小幌駅
[Uncyclopedia|▼Menu]

小幌駅(こぼろえき)は、北海道のどこかにあるJR北海道にある秘境駅である。

一日に上下合わせて1往復しか列車が止まらない上白滝駅と比べれば小幌駅はまだましな方である。(と書いていたら、上白滝駅は廃止されてしまった。合掌、合掌。) が、列車の停車本数だけが秘境駅とは限らないとまざまざと証明してくれる駅である。また、2015年度の各社局における1日平均乗降人員を合算した値は約0.1人となり、日本のみならず世界一の乗降人員を誇る駅である。

また、2015年度の各社局における1日平均乗降人員を合算した値は約0.1人となり、日本のみならず世界一の乗降人員を誇る駅である。大事なことなので二回(ry目次

1 概要

2 駅周辺

3 行き方

4 駅員

5 関連項目

概要

確かに北海道のどこかにある駅だが大きなお兄さん以外誰も気にしない。こんな場所にJR北海道が駅を作ったのには訳がある。JR北海道は微々たるお客さんにも最善のサービスを提供することを信条としており、智東駅や一時期しか客が来ない浜中海水浴場駅や張碓駅など一年に一人ぐらいしか利用しない駅でも『駅』として存続し少しでも収入を得ようとしていた・・・のだが、前述三駅はお偉いさんによって抹殺された経緯がある。しかし、2015年7月にJRが「小幌駅を廃止するかも」ということを言い始めた。室蘭本線では、以前にもあっさり旭浜駅が廃止されてしまったが、この駅は豊浦町が観光資源少ない町にとって大きなおにいさんたちが微々たるお金をお布施維持費用を出すということで存続となった。

あー、びっくりした。
駅周辺

何かあると思うほうが間違っている。民家なんて無い。道路もない。んじゃ何の為に駅が有るかって?釣り人と鉄オタのためよ!!駅周辺の海で美味しい鰈が釣れることがこの駅を残した最大の理由である(ジュル)。この駅周辺は絶好の釣場だが、歩いては行けない。この場所に行くためには汽車の他に手段がないのだ。
行き方

拍子抜けかも知れないが上白滝駅に比べれば列車での往復は割と簡単なような気がする。その代表的なものが何らかの手立てで礼文駅に行き、15:06発の長万部行き普通列車に乗る。そうすると15:14には何ら問題なく小幌駅に着く。多分客扱いもしてくれる。ただしこの際運転士に「現金で上納金を納める」あるいは「既に上納金を納めた証を提示する」ことを怠ると降ろしてもらえない可能性が高いので注意が必要な気がする。

しばし駅周辺を散策。以前は10分ぐらいしておもむろに駅に戻ると長万部方面のトンネルからモクモクと煙が出てくると同時に赤い熊が轟音と共に駆け抜けて来た時期があったはず。線路上にいると襲われるような気がするので、気配を感じたら早く逃げる必要があるような気がする。無論、抵抗は無意味だ

そのまま呆然としていると、針の飛んだレコードのような短く途切れ途切れの音が轟いていた時期もあったような気がする。すると今度は室蘭方面のトンネルからモクモクと煙が出てくると共に台風並みの突風を感じることができた時期もあったような気がする。そして爆音と共に特急北斗14号が豪速球で通過するのが見られた時期もあった気がする。さらに呆然としていると今度は長万部方面のトンネルから特急北斗13号が通過していく気がする。ところでこの特急北斗13号、いつ見て? 354 ??顔面真っ白な気がする。そういえば以前は青い顔をしていた気がする。そのうちぴーんだりしないか心配だ。

うわぁ・・・すげぇ?と余韻に浸りたい時期もあった気がする。でも15:41に何事もなかったように東室蘭行き普通列車が到着するはずだと誰かが言っていた。別の意味で拍子抜けすると共に現実の世界へと引き戻される。そしてもとにいた場所、礼文駅まで送ってくれる。礼文駅着は15:48なのでわずか42分間で俗世に戻れてしまうような気がする。ちなみに15:41着(15:42発)東室蘭行きはこの? 379c ??初めて停車する室蘭方面の汽車のような気がする。

なお上納金を多く納めたい人は礼文駅より遠くの大岸駅や豊浦駅から往復しても良いが、上記のように簡単に往復できてしまうコースのため逸般人のみならず一般人までもが押し掛け、ただの観光地と化してしまう日も多々ある気がする。

そういうわけで、一人きりを楽しみたい君にとっておきの情報を教えよう。

何らかの手立てで長万部駅あるいは静狩駅に行き、19:28発(静狩19:38発)の室蘭行き普通列車に乗る。すると程なく19:46には小幌駅に到着するはずであり、正当な手続を行えば降ろしてもらうこともできるはずである。さすがの暇人もこんな時間にはやってこないはずである。夏至前後の季節以外は既に真っ暗なはずであり、山の中にひとりぼっちで放り出されるという最高の体験ができるはずである。ただし満喫する余裕もなく20:02に迎えの列車(長万部行き)が来るはずである。

なお普段の行いが悪いと「小幌駅に降り立ったときには既に迎えの列車が出ていった後だった」り、「迎えの列車が来ない」こともあるはずである。その際は駅にあるトイレで小便を済ませた後、個室の隅でガタガタ震えて命乞いをしながら翌朝の列車を待つことになるはずである。
駅員

こんな駅だが、かつては駅員がひとり常駐していた。本当だってば。駅前の待合室を不法占拠してに住居を構えて、冬にはホームの除雪もやっていたというし。でも見た目は完全にホームレスだったらしい。

2006年秋頃に体調を崩して救急搬送されたらしいが、ここまで記してきたような重要駅を守る駅員である。一般人ならせいぜい救急車で淡々と運ばれるところ、ヘリコプターがテレビクルー付きで救助に来て、多くの日本人がその安否に固唾を呑んだとされている。しかし病状は芳しくなく、その後二度とこの地に帰ってくることはなかったという。

彼は生前の功績を讃えて「永遠の小幌駅員」に列せられたため、この駅の駅員は現在も廃止されたままである。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小幌駅」の項目を執筆しています。

JR

日本国有鉄道

室蘭本線
 ・編・歴 北海道の鉄道駅

北海道 :岩見沢駅 - 上白滝駅 - 小幌駅 - 札幌駅 - 常豊駅 - ニセコ駅 - 東根室駅 - 稚内駅
北海道 | 東北 | 北関東 | 東京 | 南関東 | 甲信越 | 北陸 | 東海 | 近畿 | 中国・四国 | 九州

この「小幌駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2021年1月18日(月)21:00
取得日時:2021/07/15 15:15


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef