手塚治虫
[Uncyclopedia|▼Menu]
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は手塚治虫だから。君は間違っていないよ。)

テヅカオサムシ

テヅカオサムシの発見者である手塚治氏
分類

界:労働界
門:職業門
綱:芸術綱
目:デザイン目
科:漫画科
種:テヅカオサムシ

学名
God of Manga
和名
手塚治虫
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テヅカオサムシ」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「テヅカオサムシ」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「テヅカオサムシ」の記事を執筆しています。謎の読者もどきのために、エンペディアのミヤコ様の使いたちが
謎の「テヅカオサムシ」の項目もどきを執筆しています。

テヅカオサムシ(手塚治虫)は、芸術綱デザイン目漫画科に属する昆虫である。1928年に初めて発見された。現在は絶滅している。
概要

1928年11月3日、現在の大阪府豊中市にあるとある公園で、とある男の子が珍しい昆虫を発見した。その男の子は、漫画と昆虫採集が趣味の小学生・手塚治(てづかおさむ)くんであった。今までに見たことがない珍しい昆虫を捕まえた治くんは、その昆虫を自分の家で飼うことにした。そこで 60a9 両親に捕まえた昆虫の名前を尋ねたが、両親にも全く分からなかったので、昆虫学者に聞いてみることにした。治くんが見つけた珍しい昆虫を見た昆虫学者は「こっ、これはすごい…! 今までに一度も発見されたことがない新種の昆虫だ!! よし、この新種の昆虫に名前を付けなければ!」と言った。そして、発見者である手塚治くんにちなんで「テヅカオサムシ」と命名された。

新種の昆虫発見という、世紀の大発見ともいえる偉業を成し遂げた治くんは、翌年の夏休み宿題として出された「自由研究」に関して、「ぼくが発見したこん虫」というタイトルでテヅカオサムシに関する研究内容を模造紙にまとめた。そして、同じく夏休みの宿題として出されていた「自由工作」に関しては、「鉄腕アトム」というロボットおもちゃを作った。

しかし、テヅカオサムシはこの世に一匹しかいない極めて貴重な昆虫だったため、1989年2月9日に死んでしまったのを最後に絶滅してしまった。しかし、1928年に発見されてから60年以上も生きていた虫であったため、とても長生きの昆虫として世界的にも注目を集めた。
発見者・手塚治のその後

テヅカオサムシの発見から約10年後、手塚治さんは大人になり、ロボット製造メーカーに就職した。そこで日々様々なロボットの製造・開発を手掛けていた治さんは、小学生の頃に夏休みに作ったおもちゃのロボット「アトム」を、さらに大型のロボットとして開発・販売することを目標とした。アトムが実際に完成したのは1950年代になってからであった。アトムの完成から数年後には、「ウラン」「お茶の水博士」などのロボットも作られ、いずれも多くの子供たちから絶大な人気を集めた。
宝塚市立テヅカオサムシ記念館

兵庫県宝塚市には、1994年創立の「宝塚市立テヅカオサムシ記念館」がある。この記念館では、テヅカオサムシが1928年に発見されてから1989年に絶滅するまでの歴史や、テヅカオサムシの発見者である手塚治さんの生涯などが紹介されている。治さんは大阪府出身であるにも関わらず記念館が兵庫県にあるのは、治さんの両親の実家が宝塚市にあるためである。しかし大阪府民は、治さんの出身地である豊中市に記念館を移転しろと抗議している。

「 手塚治虫 は、漫画関連の書きかけ項目です 」
「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、手塚治虫 に加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)


更新日時:2022年9月26日(月)20:35
取得日時:2023/02/08 03:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6204 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef