心臓
[Uncyclopedia|▼Menu]

注意 : この項目には高齢者以外の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれています。

  

心臓(しんぞう)とは生物の胸にある空気入れで、に次いで大事な中身とされている。病院のベットから、逝きそうな青年が解説してくれるそうだ。
概要

こ、こんにちは・・・今日は意識がもうろうとしていますが、頑張って解説します・・・人が呼吸をする時に空気を吸い込んで、そこから酸素を取り込むのが肺です。肺から送り込まれた酸素は動脈という血管を通って、使われた酸素は静脈を通って肺に辿り着き・・・二酸化炭素として・・・排出しま・・・ぐぅっ!

「暗才君!」

大丈夫だよ、黒子ちゃん・・・まだ、少しの間は大丈夫だから・・・心臓は力持ちで、インパルスで・・・全身の血流をコントロールしていて・・・それからマラソン選手なんです。ずーっと、動いてるんです。生まれてから死ぬまで、ゴールまで走り続ける。だから・・・例え病気でも、心臓に感謝しなけりゃいけないんです。例え弱々しくても、一生懸命走ってるんですから・・・この病院の人達も、皆感謝しています。もちろん、僕も感謝してい・・・ま・・・・・・・・・

「いや!駄目・・・私を置いていかないで!!」

・・・!ハア、ハア、今のは危なかった。でも、アンサイクロペディアの皆さんに心臓の素晴らしさを教えたいんだ。続けさせてくれ・・・よく脳に心があるって言うけれど、それは違うんだ。心臓には魂が宿っていて、魂から脳に気を送っているんだ・・・脳は気を電気信号に変換して、そこから身体を操るんだよ。だから、ウィキペディアの知識は間違っているんだ・・・本当に正しいのは・・・ああ、もう駄目だ。限界だ・・・

「そんな・・・暗才君!暗才君!!」

ごめんね、僕みたいな貧弱なのが彼氏で。でも不思議な気分だ・・・天国にいけそうな・・・・・・僕はちゃんと、伝えたよ。僕はちゃんと・・・・・・

「ああ、ああああ・・・暗才君!暗才君!!・・・・・・何で・・・何で!私を残して逝っちゃうのよ・・・・・・う、ううぅぅ(涙)」


死亡確認
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「心臓」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒心臓」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「心臓」の記事を執筆しています。



心停止

安倍心臓 - 日本の元心臓に当たる人物。

31a2

更新日時:2020年10月14日(水)21:42
取得日時:2021/09/19 15:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3720 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef