「Feel the Beat」、「明日のために、技術の日産」、「もっと楽しく感じるままに、Life together NISSAN」など、技術を前面に出したい広告や、走りの楽しさをイメージさせたい広告が目立ったが、消費者に対し何を訴えたいか、実に奥歯に物が挟まった宣伝であった。

カルロス・ゴーンが社長に就任して以来「SHIFT THE hogehoge」(ナレーションではhogehogeをシフトする)など商品の方向性をはっきりさせた広告を打つようになった。これは販売戦略上大きな進歩であり、このCMに変わってから売れ行きが「SHIFT THE REVERSE」とはなっていないが、「SHIFT THE TOP GEAR」でもない。

近年は技術以上に広告に力を入れており、消費者心理をよく理解した広告を出すことでヒットを作っている。

例としては、

セレナ s-hybrid

ハイブリッドと名前を付ければ売れることから、ハイブリッドにするためセルモーターを大型化しただけのもの。当然燃費は良くなく、余計なパーツを生産する分、環境へも悪影響。インターネット民からは詐欺ハイブリッドとも呼ばれる。


ノート e-power

ただのシリーズハイブリッドであるがそれではセンセーショナルさに欠けると言うことで電気自動車を名乗っている。


セレナ プロパイロット

アイサイトにはっきり劣る自動運転能力に信頼性が低いブレーキであるが、さも完全自動運転が出来るかのような「広告」である。

などがある。

2013年から「今 11c までになかったワクワクを(英:Innovation that excites)」というキャッチコピーを打つようになったが、今までのキャッチコピーが全然シフトしなかったからだとかなんとか。

2015年からは「やっちゃえ。日産」と 15b4 いうキャッチコピーを打つようになった。CMキャラクターが矢沢永吉に。それに伴って、これ以降に制作されるCMが全て永ちゃんが出るようになった。金持ってるね?。日産。
日産と警察の関係

日産は警察とのつながりが深く、その為か捜査車両に日産車のみを配備する警察署も存在する。一例を挙げても警視庁(本庁、城西署、西部署特撮課特命課、97分署、山手中央署、鉄道警察隊東京丸の内分駐所、広域特別捜査隊、特殊組織として、特命係。一時期だが湾岸署その他)、神奈川県警察(港署、港町署等)など枚挙に暇がない。一部癒着や談合とも噂されるが、単に日産自動車側の厚意によるものと思われる。

ただ、どういうわけか上記の警察署では白黒パトロールカーは決まって古い型が配備され、しかも配備直後に何らかの事故に巻き込まれていることが多い。

余談だが、上記の警察署管内では日産車同士での事故が多く、また日産車に乗っているだけで事件に巻き込まれることも多いのだが、「○○署管内で日産車に乗ると不幸になる」等の都市伝説は耳にしたことがない。また、日産車に乗っているというだけで保険料の料率が上がりそうだが、少なくとも本稿執筆時点ではそのような話を聞いたことはない。
珍走と日産

ライバルのトヨタと比べると日産はコアなファンが多く、「珍走するなら日・産・車」という替え歌もできなくはない。

その楽しみ方は豊富にあり、簡単な例だと、一見普通のファミリーサルーンでも足回りやエンジンに少しの改造を加えることでよく走り、よく曲がり、まあまあ止まる車に改造できる。

本格的な楽しみ方だと、屋根を外してオープンカーとし、ボンネットに十六条旭日旗を描いて中央道を走る輩も居る。ここまで本格的な改造をした個体に出会うことは元旦の深夜以外では稀だが、中には峠道や港などで本来の自動車の挙動とは別次元の走らせ方をして己の馬鹿さ、もと 11c い運転技術を誇示することがあるが、日産の自動車はこうした改造を加えることによって驚くほど馬力が上がり、また走りも良くなる。しかし、こうした改造はおろか、時としてオイルエレメント交換など日常? b1e ?備すら難しい車両もあり、ドM整備士が在籍するショップ以外では日産車はあまり良い顔をされないようである。が、しかし、そのせいで日産は警視庁から目をつけられている。そのため、改造したフェアレディZを送ることもしばしば。アオシマ文化教材社が珍走仕様のキットを販売したらすぐに警視庁から圧力がかかり、しかたなくアオシマに販売を取りやめるよう指示したとか。
今後の事業展開について

発展途上国向けにパトロール(日本名:サファリ)の生産を行っているが、特殊装備としてハンティングに用いるための潜望鏡型カメラ、大型サンルーフ、電動でリフトアップしサンルーフから身を乗り出してハンティングを可能にするリアシート、さらに水不足解消の為に大量のミネラルウォーターを採水地から輸送できるタンク車との連結を行い、万が一の火事の際には消火を可能にし、暴動の際には暴徒の鎮圧を図れる放水銃の取り付けなどを、子会社であるオーテックジャパンが計画しているようだが定かではない。

また、大日本ジェネラルと提携し、役に立たないナビゲーションシステム「ご当地ナビ」の商品化を急いでいる。まあ「愛媛」を「愛知」と言い間違えることはないはずなのでまったく役立たずでもない……と思いたい。

2011年6月に三菱自動車工業と折半して、軽自動車専門の合弁会社である「 5fe NMKV」を設立。2013年に協業第1弾として「DAYZ」を投入。軽商用車も出す予定だったが、折り合いがつかずスズキからのOEMに変更された。

2016年5月には、当の三菱自動車がムーヴに燃費競争で負けた所か、ムーヴの燃費性能の良さからの上方修正しなきゃいけない状態だったと言う。そんな事なので燃費やっちゃった計画がハズレに終わり、どうしようもないので水増ししてしまったために、それがバレてエクストリーム・謝罪からの倒産危機の自爆に陥ってしまった。それなので、NMKVの関係も利用して三菱自動車が提携という形で傘下に入る事となった。しかし、三菱グループが大株主であるために、完全に資本を乗っ取らな? ad6 ??限りは三菱側を吸収する事が出来ないだろうが、その計画を日産側が企んでいたとしたら、企業としては検閲により削除なんだろう。ただ、スズキも測定方法で些細ながらの水増しをしていた。

アーン♥♥が簡単に可能に出来るよう、一部車種(スカイラインフェアレディZ、エクストレイル、インフィニティ各車)の車名変更が予定されている。新しい車名はお察し下さい

2018年6月には「おしっこ我慢プレイヤー」であるFacebookに対し、頻尿症を促して個人情報を獲得した。これによる水増しは増えていくばかりでモラルのダム決壊で多数の日産車が塁刑をして流出処分される判決が下される予定である。
販売中の主な車種[ 172a 編集]

まぁ、後は適当に

この項目は「Lakuni Feature Ansaikuro」計画の一環としてすべての車種の記事を作りたいですが、レキサツToy Otaの車種から作りますので、皆さんも適当に頑張ってください。

乗用車っぽいクルマたち

車種初登場年現行型備考
発表マイナーチェンジ
セダン
CIMA
シーマ1988年2012年4月25日(5代目)2017年6月15日外見はプレジデントと瓜二つだが、プレジデントより少し庶民派な高級車。セドリックグロリアから派生した。
5代目でフーガベースとして復活したが、V8エンジンではなくV6エンジン+モーターのハイブリッド仕様のみとなってしまった。
FUGAフーガ2004年2009年11月20日(2代目)2015年2月13日セドリックやグロリアの後継ぎ。「優雅きわめて、フーガ。」という、この上なく寒い駄洒落をキャッチコピーに掲げていた。マイナーチェンジでスカイラインと同じくINFINITIバッチを付けた。
SKYLINEスカイライン1957年2013年11月11日 (13代目)2019年7月16日昔は若者の憧れだった車。今ではすっかり高級車化している。伊豆諸島の敵。
V37型(13代目)の日本仕様は極力日産カラーを消し、INFINITIバッジを付けて全車ハイブリッド化。

しかし当然国内ユーザーから受け入れられるはずもなく、結局マイチェンで極力日産カラーを取り入れたエクステリアに回帰した。何がしたいのやら…。
TEANAティアナ2003年2014年1月20日 (3代目)-水谷豊御用達。セフィーロローレルの統合後継車。
クーペ/コンバーチブル
GT-RGT-R2007年2007年12月6日2017年11月16日羊の皮を脱皮し、水平線から独立したスーパーカー。維持費が高いわりに小学生がデザインしたかのような醜く稚拙な容姿をしている。発売から10年以上経っているが未だにモデルチェンジの気配がない。しかしこれでも日産のフラッグシップモデルである。
FAIRLADY Z 114b フェアレディZ1969年2008年12月1日 (6代目)2017年7月6日国民的スポーツカー…だった。GT-Rの台頭で日産からも忘れ去られたという、哀れな車種(どうしてこうなった)。
SUV/クロスオーバーSUV
X-TRAILエクストレイル2000年2013年12月11日 (3代目)2017年6月8日結構売れてるSUV。車内を水洗いできるのが売りで、CMでは乱暴に扱われていた。現在リコールがかかり、全力で日産の利潤を食いつくそうとしている。
3代目でデザインが大幅変更されて、どうしてこうなった。2014年にはハイブリッド車も出ましたよ。
KICKSキックス2020年2020年5月-ジューク(後述)の後継ぎ者。しっかりしたデザインが売りのSUV。初代は「XIX」という名で軽のSUVだった(後述)。
ミニバン/1BOX
ELGRANDエルグランド1997年2010年8月4日 (3代目)2014年1月15日高級ミニバン。実は護送車に使われてたりする。
NV350 CARAVANNV350キャラバン2012年2012年6月15日2017年7月13日大きすぎるワゴン。実はバンもあったりして…。ハイエースの永遠のライバル。
SERENAセレナ1991年2016年8月24日 (5代目)2019年8月1日モノより想い出を重視するクルマ。だからといってデジカメになってたりするわけではない。5代目で同一車線だけの自動運転を搭載。これはバネットさんもビックリ!
NV200 VANETTENV200バネット2009年2009年5月21日2013年4月?安いワゴン。バンはもちろん、なんと 5ae タクシーまで存在している。
ハッチバック/トールワゴン/2BOX
NOTEノート2005年2020年12月 (3代目)-初代はエンジンの排気量のでかさだけが売りのハッチバック。実際130万円程度で1500ccのエンジン積んでいるのはこの車種くらいなもの。しかし2代目では一転して格上のティーダを吸収した挙句の果てに、全車に1200ccの3気筒エンジン(このうち、上位グレードはエコ対応スーパーチャージャーの付いた1200ccの3気筒エンジン)を積んであまり売れなかったのか、後期型で「良いPOWER」と言うハイブリッドなのか電気自動車なのかよくわからないエンジンを搭載したらバカみたいに売れてる。愛称「ノテ」。[1]
MARCHマーチ1982年2010年7月13日 (4代目) 6c46 2013年6月24日初代はある芸能人の駄洒落がキャッチコピーで、フーガ以上に寒い駄洒落だった。一方の3代目は可愛さが売りのカエルで、オープンカーやスポーツモデルもある。現行型となる4代目はタイからの逆輸入車。新興国向け車をそのまま持ってきたようなもので、安っぽさは否めない。他社のライバルとの競争に負けたのか、最近はめっきり売れていないらしい。
LEAFリーフ2010年2017年9月6日 (2代目)-葉の葉の方。日産初の電気自動車。2代目であの絶望的にブサイクな見た目が一転、かなりのイケメンになった。
商用車
CLIPPERNV100クリッパー2002年2015年2月24日 (3代目)-ミニキャブのOEM車だったが、2代目ではキャリィとエブリィのOEM車となった。元々は小型トラックでキャブオール(後述)の兄弟車だった。
ADVANNV150AD1990年2006年12月 (3代目)2016年11月30日ウイングロードベースのビジネスカー。三菱でも販売。見た目は商用車そのものだが、自社開発の7?V型12気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は950馬力を発生する。ハイプレッシャーターボも発売中。JTCCでは表彰台に登った事もある。ウイングロードなき今も生産が続いている。
ATLUSアトラス1983年2007年6月14日 (3代目)-別名・進撃の巨人。2tクラスは某社から里子に出された。1tクラスはこちらから某社へ里子に出している。
CIVILIANシビリアン1971年1999年2月 (3代目)2004年9月エコー(後述)の後継ぎ者。その命名は「市民の足となり、市民に愛されるマイクロバス」という思いが込められたという。ディーゼルエンジンが主流のバスにしては珍しくガソリンエンジン車が設定されている。
軽自動車
CLIPPER RIONV100クリッパー リオ2007年2015年2月24日 (3代目)-タウンボックスのOEM車だったが、2代目ではエブリィワゴンのOEM車となった。
DAYZデイズ2013年2019年3月28日 (2代目)-オッティの後継車でeKワゴン(4代目)の姉妹車。三菱製のエンジンがこれがまたパワーが無い。燃費不正しちゃって話題になったやつ。
ROOXルークス2009年2020年4月1日 (3代目)-eKスペースの姉妹車。ハイウェイスターのフロントグリルがセレナっぽい。燃費不正で世間と相葉くんをWOW!にした軽。初代はパレットの姉妹車だった。

過去の主な車種
普通車

プレシデント
:日産版センチュリー。「シーマとは違うのだよ!シーマとは!」。

セドリック:日産版クラウン。230型は『西部警察』でたくさんお釈迦になった。香港・シンガポールのタクシーでもおなじみで、ジャッキー・チェンの映画でも出てくることも。

グロリア:外見はセドリックと瓜二つで、バッチやグリルを変えただけである。


ローレル:元祖ハイソカー。純粋な高級車でありコロナマークUの強敵として登場したものの、この車の2代目の2ドアハードトップに飛びついたのは金持ちや法人ではなく暴走族だった。

セフィーロ:「くうねるあそぶ」だとぉ?働け。

サニー:旧・日産版カローラ。実はカローラより早く登場している。

ラティオ:かつてのサニーに代わるカローラアクシオ(かつては「カローラ」と呼ばれた)のライバル。サニーの後継車種であるにも関わらず、皮肉なことにユーザーの平均年齢がライバルのカローラアクシオよりも更に高齢化してしまった。ちなみに2代目モデルは初代モデルと違い、タイからの逆輸入車だった。[2]


ブルーバード:サニーより少し高い車。昔はラリーで頑張っていた。別名・ダットサン・ブルーバード。

シルフィ:ブルーバードの冠名が消滅し、ワイドボディとなった(どうしてこうなった)。といってもエコカー減税に非対応のため、やたらと燃費が悪い。アクセラの敵。

マキシマ:ブルーバードの兄貴分。2代目はブルーバードの冠名を捨てて独立化。その後、2代目セフィーロに未来を託し、引退…。


シルビア:日産の極悪スポーツカー。走り屋がぶつけまくったことが原因で保険料が高い。「プジョー406クーペだけは、隣に並ばれたくないッス!」とは、最終型S15オーナーの弁。

ガゼール:外見はシルビアの3代目&4代目と瓜二つで、バッチを変えただけである。

180SX:シルビアの兄弟。


Be-1:日産唯一のコメディカー。キャンバストップ付きも存在していた。

パオ:Be?1の弟分。Be-1と同様、キャンバストップ付きもあった。

フィガロ:パオと同様、Be?1の弟分である。警部殿の愛車でもある。


パルサー:日産版シビック。速いくせに曲がらない悪質なラリーベースモデルもあった。

リベルタビラ:バイオレット(後述)の後継車。日産版スプリンターとして有名。2代続いた。

ラングレー:スカイラインっぽいセダン。M君の愛車であることはあまりにも有名。

ローレルスピリット:サニーをどうしたってローレルにはなれなかったらしい。


プリメーラ:サスがプリメーラで車そのものもプリメーラ。3代目だけ異様にすごい。

レパード:性能とデザインが釣り合わない状態でデビューしたため、販売は伸びなかった。2代目はパトカー専用車として設計され、神奈川県警は港署に納入された。

プレセア:やたらと名前をパクられるセダン。

バイオレット:510ブルーバードの後継車、或いはサニーとブルーバードの間を埋めるクルマ。後に2回改名している。

オースター:バイオレットをスポーティーに仕上げた車。初代のクーペのみレビン・トレノのライヴァルとして若者に人気。のちにプリメーラと改名。

スタンザ:オースターの高級ヴァージョン。和製ヴァンデン・プラ・プリンセス。


テラノ:新車で買うとスカイラインと同じくらいの値段。のちにテラノは消滅、スカイラインは高級化して値段も高くなった。

チェリー:日産初のFF車。2代続いた後パルサーと改名。

ミストラル:日産のどうしようもないRV車(名前が某東方キャラっぽい)。ヨーロッパ専売車を逆輸入したらしい。ちゃっかりゲーム版チョロQに収録されてたりする。

デュアリス:ロボットに変形するとかしないとか。デュアリスにそっくりとなった3代目エクストレイルに未来を託し、引退…。

ジューク:ムラーノよりも大胆なデザインのSUV車。「クーペですか?いいえ、SUVです。」(ザクレロにしか見えない…)。

ステージア:スタゲアともいう。

アベニール:初代初期はプリメーラ、後記はブルーバードやプレーリージョイ、二代目はリバティーのそれぞれ姉妹車であるため靴のサイズも同じ。ハイウェイスターの元となるエアロエクスプレスやリゾートエクスプレス仕様が販売されたが二代目ではなかったことに…。15年間、駅ワゴンとして頑張ってきたが、翼道に未来を託し、引退…。

プレーリー:初代、二代目は名無し。魔改造を思わせるビッグMCで二代目は進化し、ジョイを名乗るようになり、妹分のアベニール同様に、エアロエクスプレスが設定された。しかし登場後僅か3年であぼーん。ちなみに現代のラフェスタが名乗るジョイはこれのオマージュ。3代目はリバティーと名乗った。6年間頑張ったが、ラフェスタに未来を託し、引退…。

ラフェスタ:スバル・ステラの最高級グレードである。スポーツグレードである「ハイウェイスター」の2代目は符例間死ーのOEM。

ウイングロード:漢字で書くと、侍みたいでかっこいい。そっくりさん多数。ADバンと同じ、自社開発の7?V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は950馬力を発生する。

キューブ:三月の兄弟。マイルーム。その角ばった車体からDQN専用車種としておなじみ。3代続いた。

商用車[編集 5d4 ]

サニートラック:24年も潰れずに出まくっていた、伝説のピックアップ。別名・生きた化石。

ジュニア:名前のまんま。というかサニートラックをワイド化しただけの代物だった。

エスカルゴ:これも名前のまんま。とんねるずのうたにもあるけどね。

パトロール:昔から生き続けた日産の元祖4WD。 2d54 その後、サファリと改名。

キャブオール:日産史上最強のエンジンを積んだ小型トラック。18年間、日産の名物トラックとして頑張ってきたが、巨人に未来を託し、引退…。

エコー:2件の横転事故を出してしまった、悲劇のマイクロバス

軽自動車

コニー
:日産の軽第0弾。発売は1960年代前半で元々は愛知機械工業の軽自動車だった。

モコ:日産の軽第1弾。MRワゴンのOEM。3代続いた。

オッティ:日産の軽第3弾。ekワゴンのOEMだが日々に道を譲り引退。

ピノ:日産の軽第4弾。アルトのOEMだが、他にキャロルがいる。フルモデルチェンジせずにわずか3年で販売を終了。

キックス:日産の軽第5弾。パジェロミニのOEM。

デイズルークス:日産の軽第6弾。ルークスの2代目に相当する。

脚注^ 初代モデルのCMでは絵筆として使われていた。
^ タイ製でなおかつ全車1200ccの3気筒エンジンを搭載したコンパクトセダンなのに生意気にも販売価格が超ボッタクリ(=超割高)価格であるため、ある意味、大変情弱な70代前後の小型セダンマニアを騙すカモネギ的な車種との見方もあるようだ。

関連項目

ルノー


じゃんけん:1980年代後半には、日産は土曜21時30分に開催された「関口宏じゃんけん」のメインスポンサーであった。

世界の恋人:日産のテーマ曲。かつては土曜21時50分に流れており、「土曜日の終わり」を知らせるシンボルであった。

日立製作所:夫会社。日産の創業者である鮎川義介が、日立の創業者である久原房之助の姻族であるため。創立は日立の方が先。
 ・話・編・歴 自動車メーカー・ブランド

日 :トヨタ自動車(レクサス) - SUBARU - ダイハツ工業 - 日産自動車 - 本田技研工業
韓 :現代自動車 - 起亜自動車
独 :アウディ - オペル - BMW - フォルクスワーゲン - ポルシェ - メルセデス・ベンツ
英 :アリエル - a5b ケーターハム - マクラーレン
伊 :フェラーリ - ランボルギーニ - ランチア
仏 :シトロエン


更新日時:2021年4月3日(土)10:33
取得日時:2021/05/17 10:13


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:36 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef