日本国憲法修正第2条
[Uncyclopedia|▼Menu]

法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、 1a43 日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。

日本国憲法修正第2条(にほんこくけんぽうしゅうせいだいにじょう)とは、日本国民の権利について規定した憲法の条項のひとつである。
修正第2条

(日本国憲法修正第二条)規律ある戦力は、国家の安全にとって必要なことから、市民が武器を有し、また携帯する事が出来る。
第一項日本社会における民兵

日本では市民の武装が公認されている。武装した市民はそれぞれの血族により組織化されている。諸外国においてサムライニンジャヤクザなどと呼ばれている個性有る武装集団がそれである。彼らは自前の武器(日本刀、手裏剣、ピストル等)を所持しており、社会の規律を乱す者に対して武力を行使している。日本の治安が良いのはそのためである。

日本の司法では「仇討ち」が推奨されている。これは犯罪の被害者の所属する集団が、加害者を捜し出して処罰する風習である。裁判という面倒な仕組みが無いので、時間的に得である。弁護士費用が必要無いのも特徴で、アメリカのように弁護士が肥え太る心配も無い。

さらに決闘も政府の後押しで普及しつつある。これも仇討ちと同じように被害者と加害者が刃を交わす風習であり、揉め事を関係者間で綺麗に清算することが出来るので、諸外国のように裁判を行った関係者が恨まれると言うこともない。ただし加害者の遺族が逆恨みで被害者に更なる決闘を申し込むと言う事例もあり、イタチごっこによる殺し合いが頻発する危険性も危惧されている。こうなった場合には地域の武装集団や役人が関係者を処罰するが、この行為も他の地方の親類に恨まれることがあり解決は非常に難しい。

日本は先進国の中でも、人口あたりの警察官数が少ないのではないかと指摘されているが、これらの民兵集団が警察の役割を補完しているわけである。日本国憲法には政府が軍隊を保有しないと明記されているが、サムライが居るので軍隊など必要ないというのが実態である。日本の統治機構には秘密警察が無いが、ニンジャの家系の者による私的な貢献が大きな役割を果たしているのである。

これらの民兵が映画のテーマになる事が多いのは、日本国外の人々にもよく知られていることである。ヤクザものでは「仁義なき戦い」、ニンジャものでは「くノ一忍法帳」が有名である。
関連項目

日本国憲法


更新日時:2017年4月9日(日)09:03
取得日時:2021/06/24 20:19


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3299 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef