宮崎放送
[Uncyclopedia|▼Menu]

宮崎放送(みやざきほうそう)とは、宮崎県を放送エリアとする放送局である。略称は「MRT」(開局当初は「RMK」)。目次

1 概要

2 悲劇のはじまりは開局から

3 悲劇は続くよどこまでも・・・

4 最狂のライバル出現!!

5 赤坂の親玉のとばっちりにも・・・

6 めでたしめでたし。と言いたいが・・・

7 県民にはちっともやさしくないとして有名

8 関連項目

概要

1954年、宮崎県で初めての民放ラジオ局「RMKラジオ宮崎」として開局。その後、1960年にテレビ開局。宮崎県初の民放テレビ局にも関わらず、その認知度は低くテレビ宮崎開局後はもはや空気である。ラジオにしても同様で、後発のエフエム宮崎にも大きく溝を開けられており苦肉の策でFMでの送信を始めたが既に手遅れである。
悲劇のはじまりは開局から

1953年、隣国である鹿児島県では南日本放送が開局し、宮崎県にも電波を垂れ流そうと目論んだ。それを危惧した宮崎県の財界人は「またしても鹿児島県に編入されるのは御免だ」を合言葉に南日本放送開局の1年後にRMKラジオ宮崎を開局。その後、1959年にも南日本放送はテレビを開局しそれに再び危惧し翌年MRT宮崎放送に改名しテレビを開局。しかも、送信所は1000mを超える鰐塚山に設置し南日本放送の侵略を邪魔しただけでなく、鹿児島県にも垂れ流すことに成功し宣伝に一役買った。これらの一連の動向を摩寇の乱として語られるが、教えられるのはかつてスタジオがあった場所の隣にある小学校だけであってそれ以外の学校では教えられることはなく、その小学校を卒業した者と専門家気取りが書くはしたない文章を編集する物好きしか知らない話である。とゆーか、最近はその小学校の生徒ですら隣が放送局だった事を知らない。記念碑すらももはや空気である。

一方、この一連の宮崎放送の行為は宮崎県内の経済人からは好評だったが、一般市民からは非常に不評で「せっかく鹿児島の面白い番組が見られたのに!」と顰蹙を買い後に空気になる遠因となる。
悲劇は続くよどこまでも・・・

当初はあの局あの局のクロスネットだったが、表向きは南日本放送が見られないことに不満だった一般市民のご機嫌を取るために(実際は、福岡以外の九州にある先発局がみーんな赤坂で奴隷になって「なんだよなんだよ!!みんなそっち行っちゃうんかよ!!!しょーがねぇなぁオレも行ってやるよ。」みたいな空気に乗ってしまった)赤坂縛りに自ら飛び込むことになる。この頃から、真性ドMに目覚めることになる。
最狂のライバル出現!!

1970年、最強の赤魔道士軍団を引き連れたテレビ宮崎が鳴り物入りで開局。いきなり、うさんくさい番組ばっかり流す局の番組を横取りされる。そっくりそのまま全部ではなかったが、テレビ宮崎の荒らした後の食いカスしか貰うことができずいつしか視聴率は大きく離されることとなる。しかし、これは一見いじめと勘違いされるが実際は宮崎放送が望んだことであり、真性ドMに目覚めた運命-さだめ-なのである。以降も、スポーツ中継ができないクセに欲張りたいテレビ宮崎の策略に嵌められ機材とスタッフを拠出させられその上放映権はなしと? 596f ??う事態にも安定したドMを発揮している。

更に酷いことに、テレビ宮崎は元教育専門局の番組にも手を出し、またしても食いカスしか残らない状況に。この頃から、真性ドM体質に嫌気が刺した社員が多数流出する事態にも発展したが、それでも宮崎放送はドMは変わらなかった。しかも、開局20周年記念に赤坂の親玉から、オバケの長さんの置物や“6”とイラストされた手袋をプレゼントされている。これが、実はこのてぶくろが呪いの防具であり未だに外せない(何度か教会や魔法での解除を試みたがいずれも失敗している)。

更に更に、長年唯一の民放ラジオを誇っていたが1984年にエフエム宮崎が開局。音質の悪さが災いし、更には企画や技術など横取りされまたしてもテレビ宮崎の策略に嵌ってしまうが、結局ラジオ部門も真性ドMに変わりない。
赤坂の親玉のとばっちりにも・・・

赤坂の親玉も、この頃から真性ドMになっており、よく一緒に赤坂のSMクラブに出入りしていたそうだ。そんな親玉も、社運の安売りに成功し大量に社運を量産するが当然ながらすぐに在庫で溢れ倒産のピンチに陥る。そのとばっちりで、放送されるニュースが安っぽくなり更には「ニュースは中身が大事だ!」を合言葉にオープニングやエンディングが旧世代のジングルや映像を長年使用する派目になるがそれでもやっぱりドMに変わりなかった。

後に、とある宗教団体の破壊活動に加担したとして赤坂の親玉が危機に瀕しても「もう、親玉様のじゃないと満足できない!!!」と言い張って親玉のアレを握ったまま離さなかった。こうして、宮崎放送は晴れて赤坂の親玉と結婚して幸せに暮らしましたとさ。あーめでたしめでたし。
めでたしめでたし。と言いたいが・・・

あまりの赤坂狂いに、当時の県民は大いに呆れ果て次第に空気と化しその存在を忘れ去られてしまうことになる。社員の大半は、優良企業として入社するも将来性の無さや赤坂狂いや真性ドM体質に嫌気が刺しすぐに辞めてしまう。今でも、破格の条件提示で正社員、契約社員、派遣社員を募集しているが、来るのは大体大阪民国周辺で落ちぶれたお笑い芸人が大半で、「ここらへんならオレのおもろさを分かってくれるやろ!!!」と自信満々にやってくるが大体すぐ辞めるかそれ以上に落ちぶれるのがオチである。最近は、テレビ宮崎の協力者であるキムチ臭いテレビ局アレなので少しずつであるが宮崎放送が再注目されている。
県民にはちっともやさしくないとして有名

自身がとてつもない真性ドMにも関わらず、県民にはとてつもなくドSを発揮することでも有名である。特に、深夜超遅くに子供向けの番組を放送したり昼寝を楽しむ高齢者を無視して昼寝の時間に水戸黄門の再放送を放送したりすることが不良少年、不良老人を量産していると県議会や各市町村議会で議題として上がり問題になったこともあるが、この件で呼び出しを食らった宮崎放送は終始ドSを発揮してあまりにレアな光景だとして、CATVの市議会中継が宮崎市内で視聴率100%を達成し新たな伝説として刻まれている。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮崎放送」の項目を執筆しています。

宮崎県

NHK総合

NHK教育

テレビ宮崎

東国原英夫


更新日時:2017年9月3日(日)17:12
取得日時:2021/07/22 14:49


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9823 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef