寝ている間に片方だけなくなる靴下
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちも「寝ている間に片方だけなくなる靴下」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。目次

1 概要

2 発生時期

3 実施方法

4 類似事例

5 関連項目

概要

原則、着替えずに寝ている時に多く発生する一種の自然現象。仕事等で疲れ過ぎてバタンキューの時や子どもを寝かしつけるだけのつもりの添い寝がこの現象を招く。そのまま「本寝」になってしまったりして、靴下を履いたまま眠りについてしまい、睡眠によって、汗をかき始めた時に体温調整のため、無意識に靴下を脱ぐが、寝ぼけ状態のため、片方だけ脱いだことで力尽き、または体温調整が整い、無意識に脱いだ片方をそのまま布団の中やベッドと壁の間へ押し込んでしまうため、なくなる現象を言う。
発生時期

発生時期は春先や秋口の比較的過ごしやすい時期。熱帯夜になる真夏では、靴下どころか、タオルケットが足元で小さくなっている現象が多発する。また、真冬では寒いので靴下がなくなることはまずないが、中の毛布が掛け布団に下でもみくちゃになっている現象や朝方布団の外で湯たんぽが冷たくなっている現象を見て物悲しくなることがある。あくまでも寝付きやすい時期に起きる。
実施方法
「脱がせる足」の親指と小指で「脱ぐ足」に履いた靴下のはしをつまむようにはさむ。

つまんだ状態で、そのまま「脱ぐ足」のくるぶしから土ふまずにかけたところまで下げる。初心者はここで足がつる。

「脱ぐ足」の靴下から「脱がせる足」の足指を外す。

くるぶし付近までおろした靴下を、今度は「脱がせる足」かかとを使って、「脱ぐ足」をつま先を押さえ、「脱ぐ足」を手前方法へ引く。

スルっと抜けたら、後は両足を使って足元やベッドの隅へ押し込める。

類似事例

こたつの中に靴下がたまる


海の中で用を足したくなる

居酒屋で靴下をかかとまで脱ぎたくなる

46f3 関連項目

タオルケットが足元で小さくなっている


中の毛布が掛け布団に下でもみくちゃになっている

朝方布団の外で湯たんぽが冷たくなっている


更新日時:2020年9月3日(木)11:39
取得日時:2021/09/27 10:55


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3892 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef