図書館戦争
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…登場人物[編集]笠原郁(かさはらいく)
『熱血バカ』。弱点は親からの手紙。物事を脊髄で処理している。身体能力がずば抜けて高く、そこらのオタク程度なら一本背負いで仕留めることができる。「熊殺しの笠原」という二つ名を持っている。「好きって言いますから!!」という、告白をしたことは有名。身長170cmと平均以上の体躯の持ち主であるくせに胸は 64e9 検閲により削除寄せてあげることすら出来ず山田奈緒子もびっくりの貧相具合である。実家の近くの書店で良化特務機関に本を奪われそうになったとき、当時の堂上篤に助けられる。そんなことがあって、郁は当時の堂上を「王子様」と呼んでいた。しかし郁は図書隊の面接のとき、堂上のことを覚えていなかった。
堂上篤(どうじょうあつし)
『怒れるチビ』。男のクセに身長165cmのチビ。郁の検閲により削除である。口癖は「アホか貴様!」
小牧幹久(こまきみきひさ)
堂上の同僚。いつも静かに笑っている。正論しか言わない。別名「笑う正論」。聴覚障害を持つ十歳年下の女の子と知り合う。
手塚光(てづかひかる)
『頑な少年』。郁の同僚。イケメン。手塚だからといってヅラではない。兄貴が「未来企画」というメディア良化委員会に負けず劣らずな組織の会長を務めている。そのため兄貴のことは毛嫌いしているけど本当のこと言うと兄貴のことは検閲により削除。堂上のことを尊敬している。堂上好きさの間違って郁に告白したこともある。
柴崎麻子(しばさきあさこ)
『情報屋』。郁のシェアメイト。髪型はヴィダルサスーンで美人設定。情報網が図書隊全体に張り巡らせてあり、検閲により削除検閲により削除検閲により削除といった情報も普通に知ってる。
玄田竜助(げんだりゅうすけ)
『喧嘩屋中年』。図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)隊長。ゴツイ体のオッサン。部下の堂上に叱られるのが常。
稲嶺和一(いなみねかずいち)
図書隊司令官であり、後に図書隊を勇退し、稲嶺顧問となる。
概要

図書館戦争には様々な形式のものがあるが、「図書隊」と「良化隊」の二組に分かれる点はどの形式においても共通である。
用語
日野の悪夢
稲嶺指令の若い頃、稲嶺指令が日野図書館館長だったとき、
検閲により削除が図書館にある図書を検閲により削除に日野図書館を検閲により削除した事件。警察は特務機関との抗争との図書館員からの通報だったと主張しているが、図書館員は検閲により削除からの検閲により削除だと通報したと主張している。そして警察は捜査を検閲により削除。稲嶺指令の妻も図書館員だったが、日野の悪夢で逃げるときに検閲により削除。そのことを稲嶺指令は図書隊の整備に没頭することで検閲により削除をこらえてきた。カミツレの花言葉検閲により削除
麦秋会
メディア良化法を支持する団体。メディア良化法のためなら検閲により削除などの行為も平然と行う集団でもある。稲嶺と郁を検閲により削除し、メディア良化委員会側に不利益となる資料の検閲により削除を強要する行為を行う。あくまで一般の市民団体であり、良化特務機関との関係性はないが、実写映画では明確に良化特務機関の指示で検閲により削除
関連項目

有川浩

図書館

恋愛

ラブコメ

レインツリーの国

市役所戦争 - 何十年かに一回行われる市役所間の戦争、別名「市町村合併」。


更新日時:2021年7月18日(日)20:09
取得日時:2021/09/20 18:00


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8771 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef