投げやり
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きな
ディスプレイと母性が必要です。
アンサイクロペディア法を熟読した上で、分量を増やして下さい。

投げやり(な - )とは、を使って投者自身がどこまで飛ぶかを競う競技である。目次

1 競技方法

2 歴史

3 脚注

4 関連項目

競技方法

槍を持った状態で助走を始め、加速しながら、助走路の先端にある「スターティングライン」で持っている槍をいきなり地面に突き刺して[1]、作用・反作用の法則と慣性を利用してジャンプし、自身がどのくらい遠くまで飛べたかを争う競技である。槍をある一定の角度内で地面に突き刺した上で、一番遠くまで飛んだ者が優勝となる。逆に棒高跳は槍をどこまで高く投げることができるかを競う競技である。

助走路の幅は4m、国内の大会では長さ30m以上、国際大会では33m50cm以上が必要である。また、助走路の先端(スターティングライン)8m手前を中心とした標識(中心鋲)から角度28.96度を示すラインの内側に着地しなければならない。これはやり投げ競技とまったくの同一であるため、やり投げの競技設備をそのまま使う事が可能である。

感情を表す「投げやり」は、この競技の特徴である「何もかもどうでもよくなったかのように槍を地面に突き刺す」ことに由来する。
歴史

元々やり投げという競技があったが、稀に槍が人に刺さっちゃうことがあり、極めて危険な競技であった。その危険性をなくすために編み出されたのが、投げやりである。だが、稀に地面に突き刺すべき槍を足に突き刺しちゃう例も見られ、未だ課題は山積している。

また、地球温暖化に伴う異常気象、新型コロナウイルス等の未知の病原体による混乱、地球規模での社会不安などによって、身を投げてしまう人が多発したこともあり、「投げやりになるより、投げやりやろうぜ」というキャッチコピーのもと、日本投げやり協会[2]が自殺防止を呼びかけるとともに競技の普及を図っている。しかし、「混乱や人の不安な心理に乗じた便乗商法だ」としてやたらめったら叩く人も存在し、そのせいで身投げしてしまう人も現れているのは悲しむべきことである。
脚注^ このとき、「畜生!」や「あほんだら!」など、鬱憤を声に出すと好記録が得られる。
^ 略称は「NNA」。うっかりローマ字打ちしてしまうと「んあ」となってしまうため、注意が必要である。

関連項目 8a2 ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「やり投」の項目を執筆しています。

陸上競技

投げハンマー - 重いハンマーを振り下ろして地面を叩き、その勢いで空高く飛ぶ競技

投げ円盤 - 円盤を高速回転させ、それを掴むことで自身も高速回転し、その勢いで空高く飛ぶ競技

投げ砲丸 - 重い鉄球を地面に叩き付け、その反動で飛ぶ競技

投げスプーン - 槍ではなくスプーンを突き刺した反動で飛ぶ。難度が高く、競技者は特定職の人に限られている。
e93

更新日時:2021年4月7日(水)19:10
取得日時:2021/06/13 08:10


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4945 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef