文化の盗用
[Uncyclopedia|▼Menu]

文化の盗用(ぶんか-とうよう)とは、相手の国の人の意見がどうであれ、先進国が別の国の文化の真似事をしている様子。本来の文化とはかけ離れている場合にも使われ、さらには逆に悪影響となっている場合もあり、やってはいけないことをやっている様子も含む。ただし後進国の人が先進国の文化の真似事をしたり、先進国の人でもその文化の歴史、背景に関する知識を豊富に蓄え、趣旨、感性を完全に正しく理解した人はこの限りではない。目次

1 概要

2 日本における文化の盗用

3 認定試験

3.1 科目


4 歴史問題との矛盾

5 アンサイクロペディア

6 関連項目

概要

植民地時代、支配側に立てた国々は、自国の利益のためにアジアやアフリカ、アメリカと呼ばれる辺境の地域の文化を抑圧した。そしてWW2後、急激に進行する自由主義の進出とグローバル化による文化の画一化により、辺境地域には欧州文化が大量に流入。二度にわたる文化の抑圧は、辺境の文化の根本が失われ大打撃を与えてしまったことは言うまでもない。現代まで数百年も続く文化的支配はその地域の住民のアイデンティティーの崩壊を招きかねず、支配側の国の文化と土地に根付く文化を足して二で割ったような状態と化してしまった国も少なくない。

辺境地域の失われた文化の尊厳を尊重するべく登場したのが「文化の盗用」という考えである。土地に根付く文化の習慣や服装の知識を持たずに勝手に真似したりすることはその文化を植民地時代のように弄び尊厳を傷つけることとされ、尊厳を傷つけるような行為をしたものは社会的に抹殺されるようになった。こうして文化の違いを大切にし、一方が他方を弄ぶことのない、多様性を尊ぶ素晴らしい社会が築かれるようになったのだ。文化の盗用は白人のみに適用されるという風潮があるが、短期間であれど植民地支配を行い東南アジアおよび東アジアを恐怖のどん底に叩きつけた日本も例外ではない。しかし当の日本には未だ浸透していないので、早急に周知し健全な先進社会を築くべきである。
日本における文化の盗用

日本では多数の文化の盗用が行われている事実がある。そうしたことを解消すべく以下に盗用の例を列挙する。

クリスマス

これはヨーロッパで広く信仰されているキリスト教の一大イベントである。日本ではリア充が街中を闊歩する日になっているが、それは生涯独身であったキリストに対する冒涜であるのでリア充は家でじっとすべきである。

ハロウィン

ハロウィンは決してお菓子を食べて虫歯を増やしたり仮装して街中を練り歩くパーティーではなく、秋の収穫を祝い悪霊を追い払うケルト人の祭りであるから盗用にあたる。

フランス料理を作る

フランス料理はフランス独自の文化であるから日本人に合うはずがない。それでも作るということは高貴なフランス料理を貶めるような行為であるから調理途中の人は即時中止し食材は三角コーナーに捨てるのだ。

フォークを使う

フォークはイタリア人が発明した一つの文化であるから、日本人はスパゲッティーを食べるときは必ず箸を使うよう心掛けるのだ。実際にあるだろ、そういう店が。

肉を食べる

元々肉食文化がなかった日本人が何気なく肉を食べることは、肉食文化の国の尊厳を傷つけ弄ぶことになる。日本にあったとされる旧石器時代はゴッドハンドのねつ造である。

右手で食べる

右手で食べ物をとるのはインド人の作法であるから、ポップコーンやポテトチップスを何気なく右手で食べるのは文化の盗用に当たる。

{}を使う

アイヌ民族の伝統的衣装の模様の一つに{}と似たようなものがある。これを使用することはアイヌ文化を冒涜しアイヌ文化振興法に抵触する。{}の使用は日本のみならず世界中の数学の授業で使用されていることが2010年の国連の調査で発覚。アンサイクロペディア内でも{{節スタブ}}や{{お察しください}}などの非常に多くの{}が使用され問題となっている。

言語を使う

言語は人間固有の文化[要出典]であるから、道端で会話をしているように見えるカラスやサルを見かけたら殺処分することをお勧めする。

シェイクスピアを上演する

日本人がイギリス人を演じるこ? 544b ?は盗用にあたる。舞台がイタリアで、ユダヤ人が出てくる「ベニスの商人」や、顔を黒塗りにして黒人のムーア人に扮する「オセロ」を上演することは、2重、3重の意味でもってのほかである。
認定試験

上記にあるように、他国の文化に非常に明るい人が必要な範囲でなら文化の盗用をしてよい。そう認定されるには、その国の試験を受けて認定書を授与されて初めて真似事をしてよいのだ。問題用紙は全てその国の言葉で書かれている。

全体的に非常に高い難易度であるが、これも文化の尊厳を尊ぶ人材を選び抜くには必要不可欠である。
科目

試験科目は国によるが多岐に及ぶ。例えばフランス料理を作りたければ料理に関する知識はもちろん、フランス人形の発祥から古代フランク王国の概要、最新の流行まで全て明確に暗記し試験に臨む。

芸術

筆記試験の実技試験の二種類がある。筆記試験の出題範囲は音楽や造形、料理、サブカルチャーまで多岐にわたる。一部の国ではそれぞれ別の科目とするところもある。答案には少しの文法ミスやスペルミスも許されない。実技試験は審査員の前で簡単な芸術作品(料理、陶器、布製品、絵画等)を即興で作る試験。練習は文化の盗用に当たるのでぶっつけ本番である。更に出来栄えは普通に練習している人並み以上を要求される。

語学

全ての文化の基礎である語学試験はその国の一般庶民が読んでもさっぱり、というほど非常に難解な問題文が大問一つにつき数ページほどある。更に独自の文字があればその起源や、古語のような語学に関する専門知識も要求される。

宿泊

この科目は試験会場で行われるものではない。フランス文化に染まりたいならフランスに宿泊し地域の人々とコミュニケーションをとるというある意味楽な試験。が、宿泊先は自分で探し食事代や交通費はすべて自腹。ホテルの部屋には監視カメラが取り付けられ、外出する際は監視員から監視員が24時間欠かさず監視。少しでも出身国の言葉を話したり習慣を出せば「外国に来てまで自国の習慣を押し付けた」とされそこで不合格になる。
歴史問題との矛盾

新しい文化はいろいろな文化がかかわりあいながら作られていくことが多い。仏像のデザインが誕生した場所はインドだが、元はギリシャ文化とオリエント文化が融合したヘレニズム文化とインド文化が融合してできたとされている。そして中国に伝わり更にそこで改造され日本まで伝わった。さて、仏像のデザインを誕生させたのは一体どの文化なのだろうか。

韓国起源説

とにかく、世界の文化は、韓国文化の盗用であることを自覚しなければならない。参考書としてはテコンダー朴を推奨。
アンサイクロペディア

辞書パロディの元祖は『悪魔の辞典』である。よってこのサイトの存在は文化の盗用である。

悪魔の辞典

関連項目

差別

人権

社会問題

矛盾


更新日時:2018年4月2日(月)08:24
取得日時:2021/11/25 23:23


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8937 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef