太陽光発電
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…現状[編集]太陽光発電は、最も普及している自然エネルギー発電システムである。多くの家庭で太陽電池が付いている機器を所有している。初期は電卓など「液晶を動作させる」用途が多かったが、LEDが「灯りを照らす」目的で使われだすと、照明用電源として使用されるようになる。またいわゆる「脱原発」の影響で、家庭電力を補う目的で屋根等に据え付ける家屋があるが、設置した途端に「隣に高層建築が建って日陰となり、ほとんど発電できない」状態になり、設置費用が全く回収できないのは、マーフィーの法則でも明らかである。

また自治体レベルでの太陽光発電は風力発電と比べて、広い接地面積が必要であり、田畑を潰してこんなものを設置するより、宅地にして売りつけたほうが、はるかに財政が潤うので普及していない。では山間部の斜面に設置するかと言えば、周りの植物を広範囲に根こそぎ取らな? fd2 ??とダメなので、コスト面や他の多くの問題が発生するためほとんど行われていない。結局表示灯等のLED化と合わせた太陽電池使用という「家庭レベルに毛が生えた」程度でお茶を濁すことが多い。
疑問

海外ドキュメントなどで、砂漠地帯で太陽光発電が稼働しているのを見ると「日照時間が長いからすごく良さそう。もっと太陽光発電が普及するといいよね。」とつい考えがちだが、砂埃が太陽電池のモジュールに降り積もれば表面がすぐ曇るんじゃないの?とも考えられる。実際映像で一般人に見せているのは、あくまでも客寄せ目的の「設置したて」のシステムであり、設置後は放置するか「ほうきを持った人」が朝か夕方(昼間や夜は気温条件が厳しい)に慌ててモジュールの表面を払っているんでしょうね。かつ砂漠は日々その形状が変化する場所があり、事前に設置場所の状況を充分調査しておかないと「昨日設置したモジュールが、今日来たら砂に埋もれていた」事にもなる。

一般家庭での太陽光発電の導入に対する疑問(あるいは不安)は正しい。太陽光発電を勧めるメーカは、勿論それらのリスクがある事は黙って「いいことづくめ」を謳うのである。例えば日本では上記の「隣の高層建築による日照時間減少」の他にも「カラスが石を屋根に落とすイタズラ」があり、一度カラスがコレを覚えると、何度モジュールを取り変えても「落とした石でモジュールが破損する」羽目になる。かつ日本の場合、カラスだけでなく「人間によるイタズラでの破壊」もある。年に数回は報道される「学校の窓ガラスへの投石」でわかる通り「銅像を面白半分に壊す」事と同様「モジュールに投石して破壊する行為」がある事を、設置上のリスクとして予め考えておくのは当然である。また発電モジュールは、強いて言えば畳のような形状なので屋外設置の場合、台風などの強風への対策を予め行う必要がある。強風のエネルギーは馬鹿にならない。

未来

「オモチャ」的な小さな発電モジュールは、一般家庭?企業・自治体での普及が広がる。ただし電力を賄う程の大規模なシステムは上記の理由で普及はしない。ただし企業では「エコイメージの客寄せパンダ」として、小規模な発電モジュールを、これみよがしに設置する所が多くなる。
関連

電池


eb 電気

半導体

b70 水力発電

火力発電

原子力発電

再生可能エネルギー

太陽熱ヒータ

風力発電

風力牧場


更新日時:2016年2月16日(火)19:28
取得日時:2021/12/05 02:48


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7199 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef