大乱闘スマッシュブラザーズ_(ゲーム)の登場キャラクター一覧
[Uncyclopedia|▼Menu]

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、ラグナ・レウァールは、スコール・レオンハートの父親であることや、ネズミのトーポの正体は、主人公の母方の祖父グルーノであることや、クラトス・アウリオンはロイド・アーヴィングの父親であることや、ちなみとあやめは途中で入れ替わっていることや、Monikaはプレイヤーを認識して恋に落ちたが自分のルートが無いことに絶望して惨劇を引き起こしたことや、どのルートでも神尾観鈴の死は不可避であることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。 夢の共演

この記事はスマブラの登場ファイターを説明します。目次

1 初代からの参戦ファイター

1.1 ボスキャラ


2 大乱闘スマッシュブラザーズDXからの参戦ファイター

2.1 ボスキャラ


3 大乱闘スマッシュブラザーズXからの参戦ファイター

3.1 アシストフィギュア

3.2 ボスキャラ


4 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uからの参戦ファイター

4.1 アシストフィギュア

4.2 ボスキャラ

4.3 その他(?)


1150 5 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALからの参戦ファイター

5.1 今後参戦予定のファイター

5.2 アシストフィギュア

5.3 ボスキャラ(灯火の星)

5.4 その他(?)


6 現時点で大会に参戦できていない任天堂セガコナミナムコSNK(その他)キャラ

6.1 しばらく↑にいて後に出番を与えられたキャラ

6.2 落選アシストキャラ


初代からの参戦ファイター

01 配管工親父
マリオCV:チャールズ・マーティネー)
ご存知ヒゲ。ミスター任天堂。有名すぎて解説も不要だ。しかし本作では地味。ほっほう!こいつとその弟と彼女と悪いやつ2人はいまだに日本語を習得していない。DXでの得意技は「メテオナックル」。自分は死ぬ。DXでは各種スマッシュの性能の高さ、空中攻撃の性能の高さな? 60f5 ??意外と上位のキャラであった。しかし一方Xでは看板キャラなのにめちゃくちゃ弱く下から数えたほうが速い。年かな。とはいえ、彼はまだ20代のはずなのだが…Xでは水遊びができるが嫌がらせ以外に使い道はない。最後の切りふだはエセ波動拳のようなモーションで繰り出し見た目はトップクラスに派手っぽいが実際はじわじわと相手を押し出すという地味な技、被ダメージもまともに食らっても20ちょっとという見かけ倒しである。forではXの時の反省を活かしたのか一変して強化されるが、ひたすら相手を床に叩きつけた後、数回アッパーして昇龍拳もどきで金を巻き上げる姿が多数目撃されているので、実は「金銭目当てでは無いのか?」ともっぱらの噂である。

09 緑の日陰者ルイージ(CV:マリオと同じ)
↑の弟。緑の人気者(笑)である。緑色の炎を使う姿は某そばかすキモカワ男を髣髴させる。DXの『速報スマブラ拳!!』のトップページではルイージロケットを繰り出して空を飛ぶ光景が見られる。Xでは固有結界のネガティブゾーンを覚えて兄に復讐を誓う。しかし兄に勝る弟などいない!!、らりるれろ!らりるれろ!らりるれろ!by大佐
ちなみにDXでは秘技「絶」の使い手となり、NPCのAIも極悪非道で攻撃力もかなり高く最強キャラの一角だったが、ルイージが最強なのは生意気すぎるということでXではやや弱体化し中堅キャラに。でも兄よりは強い。ちなみにアピール攻撃はちょっと強くなった。また、XではCPのルイージがやたらと強い。forでは固有結界を封印し、代わりに掃除機を扱う様になったが、固有結界の方が強かったと言ってはうわなにをするやめr

02 ドンキーコング
デカゴリラで、マリオのライバル。元祖パワーキャラ。かつてはメンヘラの気があったらしく無理心中の常習犯だった。しかし今回は終点厨に唯一とも言える対抗技ゴリラダンクと撃墜した相手を「バーサク状態」にする下アピールの最強コンボを引っさげて帰ってきた。頭から湯気が吹き出るのは脳味噌が蒸発している証拠。残念ながら中の人はアニメと違い、ジョーイおじさんではない。そもそもゴリラに中の人なんて要らないだろ常考…。回せば回すほど威力が上昇するパンチ(リッパーサイクロトロン)を使える。と言う最後の切り札はクッパと最下位を争うぐらい不遇だったが、『SPECIAL』では「ジャングルラッシュ」という連続パンチに変更された。広いステージはおろか、終点でも慣れた奴には簡単に避けられる。無印ではパワーだけに偏ったキャラだったが、あまりに扱いにくい事からDX以降は(パワータイプとしては)高いスピードとパワーを兼ね備えたキャラとなった。しかし、DXではクッパ、Xではガノンドロフが昔の彼のポジションを継いでおり、彼らもまた酷評を受けている。

08 旅に出た10歳の少年のたった一人の友達ピカチュウ(CV:大谷育江)
にんてんどうのきいろいあくま。ディズニーランドけいえいしゃからなんどかしかくをおくられているが、いまだけっちゃくはついてない。メイ・リンにらちされかけた。かぶポケとゲーフリのいんぼうでXではきょうかされた。したスマッシュとかみなりばっかしちゃだめだよ。

12 誰だお前プリン(CV:かないみか
ジグリーパフ。「おまえだれだよ」としょっぱなからピカチュウ以外の全キャラからツッコミをうける。実はカービィの姉貴。DXのオープニングではゲームに登場するほぼ全てのポケモンがポーズを取っているのに、空気を読まずに顔出しする暴挙を実行した。ヴァニラさんというトレーナーがいるかもしれないし、いないかもしれない。トラップマスターでもない。初代では明らかに弱かったが、DX以降は空中制御の性能がすごく、必殺技を中心に大幅な強化がなされ「ロマンの詰め合せ」と言われるワザ「ねむる」の存在で超バクチキャラへと成長。Xでは最後の切り札が地味だが、バグによりスマブラシリーズ史上最大の大きさになる。破裂しないか心配だが、シールドブレイクすると本当に破裂する(と思うぐらいの勢いで星になる)。因みに脂肪分が1000%あり、油っこくて食べられないらしい。日本語ではぷり?ん!!英語ではジュグポ!!

03 エアーマンリンク(CV:檜山修之(初代?DX)→笹沼尭羅(X?For)→高梨謙吾(SP))
野蛮な時の勇者王。ゼルダの伝説主人公は彼ですよ、ゼルダじゃないよ、リンクだよ。DXまでは「シャァアァァァァァァァ」だったが、Xで声変わりした為、「イ"エ"ア"ァ"ァ"ァ"ァ"ァ"ァ"ァ"ァ"」になった。鎖のようなものを出した後、「エアー」とくるくる回転しながら崖に届かず落下していく様をよく目撃される。そのせいで初代では最弱争いに加わってたほどだったがDXでは中堅ランクくらいにはなった。しかしXではオッサンキャラに押され気味。でも画面端は鬼。

07 フォックス(CV:里内信夫(初代?DX)→野島健児(X?For)→大原崇(SP))
二足歩行、瞬間移動、銃・第一種危険物などの扱い、及び戦闘機の操縦までもが可能な、異様までに器用でスカウターらしきものを装着したキタキツネ。上Bで「ファイヤー!」と叫びながら上昇するフォックスにとって、最大の敵はFireFoxのシンボルキャラ(民事訴訟的な意味で)。任天堂社内の他の方達と比べ日本語を早く習得していて、そのせいか喋っても違和感が無い。第一作ではポリゴンの少なさも相まって可愛かった。しかしDXでの公式CGはやけに怖いものに変更されてしまったが、秘技『絶』をマスターした者による動きは最早神以外の何者でもない。また、ランドマスターの扱いについては未熟で、まだ仮免許しか取ってないのではと疑問の声も出ている。。親の残した多額の借金返済のため出場したらしいがDXではファルコにXとSPではウルフにスポットライトを取られたばかりかDXでグレートフォックスがステージになるたびに主砲を遊びで壊され、Xではアーウィンを2機墜とされ(ファルコは2機乗り捨てているので被害は合計4機)挙句にグレートフォックスまで壊されたため借金の返済どころかむしろ赤字となってしまった。

06 カービィ(CV:大本眞基子)
ピンクの悪魔ディレクターの進化前。敵を捕食し様々な姿に変身して戦う。64ではどこぞの仮面も真っ青な性能で最強キャラクターの一角だったがファミ通から「おめー生みの親だからカービィ贔屓したんだろ?」と言われ、DXではかなり弱体化させられた(だいたい1.56%ぐらいにマイナス)。Xではちょうどいい強さとなって帰ってきた(156倍ぐらいのパワーアップ)。なんと空鍋も使える。かつてはアニメの中の人ではなかったが、最近のカービィゲームではアニメの人の大本氏が担当している為か、X以降は大本氏が担当するようになった。

04 サムス
中身は超きめぇ(スペースパイレーツ談)。ちなみに彼女の行く先々の惑星が爆破されている。Xではさらに弱体化し「中身で戦った方がまし」という意見も。3DS/WiiUでは桜井氏曰く「最強」らしいが、世間では話題にすらされていない。

05 ヨッシー(でっていう)(CV:とたけけ)
マリオにいいように踏み台にされていた自称恐竜。だが羽はどう見ても鳥類です。どっかのヲタが喋れるとか適当な事言ってたが検閲により削除。遂に憎きマリオの顔面に拳を入れることができた。が、でっていう。恐竜とかドラゴンとか、厨受けしそうな要素が満載。でっていう。鳴き声が「ヤヒー」だって?いいえ「でっていう」です。肝心の能力は微妙ではあるが、初代では恐怖と言われたばたあし攻撃などを使いこなせばそれなりに強い。しかしXでは更に弱体化され、マリオの奴隷かスネークのエサか、の2者択一を迫られている。地域により「キモイ」とか「糞ザコ」とかよく言われる。3DS/WiiUでは赤いヒゲに乗られてしまうのを拒否するため、背筋を伸ばして参戦。地味に強キャラじみた調整のせいでウザがられてしまっている。最後に補足するが、日本語の「でっていう」という微妙な言葉のニュアンスが他言語では伝わりにくいため、欧米ではもっぱらヨッシーと呼ばれる。で?

11 キャプテン・ファルコン(CV:堀川りょう)
Show me your moves!ディレクターの恋人。中の人がテリーマンなアニメのファルコンとは別人。轢き逃げの常習犯でもある。「醤油やムース!」「ティラミス!」と戦闘中に叫ぶ腹ペコ魔人。筋骨隆々のいい漢。DXでは、漢の膝に常に超高圧電流が流れており触れたものは即死するので漢の持つ技はすべて、この「膝」へつなげるためだけに存在するといっても過言ではない。Xでは身体の限界が近いため、引退して二代目に任せるつもりだったが、肝心の二代目が黒歴史と化してしまったため仕方なく参戦している。そのため、過去作の彼に比べると何処かパワー不足である。最後の切りふだはブルーファルコンを呼び出して「謎のF-ZEROコース」に引きずり込んで轢き逃げするという犯罪行為。まさに外道。でも見てかわせるので強いかというと微妙。わざと轢かれて受け身を取る命知らずも少なからず存在している模様。

10 ネス(CV:カービィと同じ)
野球のプレイヤーを目指しているのか、バットとヨーヨーを武器にして戦うサイキックマスター。初代では空中を滑るように動く「経地(ぺち)」という独特の拳法と、「砕」という力で「鬼神」の名をほしいままにしていた。このとき子供だったせいか相手選手への手加減が足りなかったために、DXでは実力の9割を封印させられる事に。Xではだいぶマシになったものの、桜井氏からイヤガラセとしか思えない仕様を組み込まれた。なにこれぇ。ちなみに横スマッシュのネスバットは振り子打法である。最後の切りふだは某国の王子の体をのっとり意のままに星を落とす。だが、パワー不足でステージの破壊までは至らない。
ボスキャラ マスターハンド&クレイジーハンド&教授

マスターハンド
創造神。その正体は川島隆太教授の右手であるとも、魔人ワムバムロックとも言われる。年々弱体化し64時代に比べ、銃は連射出来なくなり、げんこつは空中にいれば緊急回避無しでかわされる、例え当たってもダメージ率が少ない等と散々な扱い。『X』の亜空の使者でもそのヘタレっぷりを遺憾なく発揮している。
大乱闘スマッシュブラザーズDXからの参戦ファイター
マリオシリーズから


13
ピーチ姫(CV:ジェン・テイラー→サマンサ・ケリー)
普段はおしとやか(笑)。たまにはハメをはずしたいのだろう。タイムをかけてスカートの中を覗こうとする者が絶えない(ただし『ネタ多数、といったところです。絶対掲載/配信されませんったら』)。Xでは更に色気が増す。DXでは恐ろしく強かったがそのせいかXでは大幅に弱体化され(演出だけは強化)能天気な性格に。DXでは相手を尻で何回も押しつぶす変態行為「尻連」を使えたが、Xではよりによってデデデとワリオが彼女の技を相続した。口癖はスイーツ(笑)

14 クッパ
マリオのライバル。ミドリガメ、または「亀」でも可。使いづらいので凡人が使うと途轍も? 7fec ?く弱くなるらしい。Xでも弱さは相変わらずで、なぜか一人だけ切りふだ使用中もダメージを受けるという悲劇に見舞われる。数十年来のやられキャラが板についてしまったせいか、「巻き添え自殺」以外に相手を倒す方法がなかった。第四回大会では今までの鬱憤を晴らすかのごとく、大幅に強化されて帰ってきた。公式大会の決勝戦は亀VS亀というX以前では考えられないものとなった。「どうせXのゴリラグズの二の舞だろ」などと言ってはいけない、ガチで強くなっているのだ。いやマジで。大マジで。切りふだは第四回大会までは相変わらずだったが、第五回大会では前回の反省を生かして、最後の切りふだの攻撃方法が「ギガクッパパンチ」に変更になった。 必殺技は胸部のGNドライブと直結したビーム砲から放つGNバズーカ
ゼルダの伝説から


22 こどもリンク(CV:瀧本富士子)
成長前。X?Forでデフォルメされた子供リンク(トゥーンリンク)が登場したのでリストラ。代替措置として天使のようなスパッツ少年がショタ枠を埋めることになった。空中下攻撃で炎が発生するときも。なぜ?しかしSPECIALでは復活し、リンクが3人になってしまった。

23 おじさんガノンドロフ(CV:長嶝高士(DX)→宮田浩徳(X?For)→長嶝高士(SP))
みんなのホッピングおじさん(またの名をジョギングおじさん、もしくはルーペおじさん)ことリンクのライバル。将来はブタになる予定。いのししでもおk。横Bがダークネスフィンガーに見える人はゆとりじゃない証拠か。ファルコンのパクリ野郎。Xでのおっさん走りはもはや伝説。登場したシリーズは全部ラスボス死守の数少ない純粋悪のくせに、公式サイトにまで走り方やアピール(剣を取り出し使わずに仕舞う動作)等の点でネタキャラ扱いされた。DXではそれなりのキャラランク(パワーキャラの中では圧倒的に使い易い)、しかしXでは初心者には使いこなせないクセキャラとなり、タイマンではかなり弱いが卍巴アイテム戦になると鬼のように強い大乱闘向けのキャラに。あと水中戦最強なので、水のあるところで近づくと酷い目にあう。一撃の重みだけは最強でホームランコンテストや情け無用組み手では一人だけ異様な記録を連発する。ある意味偉人。第4回大会でも隠しキャラの予定だったが、PVで一瞬だけ写ってしまい ルーペおじさん と呼ばれたとか呼ばれてないとかWiiUとSPECIALでは顔が粘土製になった。色からして油粘土かと思われる。

17 ゼルダ(CV:水沢潤→藤村歩
リンクの愛人で男装が趣味の腐女子。男装好きは男みたいなマッスル乳母の仕込み。腐っているかもしれないがBL派じゃないから腐女子ではないはず。SPではゼルダ姫が美人すぎてみんな一斉に大勃起。と言いたいところだが、ゼロスーツ派もいるので、そうはいかない。ピーチ姫?論外。いわゆる二次元好きに好かれる3次元。
DXでは変身後の方が遥かに強かったが、Xでは立場が逆転した模様。気のせいだろうか?彼氏のリンクさんより力持ち。

16 シーク(CV:ゼルダと同じ)
包帯と見せかけてトイレットペーパーグルグル巻き。ギブドの一歩手前である。地味。けど使いこなせば強い。DXのB横攻撃は使用者が皆無だったが、Xでフックショットもどきに進化し、地味に復帰できる。これのクセで炸裂丸を出して落下していく事例が後を絶たない。
スターフォックスから


20 ファルコ(CV:江川央生(DX?For)→高口公介(SP))
「だまれトリ」で知られるそうめん愛好家。もうこの1文でファルコは語りつくしたと言っていい。敵方から飛んでくる光線さえもソーメンに見えてしまい、あわやコクピットから脱出して食べに行ってしまう程の重度ソーメン中毒であったが、科学者アンドルフが夏場のソーメンが美味く感じる中毒成分が含まれていることを発見、ファルコにちなんで「ダマレトリン」と名付けた。ソーメンの季節以外も「こんな物より俺はソバがいいぜ」と結局麺類が好きでしょうがない。DXでは、跳ね回りながらソーメンをまき散らす迷惑極まりないキャラであった。こいつだけ2大会連続殿堂入り。厨二病の傾向がありXではリフレクターを蹴って飛ばす他、亜空の使者で登場時にアーウィンを乗り捨てているなど自分が所属するチームの懐具合を理解できていない模様。「そうめんみたいなもんだぜ!」は名言。第4回大会では喉の調子を悪くしてしまったのか、何故か声が震えるようになってしまった。さらに前大会でソーメンを撒き散らしたおかげで連射が効かなくなってしまった。
ファイアーエムブレムシリーズから


21 マルス(CV:緑川光
腐女子専用キャラ。原作の顔見ろよ。カッコよく見せる為に眉毛を染めたり整形したりと大忙しだ。ナルシスト溢れる発言で周囲の空気を瞬時に冷却させる能力を持つ。なのでピンクだまのライバルの側近の低所恐怖症真っ青仮面とは大の仲良し。「皆、見ていてくれ」の『皆』って誰なんだろう。たまに「マルス最高!!」と叫ぶこともある。またやられると「馬鹿なっ!」と言う。日本でも海外でも中の人は緑川光。せっかくなら性格もリオンにしろという声が未だに絶えない。最後の切り札ではHPゲージが0になったように見えるが、このゲームにはHPという概念がない(体力制でも63ダメージしか与えられない)。DXのファイターの内、こいつだけ『for』まで英語が使えなかったらしい。が、中国語はペラペラ。英語に関しては、『SPECIAL』にて別の中の人が担当している。

25 ロイ(CV:福山潤
イェアアアア!イーヤッ!その昔、一部で女性疑惑が発生し、スマブラ拳に質問のお便りが届くなど大混乱が起こった。この件についてディレクターが「ロイは男です。付いてる物も付いてます」と発言し、事態は収縮した。ちなみに、彼は本来の出演作の発売前にスマブラ参戦。つまり、自身の主演作品の宣伝用に参戦したのであった。その為、Xでは容赦なくリストラされてしまう。腐女子涙目。最近はマルスメタナイトプリンらの力を借りて合衆国日本の建国に勤しんでるらしい。最近は亀の手下になったらしく、部下の女性Aナイトとともに容姿を180℃変えてやっと参戦した。それでも何故この項目にいるのかは検閲により削除…と思われたが復活してしまった。僕を忘れないで欲しいな(震え声)しかし、その際に大先輩である同名の亀の手下に「このパチモン野郎!」と言いながら思いっきり斬りつけてしまった為、ディレクターと亀を交えた三者面談と言う名の大説教を食らい「もう二度とこんな事しません」と必死に土下座をして何とか許して貰い無事に参戦したが金欠らしく『For』ではリアルマネーを払わないと使用できない。好物はカレー。目の前にカレーがあるとつい手が伸びる程の中毒者。思わず「イーヤッ!」と良く解らない叫びをしながらも欲する姿は「だまれトリ」と同じレベルの中毒者である。現在、この中毒症状について「ダマレトリン」を発見した偉大なる科学者Dr.アンドルフが研究中である。
ゲームアンドウオッチから


26 Mr.ゲーム&ウォッチ
功労者枠その1。故横井軍平氏が開発した究極の兵器。こいつのヒットがなければファミコン以降の家庭用ゲーム機はどんな展開を見せていたかわからない。通称「13番」。他のキャラとは次元が違う。いろんな意味で。ギクシャクギクシャク。他人との付き合いもギクシャクギクシャク。必殺ワザの「ジャッジ」は1が出ると悲惨だが9が出ると神。空中後も神。最後の切り札は食用、ステージしだいでは何もできないまま沈んでいく。
ドクターマリオから


18 ドクターマリオ(CV:マリオと同じ)
マリオが医者の姿をしている。そもそも治療なんて行わないので医療ミスはない。ケガ人を増やし上必殺技で治療費をいただく為に参戦。しかし回復アイテムがあるので意味が無い。無免許のため書類送検されたためXでは不参加、最近は医院をたたんだと言われていたが、また電脳世界で医院を始めたらしい。Xには出演しなかったが、3DSとWiiU、そしてSPECIALで再び参戦。なぜかマリオは白衣を着ると強くなる。電脳世界でたっぷりと稼いだ為、今回は治療費を頂かないがケガ人を増やして電脳世界の自分の医院へ勧誘すると言う治療費目的なのは変わらない。しかも治療では無く投薬のみと言う極めてあくどい処方である。結局はマリオが金の亡者である事が判明したがforでは電脳世界の方が忙しかった為か運動不足が露骨に目立つ様になり鈍足でジャンプ力が低くなってしまった。しかし、自らの体を回転させ、その力により浮遊する事で復帰力を若干ながら伸ばす事が出来るのはDXと変わらずである。後、治療費をいただく事が無くなった為、代わりにごっつい痛い一撃を昇龍拳もどきの出始めに出せる様になったが何故かどちらとも自らの弟より劣っている。余談ではあるが電脳世界では自分の弟も医者を初めてしまった為、ある意味で弟とは永遠のライバルである。
ポケットモンスターシリーズから


24 ミュウツー(CV:市村正親(DX)→藤原啓治(For?SP))
分不相応にも人語を喋れるのに最近活躍してないね。DXでは最強のポケモンという触れ込みで、『総合力は高く、攻撃力があり、スキが少ないワザもバランス良く持っている』という割にはプリンはおろか、公式にキング・オブ・ザコの称号が与えられたピチューより弱いとの噂。でも『絶』や投げを使いこなせればそれなりに強いが。フラットゾーン端での投げは反則に近い。テレポートで逃げることを得意技とし、ステージ「神殿」で真の強さ(笑)を発揮する。(また、コントローラを4つ繋げて5時間放置すれば1回目のプレイでも挑戦者として勝手に現れる。最近はハナダの洞窟に引きこもってしまったので、DXのみ出演(Xで走ると転ぶのはこいつの仕業らしい)。第4回大会でも出場しない(ゲッコウガのPVで皆がミュウトゥー!と叫んだのはあまりにも有名)予定だったが、スマブラ初の追加キャラとして参戦することになった。そしてSPECIALで再び参戦。因みに桜井氏はことあるごとに ミュウツーを作る約束を してしまった といっている。

19 ピチュー(CV:こおろぎさとみ)
ピカチュウの進化前。DXで一番軽いくせに技を出す度にダメージが溜まるのであっという間に死ぬ『キング・オブ・ザコ』だが、戦闘力はトサキント、コイキングクリボーよりは高い。最近ピカチュウへ進化しようとしたが、結局進化することができず、なんだかんだでSPECIALで復活をはたした。その際にこうげきが引き上げられている。
アイスクライマーから


15 アイスクライマー(CV:小林沙苗)
二人一組で戦う上、負けたら訴えて勝とうとするルール無視の卑劣な登山家。数の暴力で掴んで殴っての投げハメを繰り返す極悪人。世間では「お兄ちゃんと妹」と認識されているが、「幼なじみ的な男女で、友達以上、恋人未満だ!! たぶん。」ということなので兄妹ではない。でも顔がマリオルイージ以上に類似&DNA鑑定をしていないので常に双子疑惑が絶えない。片方はダミーバルーンという説もある。『X』では続投するも、『3DS/WiiU』では不参戦。不参戦になった理由が桜井曰く「3DSではメモリ容量が足りず動かなかった」とのこと(要するに3DSのスペック不足である)。このことから、3DSの売上がサッパリで任天堂が氷河期に突入しているのはこのアイスクライマーの怨念だと言われている。SPECIALでは見事復活したがリミッターをかけられた。
ボスキャラ

クレイジーハンド

常にケイレンしている末期の破壊神。もちろん川島教授の左手であるとも、魔人ワムバムロックとも言われる。しかし二次創作では「マスターハンドとクレイジーハンドの手袋はマリオの物」と決めつけられる場合もある、何ともアレな存在。強さ的にもアレ。きっと持ち主は右利きなんだよ。非公認戦隊アキバレンジャーにも登場した。

ギガクッパ
クッパの進化系。スマブラXではクッパの最後の切りふだになり、更なる活躍が見込まれる。いつかはさらに進化し、「テラクッパ」となることが予想されている。だからといって「バイト先でテラクッパ作ってみた」とかいう動画をupするのはよくない。
大乱闘スマッシュブラザーズXからの参戦ファイター
パルテナの鏡シリーズから


28
ピット(CV:高山みなみ
「ヤラレチャッタ」に定評のある飛べない天使だったが、チートにより飛べるようになった。この姿に全ショタコンが萌えた。スパッツコスプレイヤー。前作のフィギュアと比較したら一目瞭然の整形手術をした。りゃりゃりゃりゃりゃ。歓声の声が「ピット君! ピット君! ピット君!」仲間にポットとパットがいる。キツトでもキッドでもない。最後の切りふだでは『X』では自身が率いる『パルテナ親衛隊』の兵士を利用して攻撃していたが、通常以外の必殺技が変更された『for』では『三種の神器』を扱う。『SP』では本来自然軍が所持している筈の『光の戦車』に乗り、対戦相手を轢き逃げしていく。
メイドインワリオ(ワリオランド)から


30 ワリオ(CV:マリオと同じ)
「俺だよ、ワリオだよ!!」でおなじみのワイセツで理性もない男。ずっとケツボリボリ。二代目轢き逃げ犯。空中での機動力がめちゃめちゃ高い。マリオの劣化コピーだと思いきや放屁が妙に強いから困る。でっていうと共にタイトル作品がバカ売れしているのでどっかのルイージよりはマシ。棒を振り回す赤帽子と金髪に遭遇した時は「忍者まっかっか」と叫ぶ。歯科医に「口臭がきつい」と言われても、朝昼夜ニンニクを摂取する中毒患者。ヘヘハホー!!また、メーターボー!や、十八番(お?は?こ?)、因果応報(いんがお?ほ?)と聞こえることもある。この状態の得意技はもちろんワリオバイク。自分も死ぬ。実はDXの時から参戦する案はあったのだがマリオ多すぎィ!と桜井神が叫んだため没になった。カラーバリエーションでワリオランドの時と同じ姿も選べるぞ。
ファイアーエムブレムシリーズから


32 アイク(CV:萩道彦)
イケメンとガチムチの間に産まれたハーフ。恋人は肉。マルスとドンキーコングとスネークとアイスクライマーの特徴を少しずつ併せ持つ。いつも醤油ペヤング、麺食うなどと叫び、最後のきりふだでは寒天を食う。Wi-Fiの乱闘であんまこればっか使うと病気『アイク (笑)』の患者と見なされて嫌われるらしいよ。タイマンでは職人以外が使うと(ロイより)弱いかもしれない。アピールすると無風のステージでもマントが翻る。第三回大会ではゴリラグズの一歩手前で参戦したが、第四回大会では見事なゴリラグズで参戦。もちろん彼も別人である。工数削減のために別の人を雇っている。他にもクロムやクラウドを演じているらしい。クラウドのときは衝撃波飛ばすのにアイクのときは飛ばさないのはスマブラ七不思議のひとつである。
ポケットモンスターシリーズから


33-35 ポケモントレーナー(CV:半場友恵(男性)/美波わかな(女性(SP)))
自らの手を汚さず、配下のポケモンマインドコントロールして敵対者を殺す外道戦士。「いい御身分だな」(スネーク談)。実は配下のポケモン達はトレーナーを殺すため必死に作戦を練っているのだ。いくぞ!さんみいっぱい!所詮は10歳、されど10歳。強制スクロールステージに行けばわかるが、実は彼は1人ではない。「リザードンにいわくだ? 63d1 ?(笑)」。とか言ってる奴は無視した方がいい。『3DS/WiiU』では不参戦。だが、リザードンは既に手元を離れていたので参戦を果たしたのであった。ゼニガメとフシギソウ(´;ω;`)カワイソスしかしSPECIALでは何事もなく復帰し、ついでに某レンスター王子と同名の女性トレーナーも参戦した。

33 ゼニガメ(CV:愛河里花子)
水を自在に操ったり高速のスピンを繰り出せる以外、小学校の池に居るようなただのと変わらない。マリオなら無限1UPが可能。実は原作に至っては使い様によっては進化系よりも強くなる事がある。名前がモロに日本語なのでナレーションの人は英語っぽく呼ぶのに相当苦労したらしい。『3DS/WiiU』ではリストラされたが『SP』で復帰した。

34 フシギソウ(CV:川上とも子→犬山イヌコ)
背中に植え付けられたヤドリギのタネが今にも開花しそうなスリッピー。こいつもバリバリ日本語ネームなので同上。しかしナレーターさん、両者とも苦労の割には全然英語っぽく聞こえません。「フシギソウだけ炎に弱くて不遇じゃねーか」とキレる人の大抵は原作のくさタイプの存在を知らない。海外版の中の人の演技は、あまりにも日本版からかけ離れた声で日本のポケモントレーナー達を絶句させたという伝説がある。『3DS/WiiU』でリストラされたが『SP』でスタイルを少し変えて復帰した。

35 リザードン(CV:三木眞一郎)
『ゼニガァメェ』『フッシギッソウ』に比べ名前を呼びやすかったからか、ナレーションはノリノリで『リザドーン』と叫んでいる。しかしある意味『フッシギッソウ』にはかなわない。ピカチュウよりもダッシュ移動が速い設定が原作好きをほくそ笑ませたと思う。岩を無限に取り出して自らの頭を打ち付ける変態。ボスバトルではその頭を打ち付ける行為の変態ぶりを敵が見事に評価し降参、数秒で勝利できる。『X』ではトレーナーの奴隷としての参戦だったが、『3DS/WiiU』では仮釈放から自由の身となって参戦。新たにフレアドライブとメガシンカを習得した。エンジョイ部屋でフレアドライブを連発して自滅していく個体が後を絶たない。しかし『SP』ではまたポケモントレーナーの奴隷になりさがってしまい、いわくだきとメガシンカを没収された。前作で調子にのっていたこともありポケモントレーナーからの待遇は他の2匹以下である。

41 ルカリオ(CV:浪川大輔
ウフルよりもアオォーン!なマゾわんこ。原作の特性を無視してまでマゾになりたかった模様。しゃがんでほふく前進したらどうみてもダックスフンド。自身が出演しているポケモンアニメの劇場版、ポケモン☆サンデー、パッケージにも登場したシリーズの新作ポケモンレンジャーバトナージなどの宣伝の為に参戦、太極拳・八極拳の技を駆使した独自のスタイル(HA道)で闘う。スマブラ参戦に当たり、剛拳に弟子入りして波動の力に磨きを掛けようとしたが、何度やっても昇竜拳が入力出来なかった為破門となった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:121 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef