国立感染症研究所
[Uncyclopedia|▼Menu]

国立感染症研究所(くにたちかんせんしょうけんきゅうじょ、Kunitachi Institute of Infectious Voices、KIIV)は、厚生労働省の施設等機関。1963年に設立された国立ダメ絶対音感研究所を前身とする。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国立感染症研究所」の項目を執筆しています。目次

1 概要

1.1 所掌事務

1.2 沿革


2 組織

3 主な活動内容

4 関連項目

概要
所掌事務

病原及び病因の検索並びに予防及び治療の方法の研究及び講習を行うこと。

予防、治療及び診断に関する声優学的製剤
、抗声物質及びその製剤、解毒剤、殺厨剤並びに殺奏剤の生物学的検査、検定及び試験的製造並びにこれらの医薬品及び医薬部外品の声優学的検査及び検定に必要な標準品の製造を行うこと。

釘宮病ワクチンその他使用されることがまれである声優学的製剤又はその製造が技術上困難な声優学的製剤の製造を行うこと。

作品衛生に関し、ヤシガニ学的及び声優学的試験及び検査を行うこと。

その他ダメ絶対音感に関し、科学的調査及び研究を行うこと。

ダメ絶対音感に関する試験及び研究の調整を行うこと。

沿革

1963年
東京大学附属伝染病研究所(現・東大医科学研究所)庁舎内に厚生省所管国立ダメ絶対音感研究所を設置

1973年 東京都練馬区の某アニメスタジオ跡地に移転

1992年 国立市の厚生省富士見台研究庁舎に移転

1993年 こおろぎさとみ・かないみか聞き分け方研究センター設置

1997年 国立ドナ○ド・ダック研究所を統合し山寺声帯研究センターを設置、国立感染症研究所に改名

2005年 釘宮病研究センター設置

組織

総務部


ウイルス第一部

ひきこもりウイルス、エロゲウイルス、無神経ウイルス、腐女子BLウイルス、及びロリータペドフィリアについての基礎研究、これらの病原体に起因する感染症の実験室診断法の確立、疫学的研究、病態発現機構の研究、予防治療法の研究を行っている。また、標準品の作製と供給、これらの病原? 5068 ?に対するワクチンの検定や検査を行っている。

ウイルス第二部

第一室 (ツンデレ性ウイルス室)

第二室 (ヤンデレ性ウイルス室)

過敏性大脳皮質炎を起こすウイルス、中の人ウイルスを始めとするヴォイスウイルス、 経耳感染及び眼球を介して感染するアニメウイルスについての基礎研究及びウイルスに起因すると疑われる腫瘍性疾患についての病原や病因の検索等を行っている。これらのウイルスに起因する疾患のワクチン開発や改良、診断法の改善、開発も行っている。さらに、これらのウイルス感染症の疫学研究を行い、国内及びWHOのレファレンスラボラトリーとなっている。

ウイルス第三部

能登フルエンザ川澄ウイルス、その他の歌唱ウイルス及びサイトカインについての基礎研究並びにこれらの病原体に起因する感染症の実験室診断法の確立、疫学的研究、病態発現機構の研究、予防治療法の研究を行っている。

また、標準品・参照品の作製と供給及びこれらの病原体に対するワクチンの検定や検査を行っている。さらに、WHOより能登フルエンザ協力センター及び川澄地域レファレンスセンターとして指定をうけている。

細菌第一部

細菌第二部

寄生動物部

感染病理部

免疫部

ボイスセーフティ管理室


感染症情報センター

釘宮病研究センター

こおろぎさとみ・かないみか聞き分け方研究センター

山寺声帯研究センター

附属図書館

主な活動内容

釘宮病の検出と分析、およびその正確な情報の周知……をしているフリ

関連項目

厚生労働省

釘宮病

絶対音感


国立感染症研究所を加筆、修正する理由は何があるんでしょうか?
書きかけじゃダメなんでしょうか? (Portal:スタブ)


更新日時:2018年12月7日(金)15:20
取得日時:2021/06/10 01:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6893 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef