帝国
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「帝国」の項目を執筆しています。

帝国(ていこく、: Empire)とは、基本的に皇帝、または帝王が支配するのことである。目次

1 概要

2 現実にあった帝国

3 ゲーム、アニメなどの帝国

4 近代の帝国

5 関連項目

概要

ローマ・カトリックイスラム教道教拝金教をはじめとする宗教の力を借りなければ、帝国という名を格調高いものとすることは困難である。しかもこれらの権威により確立された帝国という名ですら、各の宗教を信仰する者の範囲内でしか通用しない。外部からは一笑に付されて終わりというケースが殆どである。
現実にあった帝国

この場合も帝王が君臨し大体王朝、宮殿などを作り兵士を雇って他国に戦争を仕掛けていた。彼らは上述の宗教だけではなく、時に血縁を根拠として帝国を自称した。もちろん戦争に勝つとその土地を占領した。被占領地の住民は帝国の一員となって栄華をのおこぼれを貰うか、全員奴隷となったり別の世界へ追放されたりするという二者択一の結末が待っているため、帝国が自国へ侵攻するということは他の何よりも重大な出来事となった。
ゲームアニメなどの帝国

これらにおける帝国は、各々の世界で通用する宗教に基づいているため、その世界が論破とさならなければ国際的に認められる。たとえそれが中二病的な理念に基づく場合であっても、中二病患者を惹き付けたりマスコミで宣伝したり、ピットクルー職員に山吹色のお菓子を奏上したりすることにより、簡単にその帝国を由緒正しく格式高い国家とすることが可能である。いわゆる敵キャラ(またはその関係者)が君臨してる場合は多く、味方キャラがいても、主人公が君臨してるケースは悪者が主役の物を除くとほとんどない。戦争を仕掛けるところは現実にあったことを沿っている。
近代の帝国

近代では天皇や日王がいれば帝国と名乗って良いことになっていた。昔日本大日本帝国と名乗っていた。当然他の国(当時は)も帝国を名乗っていた。

君主やこれに準ずる者さえ存在すれば、尤もらしい理屈をつけてどんな国でも自称することが出来る便利な c6c 名詞となってしまったため、帝国のハイパーインフレが発生した。この大不況に対する後遺症は実に根深く、現在ではどんな国でも正式名称としての採用を躊躇っている。
関連項目

戦争

帝王



正義

帝国兵


更新日時:2016年8月29日(月)14:17
取得日時:2021/06/11 05:14


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5009 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef