日本航空
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…会社の成り立ち[編集]第二次世界大戦中、帝国陸軍向けに占領地へ旗を運ぶ国策会社として発足した。当時は航空機の技術も低かったため、墜落も多かったが、戦争末期にはこの社風が特攻攻撃として応用されたという。この伝統が後世に響くことになるとは誰も想像しなかったが、石原慎太郎はこの精神を押しつけがましく賞賛している。

戦後、軍が解散してからは、旗を運ぶ需要が激減。荷室にいすを置いて人員輸送に乗り出したが、木星号でエクストリーム・謝罪への華々しいデビュー宣言を行う。

エクストリーム・謝罪への参加回数を増やす味付けとして(ライバルの全日本空輸も多いが、比較にならないほど多い)、オーディオサービスも無い「空飛ぶ監獄」ことMD-81/87やJALエクスプレスを拡充させるなど、他を寄せ付けない非人道的なサービスから、今では「謝罪航空」とか「墜落航空」・「事故航空」などと揶揄されている。

なお、詳細は「沈まぬ太陽」に記されているが、政府抱き込み策で日本国民が飛行機に乗る際は、日本航空か運送会社の全日空のどちらかしか無い不幸な半世紀を過ごす。

ライバルの全日空もかつて「極道航空」とか呼ばれたり、横11列エコノミーをかましているので、むしろ日航は日本の航空会社として真っ当な姿と見なす向きもある。
王者への道

エクストリーム・謝罪王者へと向け、会社をあげて社内で競わせるコンペ・7組合方法を採用。年度替わりの忙しい時に年収二千万の機長が突然賃上げ交渉を行う、整備士をリストラして飛行機を使い回す、40歳を超えたスチュワーデスに過重接客をさせて反応を見てみる、乱気流に突っ込んでみる、実験のために、飛行中に逆噴射してみたり、挙げ句の果てに山にツッコミを入れたり、ニューヨークのエセックスハウスなど、海外の高級ホテルを高値づかみして、航空機運賃を値上げするなど、様々な方法を採った。このコンペ方式は互いの妨害にもいかんなく力を発揮し、エクストリーム・謝罪への参戦頻度が恒常化してくる。

心ある人は、燃料費高騰と社内紛争等とで経営がめちゃくちゃになっていることを憂い、「瀕死航空」・「赤字航空」・「国鉄航空」・「増資航空」・「日本国有鉄道空間汽船管理局」とも呼ばれている。考え方によっては、正に借金だらけの日本政府・地方自治体(代表:夕張市)を象徴している存在ともいえなくも無い。

昔のマーキングは、太陽のアーク。殆どの人にこのマーキングは支持されているが、中には、「血の垂直尾翼」と呼ぶ人もいる。どっからどう見ても潰れそうな現状に関して、JASの怨念だという社内の意見を汲み取り、太陽アークにレインボーラインを取り入れることを確認した。

かつてテレビドラマで名声を博したジャパンアクションクラブ (JAC) を子会社として保有している。同社は、特に地方路線の小型機でアクロバティックな離着陸を繰り返している。

現在は秘密結社の「一世界(一組)」に所属しており、一時期倒産により破門される噂も飛び交ったが、それは「一世界」の盟主である「アメリカン航空」らのツンデレな態度であり、結局は元の鞘へと収まってしまった。しかし、その一方で日本の航空会社の中でも「スリル感のある会社ランキング」でトップクラスに位置する点が共感を呼び、「空組」の盟主であるデルタ航空から誘われて「空組」への加盟も期待されたのだが…。
日本航空の絡む事件

本当に数え切れないほど多い。いちいち書いていたら限が無いため、重要なものだけ挙げる。

1952年
4月9日 - 三原山に福岡空港行きの「もく星号」墜落、乗員乗客の全員に当たる37名死亡。
日航の発足翌年、ノースウエスト航空への運行委託時代に発生した最初の重大事故。当初、「アメリカの陰謀」とか「生存者発見」などとデマ情報が大量に流され、アメリカに配慮して捜査がまともに実施されなかったことも語り草となっている。

1982年2月9日 - 東京国際空港(羽田空港)への着陸前、精神障害の操縦士により海に航空機墜落。24名死亡。
前日にホテル・ニュージャパンの事故が起こっており、マスコミを悲鳴を上げさせるほど喜ばせた。この事故では「逆噴射」や「機長、やめてください!」が流行語になるほど注目され、ニュージャパンとはこの年の大会で優勝を争うことになるが、ニュージャパン社長のパフォーマンスの前に完敗してしまった。

詳細は「日本航空350便墜落事故」を参照

1985年8月12日 - 群馬県の高天原山(御巣鷹の尾根)に大阪国際空港(伊丹空港)行きの航空機墜落。520名死亡。
世界的歌手の坂本九や21年ぶりの優勝を控えた阪神タイガース球団社長の中埜肇など、著名人含め大量の乗客を死亡させた事もあって、現代の西日本旅客鉄道と同様に一気に高得点が稼げる死亡者数を争う存在として、この事故以後同社は注目されるようになっていった。そして、この年のエクストリーム・謝罪では死者点だけで5200点を挙げ、優勝した。

詳細は「日本航空123便墜落事故」を参照

2001年1月31日 - 静岡県駿河湾上空で2旅客機がかろうじて接触回避。100名余り負傷。
管制官のミスにより起こった事故だが、あろうことか日航機同士の事故であったため、操縦士が冤罪になる所であった。しかし1ヵ月後にえひめ丸の事故が起こったため、報道が中途半端になってエクストリーム・謝罪で思う様にポイントを稼げなかった。残念な話である。

2005年8月12日 - 福岡空港離陸直後に子会社のJALウェイズが運行する航空機のエンジンが発火し、部品を市街地に撒き散らした。
前述した520名死亡事故を起こした20年目という節目の日に、この事故をまるで狙ったかのように起こしたため、日航が日本の代表的謝罪プレイヤーであることを再確認させた。

2010年1月19日 - 会社更生法を申請して自力再生を断念、倒産する。死傷者0名(推計)。国交相と国民と株主に謝罪する。
初めて事故かトラブル関係以外で記者会見の場で謝罪をすることになった。兆単位の債務があるといわれ、取引銀行には債権を放棄してもらい、債権に必要な金を確保するため国民の血税をつぎ込み、さらに利用者には路線削減で不便を強いることとなるため、その迷惑度は事故のときと同レベル、もしくはそれ以上になるとも噂されている。

2010年6月1日 - ラジオ番組「JET STREAM」の1967年から続いてきた一社提供を断念。死傷者0名(推計)。TOKYO FMとリスナーに謝罪する。
管財人からは「JET STREAMの一社提供が43年続いておりますが、長すぎませんか? コスト削減のために撤退してはだめなんですか」という意見もあったが、暫くはJALのマイレージサービス「JALマイレージバンク」と提携しているイオンと共同提供することで管財人などの同意を得たが、番組のファンからは否定的な意見が出た。

2010年10月頃
雇用契約を自動的に打ち切る「整理雇用」を行い、何を悪くない運行乗務員を辞職とみせかけクビにした。「あなたに活躍の場はありません」などと脅し、強引に退職届を出させた。退職勧奨に応じない連中は「運航に集中できない。事故が起きる一歩手前の状況だ」と脅迫。このニュースの影響で周りから批判された。
関連項目

チャイナエアライン(日航を凌ぐ謝罪プレイヤー)

大韓航空(同じく日航を凌ぐ謝罪プレーヤー)

マレーシア航空(同じく日航を凌ぐ謝罪プレーヤー)

全日本肛腔(日航を凌ぐ存在)

ニッポン航空(似て非なる存在)

日本エアシステム(星になった存在)

ルフトハンザドイツ航空(鶴繋がりだが、航空連合が違うなど違いが多数)

ワンワールド(元同志、ツンデレな間柄)

スカイチーム

JET STREAM

飛行機

航空機

戦闘機

飲酒運転(よく国際線で行っているプレイ)

JA

糸山英太郎最高顧問も務めてきた個人筆頭株主)

東京急行電鉄(なぜかもと大株主。そして倒産でまさかの大損失)



この項目「日本航空」はエクストリームスポーツに関連する a48 書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年12月29日(日)22:09
取得日時:2021/07/23 21:26


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:16 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef